このページではLINE@を自社サイトに活用したり、店舗の集客用に使ってみたいという方向けのLINE@登録方法を解説したページです。

  • LINE@を登録するにはどうすればいいのか?
  • LINE@で一般アカウントと認証済みアカウントの違いは?
  • LINE@ではどのようなことができるのか?

などに関しても詳しく解説をしていきます。

記事は下に続きます。
sponsored link

LINE@で出来ることとは?

これまではメールを活用して自社の情報をお届けするサービスがありました。それがメールマガジンです。メールマガジンでは、自社の最新情報や更新情報、いろんなメッセージをお伝えする役割を果たしていました。

今はメールが主流ではなく、LINEが主流の時代になってきています。そこでお客様に自社をアピールするにも、LINEを活用したほうがより効果的になってきています。

そのように、LINE@というのは、LINEを使ってお客様にメッセージを届けることができるツールなのです。普通のLINEアカウントは、友だちになった相手と一対一のやり取りが主ですが、LINE@であれば、1対多数のやり取りも可能になります。

わかりやすく、個人用のLINE@で出来ることをまとめると…

  • 友だち登録してくれたアカウントに一括メッセージ送信
    • メールマガジンで言う所の、一括配信メールのこと。登録者全員への一括メール。
  • 友だち登録してくれたアカウントと1対1トーク
  • 登録時のメッセージ設定
    • メールマガジンで言う所の、登録完了のご案内のこと。
  • ホーム機能=タイムライン機能の活用

です。

LINE@登録できない人

LINE@を使うことができない人もいます。それらを以下にまとめていきます。

  • 年齢認証ができない方
  • 18歳未満の方
  • アダルト系や公序良俗に反する内容のメッセージを配信する方
  • マルチ商法・もしくはそれに類似する内容のメッセージを配信する方
  • 出会い系として活用する方
  • その他、LINEで不適切と判断された方

以上のように、18歳以上でキャリアと連動した年齢確認が出来る方であれば、基本的には通常の範囲で活用することができます。

LINE@の使い方目次

LINE@登録前の事前確認

一般アカウントと認証済みアカウントの確認

登録の際に一般アカウントと認証済みアカウントのどちらを選択するか決めておく必要があります。

一般アカウント 団体や製品・ブランド、個人を含め、原則どなたでもLINE@のアカウントを持つことができます。1:1のトークやファンへの一斉配信など、LINE@の基本機能をお使いいただける他、メッセージ通数に応じた有料プランやプレミアムID(有料)をお申込みいただくこともできます。

認証済みアカウント ローカルビジネス・ECもしくはメディアのカテゴリにてお申込み後、当社審査を経て取得することが可能です。認証済みアカウントでは、一般アカウントの基本スペックに加え認証済みバッヂが付与され、LINE内での検索結果にも露出されるようになります。

引用元 http://at.line.me/jp/plan

基本的にはリアル店舗を持っていて、なおかつ大規模にLINEから集客をしていきたいというのであれば、認証済みアカウントを活用する必要性が出てきます。しかし、個人レベルだとか、そこまで大規模な会社でない場合、一般アカウントで問題ありません。

料金の確認

また、登録前に料金を知っておきたいというのであれば、こちらもご覧ください。

LINE@

プラン名 無料プラン 有料プラン月5万通まで 有料プラン月5万通以上
月配信数 1000通まで 5万通まで 5万通以上
月額料金 無料 税抜き5000円 税抜き5000円+5万通以降の1通当たり1円(税抜き)
メッセージ
PRページ
リッチメッセージ
1:1トーク
アカウントページ
リサーチページ
統計情報

上のように月配信数によって無料プラン、有料プランと分かれています。一気に1000人以上のアカウントから登録のあてがない場合には、無料プランから開始するのがベストです。

LINE@登録方法・一般アカウント作成方法

登録方法

まずはこちらのページにアクセスしてください。

そうすると以下の様なページが表示されます。そしてダウンロードをタップしてください。

2016y01m01d_223438842

アプリダウンロードページヘ移行します。入手をタップします。

2016y01m01d_223227249

インストールをタップします。

2016y01m01d_223229130

スマホに以下の様なマークのLINE@がインストールされます。こちらをタップして起動させてください。

2016y01m01d_223238763

起動させたら、「LINE@は通知を送信します。よろしいですか?」と確認されるので、そちらを許可しないか、OKするか選択してください。私のおすすめとしては、許可せずに後で設定することです。

2016y01m01d_223251166

右へスライドさせていくと、LINE@を開始するが表示されます。これをタップします。

2016y01m01d_223253950

始めるをタップします。

2016y01m01d_223257774

「LINE@がLINEを開こうとしています」と確認されるので、開くを選択してください。

2016y01m01d_223259775

認証画面が出てきます。同意するをタップしてください。

2016y01m01d_223302016

アカウント作成画面

ここからアカウント作成画面が表示されていきます。こちらでは、最初に年齢確認が求められます。後からでもできるので今はしないを選択肢てOKです。後でやるのが面倒であれば、今やってもOKです。

2016y01m01d_223304398

プロフィールで

  • 画像
  • アカウント名 (LINEやラインという単語は使えません)
  • 主業種
  • 副業種

を選択してください。このサイトで使っていくように、個人のウェブメディアの場合には、主業種にウェブメディア、副業種にウェブサイト個人を選択すると良いでしょう。

2016y01m01d_223307620

  • LINE@サービスの利用規約に同意します
  • ガイドラインを読みました

にチェックボックスを入れて、次へをタップします。

2016y01m01d_223311934

こうして、アカウントの作成が完了となります。

2016y01m01d_223316927

あとはこうして作ったLINE@アカウントを活用していくだけです。細かい活用方法は別の記事で詳しく解説していますので、そちらをご覧ください。

※現在更新中です。

LINE@の使い方目次