• LINEで過去のトーク履歴で特定のワードを検索したい!
  • 何か大切な内容を過去にやり取りしたけど、それを探したい!
  • トーク履歴やチャット履歴って検索できないの?
  • メッセージを削除してしまった場合は検索不可能?
  • iPhoneでもトーク履歴検索は出来る?

今回の記事では、このような疑問を解決する内容をお届けしていきます。

LINEを使っていて、過去に大切なメッセージをやり取りしたとか、何かの予定をやり取りしたような場合、それを調べたい、検索したいということが起こりえます。大切な内容であればノートを使って保存しておくことがおすすめですが、それをし忘れていた場合、どうやって検索をして探せばよいでしょうか?

具体的な検索方法をご紹介します。

記事は下に続きます。
sponsored link

トーク履歴から特定のメッセージを検索する方法

過去のトーク履歴から特定のメッセージ・単語を入力して検索する方法です。

  1. LINEアプリを起動する
  2. トーク
  3. トーク一覧が表示されているので、その画面を下に引き下げる
  4. 上に「周辺のお店、友だちやメッセージ」と表示されます。そこに必要なキーワードを入力します。
  5. そうすると、その検索をしたキーワードが入力されたトークルーム一覧が表示されます。
  6. トークルームをタップすると、更に詳しくその検索キーワードの入ったメッセージが表示されます。
  7. そのメッセージをタップすれば、その時のメッセージの前後を含めて表示可能です。

既にメッセージを削除してしまった場合は?

ちなみにですが、メッセージは削除することができます。

そのため、過去にメッセージを削除してしまっていた場合には、それらのメッセージを検索することができません。あくまでも現在残っているメッセージのみを検索対象にしているためです。メッセージを削除するときには、このようなことがないように気をつけましょう。

大切な内容に関しては、ノートの機能を使って保存をしておくと、後で見返しやすいですのでおすすめです。

過去に検索した履歴を再度検索する

また、一度上のようにして検索をした場合には、再検索の際に簡単にアクセス出来るようになります。

  1. LINEアプリを起動する
  2. トーク
  3. 画面を下にスライドさせる
  4. 上に「公式アカウント、友だちやメッセージ」と記入されたボックスが表示される
  5. そこのボックスをタップ
  6. ちょっとだけ待っていると、「人気のカテゴリ」や「最近の検索」が表示される
  7. 最近の検索から再検索が可能
  8. 右のバツ印をタップすれば、検索履歴は消去可能

この方法なら、過去に検索した内容にさっとアクセスすることができます。

大切なメッセージはノートやKeepに保存しよう

大切なメッセージや再度見返したいメッセージはノートやKeepに保存しておくことがおすすめです。ただし、ノートに保存した場合には、そのトークルームにいる相手にも表示されてしまいます。自分だけで見返したい場合には、この方法で保存してはいけません。Keepであれば、個人用の保存が可能なので、自分だけで見る場合にはKeepで保存してください。

ノートやKeepへの保存方法は簡単です。

  1. LINEアプリを起動する
  2. トーク
  3. トークルームをタップ
  4. 保存したいメッセージを長押しタップ
  5. そうすると、コピー、Keep、削除、転送、ノートと表示される
  6. ノートをタップでノートに保存可能
    1. 先ほども言いましたが、ノートに保存した場合には、相手にも見えます。そのトークルームにいる相手との約束のような場合には、ノートに保存しておくと良いですが、自分だけで見る場合にはノート保存はおすすめできません。Keepに保存しましょう。
  7. KeepをタップでKeepに保存可能
    1. Keepは個人用保管庫です。相手に見られるようなことはないので、ご安心ください。

まとめ

LINEで過去のトーク履歴を検索することは出来るのですが、削除してしまったメッセージに関しては検索対象から外れてしまいます。

大切なメッセージに関しては、ノートやKeepに保存しておきましょう。ただし、ノートはそのトークルームにいる人全員が見れるようになっているので、自分だけで見返したい場合にはKeepに保存しましょう。