LINE 復合しています。

LINEトークで「復号しています…このメッセージは暗号化されています。メッセージを表示するには、スマートフォン版LINEの「設定」>「プライバシー管理」で「Letter Sealing」をオンにしてください。」と出てくることが稀にあります。

特に機種変更によりLINEトークをバックアップで復元した際に、過去のメッセージが「復号しています…」と表示されやすいです。

「復号してしますってどういう事?そのメッセージは見れないの?」と不安に思うでしょう。

この点について結論からお伝えすると

  • 暗号化されたメッセージが復号されずにあなたのLINEに届いてしまったため「復号しています」と表示されている
  • 基本的には「設定」>「プライバシー管理」で「Letter Sealing」をオンをした後にLINEアプリを再起動することで対応可能
  • しかし、LINEアプリを削除している状態で受信したメッセージは復号できない可能性あり

です。

より詳しい説明は本文にて加えます。

記事は下に続きます。


LINE 未読スルー
LINE恋愛テク
LINE 誤送信
LINE通報
LINEブロック
オプチャ 利用規制
LINE浮気
ツイッター マウント

「復号しています」と表示される原因

LINEではLetter Sealingという機能が導入されています。このLetter Sealingというのはメッセージの暗号化をするものです。

こちらは2015年11月に導入されたもので、LINE公式ブログには以下のように記載されています。

「Letter Sealing」とは、発信者の端末からLINEのサーバーを経由した受信者の端末までユーザー間のメッセージ内容を暗号化し、送信者と受信者以外にはメッセージ内容を解読できないように設計された暗号化通信方式(End-to-end encryption, E2EE)です。

出典元:通信内容を守る「Letter Sealing」機能と表示の変更について

LINEでは基本的にメッセージが他人に不正に盗まれたとしても中身がばれないように暗号化をしており、たとえLINEのセキュリティ管理者であってもそのメッセージ内容がわからないというようになっているんです。

このメッセージを暗号化する際には、何らかのアルゴリズム(規則)によりメッセージを暗号化します。

その暗号化したメッセージを元のメッセージに戻すことを復号といいます。

つまり、「復号しています」というのは、暗号化されたメッセージがまだ復号されておらず、元のメッセージが何だったのかわかりませんという状態なのです。

Letter Sealingのより詳しい解説はこちらをご覧ください。

■参考
【LINE】Letter Sealingとは?オン・オフ(解除)の切り替え方法も

「復号しています」のメッセージを見る方法

LINEを最新バージョンにアップデートする

LINEが古いバージョンになっていると、うまく復号できない場合があります。その際にはLINEのバージョンが最新版となっているか確認してみてください。

LINEのバージョン確認&最新アップデート方法!(iPhone・PC・Android)

アップデートを行った後、LINEアプリを再起動して「復号しています…」が消えていないか確かめてみてください。

Letter Sealingを一旦オフにしてからオンに戻す

この「復号しています」というメッセージを見るには、Letter Sealingを一旦オフにしてみてください。

その後、LINEを再起動してからトークを確認してみてください。もし「復号しています・・・」が消えていたら、Letter Sealingをオンに戻しましょう。

つまり、手順は以下のようになります。

 手順 

  1. Letter Sealingをオフにする
    1. LINEアプリを起動し、ホーム右上の「歯車アイコン」をタップ
    2. 設定で「プライバシー管理」をタップ
    3. Letter Sealingをオフにする
  2. LINEアプリを再起動する
  3. トーク画面に戻り「復号しています」が消えていないかチェック

 画像解説 

切り替え方の詳細はこちらの記事に詳しく書いていますが、画像でもお伝えします。

■参考
【LINE】Letter Sealingとは?オン・オフ(解除)の切り替え方法も

Letter Sealingをオン・オフに変更する

こちらの画像を見てもらえばわかりますが、仕様が変更されてない限り、ホームタブの右上にある「歯車アイコン」の設定より「プライバシー管理」>「Letter Sealing」をオフにするでOKです。

ただし、この設定を終えただけでは設定が反映されてないっていうことがあります。その際にはLINEアプリの再起動をしましょう。

トーク相手にLetter Sealingのオン・オフを実行してもらう

ここまでで改善されなかったならば、トークルームの相手に「送ってもらったメッセージが読めない」ということを伝えて、Letter Sealingのオン・オフを実行してもらってください。

「Letter Sealingを一旦オフにしてからオンに戻す」で紹介した手順をそのまま相手にやってもらうと良いです。

LINE「暗号化を解除しています」も同様

「復号しています」という表現と「暗号化を解除しています」という表現は日本語は異なっているのですが、内容は同じです。どちらも暗号を解除しているということで、いずれも対応は上で紹介した方法と同様に「Letter Sealingをオンに切り替える」でOKです。

どうしてもメッセージが見れない…

それでもどうしてもメッセージが見れないっていうことがあります。

どういった状況でそれが起こるのかというと、自分がアプリを消している間(アンインストールをしている)に相手がメッセージを送ってきた場合です。

LINEアプリを削除してしまっているときだと、相手から送られてきたメッセージは復号されず、暗号化されたまま残っています。

その状態であなたが再度LINEアプリをインストールしてログインして使ったので、暗号化された状態のまま届いてしまったわけです。

こういった状況では残念ながら上で説明したように「Letter Sealing」をオンにして、LINEアプリの再起動をしたとしても表示されないっていうことが起こります。

ですから、この状況では相手にどういった内容だったかをもう一度送って貰う必要があります。