• LINEで絵文字が文字化けする!
  • 絵文字を使っても表示されてない
  • 絵文字がおかしくなっている
  • どんな時にそんな不具合は起こるの?
  • 解消方法は?

今回の記事では、このような疑問や問題点を解決する内容でお届けします。

LINEで絵文字を送った際に文字化けしたり、うまく表示されないという不具合が起こりえます。せっかく自分の意図したことを絵文字を通して支えようと思っても、それが伝わらなかったら誤解されてしまう危険性すらあります。

この記事では、具体的にどういった場合において絵文字が文字化けしたり、表示されないような不具合が起こりえるのかをご紹介します。そして、その解決策もお届けしていきますね。

記事は下に続きます。
sponsored link

絵文字の文字化けや表示されない不具合が起こりえる条件とは?

条件1 LINEが最新バージョンにアップデートされる時期

基本的に、Android⇒iPhoneに向けて絵文字を送る際に、絵文字の文字化けや表示されないという不具合が起こります。何故なのかというと、Androidの方がLINEのアップデートが早く、iPhoneが遅くなってしまうからです。

つまり、Androidユーザーが先にアップデートを済ませていて、最新バージョンにしていても、iPhoneのユーザーがまだ最新バージョンにアップデート出来てない状況の時に起こりやすいのです。

そのような条件で不具合が起こってしまうので、Androidユーザーの方はiPhoneユーザーに顔文字や絵文字を送る際には気をつけないといけないっていうわけですね。

条件2 スマホを契約した会社の違い(Docomo・AU・ソフトバンク)

また、スマホを契約した会社の違いによって、表示される絵文字が異なっています。そのため、相手のキャリアで対応してない絵文字を使ってしまうと、文字化けや表示されないなどの不具合が起こってしまうのです。

この対応策としては、各社の絵文字を使わないということですね。

顔文字と絵文字で不具合が起こる

具体的に文字化けが起こるのは、顔文字と絵文字です。通常のメッセージは文字化けや表示されないなどの対象にはなりません。あくまでも、特殊な文字にて起こりえるっていうことです。

文字化けを起こさないようにするには?2つの解消方法

文字化けを起こさないようにするには、以下のことをしていきます。

1、LINEを最新バージョンにアップデートする

まずは自身のLINEを最新バージョンにアップデートしましょう。

ただし、これだけでは相手が最新バージョンになってない場合、相手から見た場合、自分が送った絵文字や顔文字が文字化けしてしまうことがあります。先ほども言ったように、アップデート情報はAndroidの方が早いため、iPhoneはどうしても遅れてしまいます。このタイムラグが不具合の原因になるのです。

ですから、次に紹介することも気をつけてください。

2、特殊記号が使われている顔文字を使わない・LINEの標準装備の絵文字をつかう

特殊記号が含まれている顔文字は特に文字化けを起こしやすいです。そのため、スマホ端末で「顔文字」と入力してみて、サジェストに出てくる顔文字=一般に装備されている顔文字を使うことで、文字化けを避けることができます。もちろん、それでも文字化けが起こらないというわけではありませんが。

また、絵文字に関しては、LINEに標準装備されている絵文字のみを使うということで文字化けの可能性をより少なくできます。

文字化けして見づらいなら、このアプリで対策!

相手から送られてきたメッセージが文字化けしすぎて見づらいというのであれば、良いアプリがあります。顔文字の文字化けを解消! – Tofu Destroyerというアプリです。

このアプリはGoogle Playストアでダウンロードできるので、Android限定にはなってしまっていますが、かなり役に立つアプリですよ。文字化けに困っているのであれば、このアプリで対応可能です。

顔文字や絵文字の文字化けについてまとめ

ある程度の文字化けは仕方ないかなとは思います。しかし、それを最小限にすることで、円滑なコミュニケーションを取ることができます。

常にLINEを最新バージョンにすることや、Androidユーザーであれば、iPhoneのアップデートが遅れてしまうという事実を知った上で、相手に合わせていくなどの工夫が必要です。

自分都合で考えてしまってはコミュニケーションはうまくいかないものです。相手のことを考えてLINEのメッセージを送るようにすると良いですね。