LINEには通報機能があります。

通報機能は、出会い目的で絡んでくるウザい相手を通報したり、タイムラインで誹謗中傷された場合にそのメッセージを発信した相手を通報したりなどの用途で使われます。最終的に、相手のアカウントは削除されたり凍結されたりということも起こりえます。

もちろん、必ずしも相手のアカウントは凍結・削除されるっていうわけではなくて、その迷惑行為がどのようなレベルなのかによっても異なります。最終的に判断を下すのはLINE株式会社で雇われて、そのメッセージなどを確認している人たちの判断でしょう。

さて、この記事を見に来たというのであれば、恐らく、通報したい人がいるけれど、その人を通報したら相手にバレて報復されるのではないか?と恐れているからだと思います。そこで、この記事では、LINEで通報したらどうなるのか?相手に通知されるのか?自分が相手を通報したとバレるのか?をご紹介します。

記事は下に続きます。
sponsored link

LINEで通報する方法とは?

LINEで通報する方法には3種類あります。※4種類です。

  • 友だちになってない相手を通報
  • 友だちを問題報告フォームから通報する
  • 友だちをタイムラインの投稿から通報する
  • ※トークルームからの通報方法もありました。

これらの詳しいやり方はこちらの記事で説明してあります。

通報したら相手はどうなる?

あなたが相手を通報した場合、相手はどうなってしまうのでしょうか?それには以下の場合が考えられます。

  • 何も起こらない・変化がない
  • 相手のアカウントが凍結・利用停止・削除される
  • 相手が警察に通報される

それぞれどのような場合に起こりえるのか考えてみました。

何も起こらない・変化がない

何も起こらないというのは、通報はされたけれど、それほど悪質でないと判断されて何も処分がくだされてないということです。

例えば、あなたに対してデートの誘いをしてくるうるさい男がいたとします。その人のことが嫌で通報したとしましょう。これはあなたにとって迷惑なだけで、社会的に見てそこまで悪質とは言えません。ちょっとしたストーカー気質な可能性はありますが、何か実害がでたわけでもないので、処分はくだされない可能性が高いです。

しかし、相手がみだらな画像を送ってきたり、何か犯行予告をしてきたのであれば、悪質であると判断されてアカウント削除されるなどが考えられます。

相手のアカウントが凍結・利用停止・削除される

これは相手のアカウントが相当悪質なことをしていたと判断された場合に起こりえます。そのため、通報したからといって、みなこのようになるというわけではありません。

では、どのようなときにアカウント凍結・利用停止などがなされるのかというと、

  • なりすまし、乗っ取りなどの悪質なアカウント
  • 不特定多数にスパム行為をして、多数の人から通報された
  • 1人の人にスパム行為をしたとしても、それが相当悪質だった場合
    • みだらな画像・公序良俗に反する画像
    • 犯行予告など

だと考えられます。

更に、犯行予告など本当に悪質だった場合、更にはなりすまし、乗っ取りなどで、相当な被害がある場合には、以下に説明する相手が警察に通報されることもありえます。

相手が警察に通報される

これは社会的に本当に悪質な場合です。法律に反するようなことをした場合にのみ適用されると考えて良いです。ですから、通常の迷惑行為レベルでは、このようなことはありえませんが、犯行予告や、乗っ取りやなりすましでお金を騙し取るなどのことをしていた場合に適用されると考えられます。

通報した場合、相手にバレる?通知や表示に変化あり?

実際に、私の持っているアカウント2つで、もう片方のアカウントを通報してみました。その結果をご紹介します。

通報はされたけど、ブロックされてない場合

  • 通報されても相手にメッセージは送れる
  • 相手のタイムラインなどは見れる
  • 相手に通話をかけれる

のように、普通な状態です。このことから、通報したとしても、相手にバレるようなことはありませんし、通知なされたり、表示が変わるなんていうことはないです。

そのため、相手から何か迷惑なことをされたような場合で、こちらからは対応できないようなことには通報してみても良いでしょう。例えば、タイムラインで誹謗中傷されたような場合、あなたがそのまま何かをしようにも相手の投稿を消すことはできません。ですから通報することで解決出来るかもしれません。