LINE MUSICは初めてのご利用であれば、最初から30日間は無料期間で使い放題サービス中です。そのトライアル期間が終わった後は、自分で課金をしないと料金は請求されないという設定になっており、とりあえず使ってみるっていうのもいいですね。料金課金に関しての詳しいことはこちらの記事で。

このLINEMUSICですが、学生であれば学割価格で使えるのですが、その適用方法が誰でもできてしまい、嘘情報でもつかえてしまうみたいな噂があります。など、この記事ではLINEMUSICの学割価格適用方法をご紹介していきます。

記事は下に続きます。
sponsored link

LINE MUSICのプラン別価格一覧

LINEMUSICを使う上で知っておきたいプラン別の価格表を作りました。2015年11月19日にプレミアムプランの価格が値下げされましたので、そちらも反映してあります。

iPhone版の価格

プラン名 ベーシックプラン(30日間) プレミアムプラン(30日間)
内容 20時間 時間無制限
通常価格 500円 960円
学割価格 300円 600円
購入場所 LINEストア アプリ内/LINEストア

動作環境 iOS 6.0以上

Android版の価格

プラン名 ベーシックプラン(30日間) プレミアムプラン(30日間)
内容 20時間 時間無制限
通常価格 500円 960円
学割価格 300円 600円
購入場所 アプリ内/LINEストア アプリ内/LINEストア

動作環境 Android 4.0以上

プレミアムプランとは

チケット購入から30日間、時間に関して無制限でLINEMUSIC登録されている曲を聴き放題となるプランです。たくさん曲を聞きたい人やBGMのように曲を流しておきたい人はこちらがおすすめです。

ベーシックプランとは?

ベーシックプランとは、チケット購入から30日間の中で合計で20時間しか曲が聴き放題にならないサービスです。そのため、そこまで曲を聞こうと思ってない人にはおすすめです。でも、BGMのような感じで普段から音楽を聞きたいって言う人には物足りないです。30日で20時間って言えば、1日1時間にも満たないですからね。

LINEMUSICを学割価格で楽しむ方法

LINEMUSICを学割価格で楽しむには、事前に学生認証を行っておく必要があります。こうすることで、通常価格の40%オフの金額でご利用することが可能なので、学生は活用したいですね。

ただ、学生ってどの人を指すのか?と疑問に思うかもしれません。まずはそこから確認しましょう。

対象となる学生とは?

年齢問わず、以下の教育課程に在籍している人

中学校・高等学校・大学・大学院・短期大学・高等専門学校・専修学校・各種学校

年齢問わずっていうことなので、学校に在籍している人であれば、誰でも学生割引が適用されるって思って良いですね。では、自分がそれに該当するとわかったら、以下の方法で学生認証を済ませていきましょう。

学生認証方法

  1. LINEMUSICアプリ内の左上の三マーク(メニューアイコン)をタップ
  2. 設定
  3. 学生認証
  4. 誕生日と学校名入力

たったこれだけで学生認証ができてしまうということで、悪用してしまっている人もいるようです・・・。入力するだけでいいなんてちょっとおかしいですが笑 管理コストをかけたくないっていう表れでしょうか。

まあ、でも悪用したらいけないですよ。さすがにバレた時には、何らかのお咎めがあると思われます。たった毎月数百円のために人生を無駄にしないように気をつけましょう。

LINEMUSIC学割チケット購入方法

30日間の無料トライアル期間が終了し、以上の方法で学生認証をすませたら、学割チケットを購入しましょう。

※iPhoneの場合、ベーシックプランは現状LINEストアからしか買えないので、LINEストアで購入することをおすすめします。

LINEストアでの購入方法

まずはLINEストアにアクセスします。

LINEストア>>https://store.line.me/home/ja

LINEストアにアクセスしたら、まずはLINEアカウントにログインをしてください。メールアドレスとパスワードを入力します。そして、メニューからLINEMUSICを選択します。

2016y01m08d_150600429

ベーシックプランかプレミアムプランの(学割)と表示される方を購入しましょう。

2016y01m08d_150612766

プレミアムプラんに関しては、自動継続と都度購入があります。自動継続は自分でオフにしないかぎり、毎月30日おきに自動決済されてしまいます。それが嫌なのであれば、都度購入の方が良いです。

2016y01m08d_150620694

一応過去に間違って自動継続してしまった場合の解約方法はこちらです。