LINE無料通話を使っていて、「応答なし」とか「キャンセル」と表示される場合がありますね?これって、相手にブロックされていることと関係があるのでしょうか?

結論から言えば、LINE無料通話でブロックされているかどうかは確認不可能です。なぜなら、ブロックされていても、こちらがわからすれば、相手に着信が届いていると思いがちになります。

<自分が相手にブロックされた場合の無料通話>

  • 自分側
    • ブロックされてない人と同様にずっと鳴り続ける。そのため、その人にブロックされているかどうかは確認不可能。
  • 相手側
    • ブロックした相手から着信があっても、それは通知されない。だから、その人から着信があったかどうかというのは全くわからない状態。

では、応答なしやキャンセルっていうのはどのようなときに表示されるのでしょうか?また、相手にはどのように表示されるのでしょうか?それぞれを詳しく説明していきます。

記事は下に続きます。
sponsored link

応答なし・キャンセル・不在着信と表示される条件まとめ

応答なしやキャンセル・不在着信と表示される条件をまとめていきます。

  • 自分が相手にかけて、ずっと相手が応答なかった場合、自分のトーク履歴に応答なしと表示される
    • ブロックされている、されてないに関係なく、自分のトーク履歴には、この場合応答なしと表示される
    • 相手が自分をブロックしてない場合には、不在着信と表示される
    • 相手が自分をブロックしている場合には、不在着信すら表示されない。相手からすれば、自分から着信があったということすらわからない。
  • 自分が相手にかけて、相手は通話受け取らずにキャンセルした場合、自分のトーク履歴に応答なしと表示される
    • 相手のトーク履歴にはキャンセルと表示されている
    • 相手が自分をブロックしている場合には、そもそも着信があったことすらわからないので、キャンセルとは表示されない
  • 相手が自分にかけてきて、自分側でその通話を取らなかった場合、相手のトーク履歴に応答なしと表示される
    • 自分が相手をブロックしている、してないに関わらず、この場合は相手のトーク履歴に応答なしと表示される
    • 自分側のトーク履歴には、不在着信と表示される
  • 相手が自分にかけてきて、自分側で相手の着信をキャンセルをした場合、相手のトーク履歴に応答なしと表示される
    • 自分のトーク履歴にはキャンセルと表示される

ちょっとややこしいですが、表示される種類としては

  • 応答なし
  • 不在着信
  • キャンセル

3種類があるっていうわけですね。

上で紹介したような条件でそれぞれが表示されるようになっているので、ややこしいですが確認してみてください。

何度も言いますが、ブロックされているかどうかを確認するには、LINE無料通話からはできません。

また、LINE無料通話を拒否したりキャンセルしたら、相手にバレてしまうのかについて悩んでいる方は、こちらも記事も参考にしてみてください。

LINE無料通話がつながらない原因

LINE無料通話がうまくいかないとかつながらない原因としては

  • 相手が通話の着信許可をオフにしている場合
    • 自分がオフにしている場合には、相手から着信があった時、トーク履歴に「○○からの着信がありました。通話の着信許可がオフになっているため、応答できません。」と表示されます。
    • 相手がオフにしている場合には、自分が相手にかけても、相手が通話の着信許可をオフにしているかどうかはわかりません。
    • 詳しくは>> LINE無料通話を拒否・キャンセルしたら相手にはバレる?
  • 相手にブロックされている場合
    • 相手にブロックされている場合には、どんなにこちらからかけても、相手には着信があることすら通知されません。また、ブロックされているかどうかをLINE無料通話で確認することは不可能なので、かけてもかけてもわかりません。
    • 詳しくは>> LINEブロックされたら?非表示との違い タイムライン表示は?
  • ネットの接続障害・電波の届かない場所にいるなど
    • インターネット回線の接続が悪かったり、相手が電波の届かない場所にいる、自分が電波の届かない場所にいる場合には、LINE無料通話をうまく使えないことがあります。

他にもいろいろと条件がありますが、つながらない場合の解決方法はこの記事を参考にしてみてください。