LINEを使っていて、まだ送ろうと思ってなかったのに改行しようとしたら送信してしまった・・・となることがあります。これまで使っていたスマホでは全く問題なくできていたはずなのに、新しいスマホに変えたら何故??

LINEで最も怖いのは、このように間違って誤送信してしまったときには取り返しがつかないことです。こちらの画面に表示されている誤送信メッセージを削除したとしても、相手側の方には残ってしまっているという・・・。

だからこそ、誤送信には気をつけたいものですよね。そこで今回の記事では、LINEで改行できない時の解決策をPC版、iPhone版に分けてご紹介していきます。

記事は下に続きます。
sponsored link

PC版LINEで改行できないときの解決方法

Chromeアプリを使っている場合

GoogleChromeの拡張機能を使ってLINEを使うことができます。この方法を使えば、スマホを持っていなくてもPCのみでLINEを使えるということで、人気です。

このChromeアプリを使っている場合には、改行で以下の点を気をつけましょう。

通常状態では、エンターキーを押すだけで送信されてしまいます。改行するには、シフトキーを押しながらエンターキーを押さないといけないんです。

これは設定>トークを見ると設定されていることがわかります。

LINEGoogleChrome

トーク>送信方法があります。そこには通常状態では上のところにチェックが入っています。この状態では、エンターキーを押すだけでメッセージが送信されるというわけです。そして、改行したいなら、シフトキーを押しながらエンターキーを押さないといけません。

絶対に誤送信したくないのであれば、しっかりとシフトキーを押してから、そのままの状態でエンターキーを押すべきですね。

2015y12m27d_172534702

ただ、それでもやっぱり間違って送信してしまいがち。その場合には、送信の手間にはなりますが、下の方にチェックを入れておくと良いです。

Windows7でLINEアプリを使っている場合

Windows7の場合にも、通常状態ではエンターキーを押すだけで送信されてしまいます。

2015y12m27d_173405103

これを改行するにはどうすればいいのかというと、シフトキーを押しながら、エンターキーを押すことです。そうすることで、以下の画像のように改行することができます。

LINE改行

もし、この方法だと間違って送信されてしまうから嫌だ!というのであれば、設定>トークからAltキーとEnterキーを同時に押すことで送信できる設定にすると良いです。

LINE改行

Windows8のLINEアプリの場合

ちなみにですが、Windows8のLINEアプリの場合には、改行はできない仕様になっています。これは公式でもそのように伝えており、非常に使いにくいですが、仕方ないですね。

Windows8はいろんな点で使いづらいという評判が立っていますが、LINEをとってみても使いづらいです・・・。

iPhone版LINEアプリで改行できないときの解決方法

その他>設定>トーク・通話>エンターキーで送信の箇所から設定変更が可能です。

Enterキーで送信がオンになっていると・・・

2015y12m27d_174328511

エンターキーで送信がオンになっていると、トラブルになりやすいです。間違ってエンターを押すとそのまま送信されてしまいます・・。

以下のようになります。

2015y12m27d_174350530

改行しようとして右下の青いボタンをおそうとすると、送信になっているのです。

解決策!Enterキーで送信をオフにしよう

エンターキーでの送信をオフにすればすべては解決します。

2015y12m27d_174326138

以下のように右下のボタンが改行になっています。この状態であれば、改行が可能になります。

2015y12m27d_174354816

LINEの改行方法まとめ

LINEで改行するのであれば

  • PC版
    • GoogleChromeアプリ 通常状態ではシフトキー+エンターキー
    • Windows7アプリ 通常状態ではシフトキー+エンターキー
    • Windows8アプリ 改行できない
  • スマホ版
    • iPhone 通常状態では問題なしだが、設定をいじってしまったら、改行できずに送信される。解決策へ上の記事参照

というわけです。