【LINE公式アカウント】登録から未認証アカウント作成方法!利用料金も

このページではLINE公式アカウント(旧:LINE@)を自社サイトに活用したり、店舗の集客用に使ってみたいという方向けのLINE公式アカウント登録方法を解説したページです。 LINE公式アカウントを登録するにはどうすれば […]

このページではLINE公式アカウント(旧:LINE@)を自社サイトに活用したり、店舗の集客用に使ってみたいという方向けのLINE公式アカウント登録方法を解説したページです。

  • LINE公式アカウントを登録するにはどうすればいいのか?
  • LINE公式アカウントで一般アカウントと認証済みアカウントの違いは?
  • LINE公式アカウントではどのようなことができるのか?

などに関しても詳しく解説をしていきます。

LINEのKeepでタグ付け・削除・編集
LINE コンテンツ画像削除
LINE 動画保存
LINE LIVEフォト オフにする
LINE コンテンツ
LINE アルバム 保存
LINE KEEP

LINE公式アカウントのメリット

これまではメールを活用して自社の情報をお届けするサービスがありました。それがメールマガジンです。メールマガジンでは、自社の最新情報や更新情報、いろんなメッセージをお伝えする役割を果たしていました。

今はメールが主流ではなく、LINEが主流の時代になってきています。そこでお客様に自社をアピールするにも、LINEを活用したほうがより効果的になってきています。

そのように、LINE公式アカウントというのは、LINEを使ってお客様にメッセージを届けることができるツールなのです。普通のLINEアカウントは、友だちになった相手と一対一のやり取りが主ですが、LINE公式アカウントであれば、1対多数のやり取りも可能になります。

LINE公式アカウントでできる事:機能一覧

一括メッセージ送信

LINE公式アカウントに登録してくれたアカウントに一括メッセージ送信することが可能です。メールマガジンで言うところの、一括配信メールのことですね。登録者全員へ一括でメールを送ることで1通1通それぞれに送る手間を省きます。

更にLINE公式アカウントの場合にはメッセージ以外のコンテンツも配信可能なため、メールマガジンよりも多様性に富んでいます。

1対1トーク

友だち登録をしてくれた相手と1対1のトークも可能です。そのため、よりお客様に寄り添った対応も可能となっており、これはメルマガでいう個別質問への返信に該当しますね。

アカウントページ作成可能

LINE公式アカウント アカウントページ

LINE内に自社専用のホームページを作成し、そこでお知らせや写真コンテンツなどを豊富に揃えることでより強力にアピールすることができます。

自分でホームページを作成するのが手間だなというのであれば、アカウントページで代用することも可能です。

タイムライン機能

タイムラインには不特定多数のユーザーに向けて情報を配信することができます。既存のお客さんが、自社の投稿に対していいねをしてくれたりコメントを残してくれたりすると、そのユーザーの友だちへの拡散も可能です。

クーポン機能

クーポンを作成し

  • クーポンの開封数
  • クーポンの使用数

をチェックすることができます。

メルマガで言うURLのクリック率測定みたいなことができるため、どのように改善していくべきかも明確に設定しやすくなります。

リサーチページ

ユーザー参加型コンテンツ(アンケートや人気投票)を作成することが可能です。

ツイッターでも数年前からアンケート機能が付けられれて好評ですが、そういったユーザーに対してアンケートも簡単に取ることができるようになっています。

LINEショップカード

自社ショップに対してLINE上のポイントカードを作成・発行できます。ポイントカードを導入することでお客さんのリピートにもつながるので、顧客単価を高めたいのであれば導入を検討したいサービスですね。

LINE公式アカウントに登録できない人

LINE公式アカウントを使うことができない人もいます。それらを以下にまとめていきます。

  • 年齢認証ができない方
  • 18歳未満の方
  • アダルト系や公序良俗に反する内容のメッセージを配信する方
  • マルチ商法・もしくはそれに類似する内容のメッセージを配信する方
  • 出会い系として活用する方
  • その他、LINEで不適切と判断された方

以上のように、18歳以上でキャリアと連動した年齢確認が出来る方であれば、基本的には通常の範囲で活用することができます。

LINE公式アカウント登録前の事前確認

未認証アカウントと認証済アカウントの確認

登録の際に一般アカウントと認証済みアカウントのどちらを選択するか決めておく必要があります。

未認証アカウント 個人・法人問わず審査なしで誰でも作成できるアカウントです。基本機能は認証済アカウントと変わらず、有料プランへのグレードアップも可能です。

認証済みアカウント 当社所定の審査を通過することで取得できるアカウントです。アカウントバッジが付与され、LINEアプリ内での検索結果に表示されるようになります。

引用元 https://www.linebiz.com/jp/entry/

基本的にはリアル店舗を持っていて、なおかつ大規模にLINEから集客をしていきたいというのであれば、認証済みアカウントを活用する必要性が出てきます。しかし、個人レベルだとか、そこまで大規模な会社でない場合、未認証アカウントで問題ありません。

料金の確認

また、登録前に料金を知っておきたいというのであれば、こちらもご覧ください。

プラン名 フリー ベーシック プロ
月配信数 1000通まで 5000人以内は
無制限配信可能
10万人以内は
無制限配信可能
月額料金 無料 5000円+税 20000円+税
メッセージ
PRページ
リッチメッセージ
1:1トーク
アカウントページ
リサーチページ
統計情報

上のように月配信数によって無料プラン、有料プランと分かれています。一気に1000人以上のアカウントから登録のあてがない場合には、無料プランから開始するのがベストです。

登録から未認証アカウント作成まで

LINE公式アカウント開設

まずはこちらのページにアクセスしてください。

そうすると以下の様なページが表示されます。そして開設するをクリックしてください。

LINE公式アカウント 開設

そして、次の画像のように「未認証アカウントを開設する」⇒「LINEアカウントでログイン」を選択していきます。

より効果的にアカウントを運営していきたいのであれば認証済みアカウントを開設するべきですが、審査があります。ここでは簡単な未認証アカウントを解説していきます。

LINE 未認証アカウント作成

LINEアカウントにログイン

そして、LINEアカウントにログインをしていきます。しかし、メールアドレスやパスワードを入力するのが手間なのであれば、新しくできたQRコードログインがおすすめです。そちらをクリックして、QRコードを表示させてください。

LINEQRコードログイン

そして、ログインしたいLINEアカウントのスマホのLINEアプリからこのQRコードを読み取ります。

読み取り方は以下の画像のようにしてください。

  • 「ホーム」より右上の友だち追加マークをタップ
  • QRコードをタップ
  • QRコードリーダーを起動させて、そちらを利用しQRコードを読み取る

QRコード読み取り

表示されたQRコードを読み取ったら、ログインをしてください。

ログイン

続いて、暗証番号入力画面が出てくるのでそちらから暗証番号を入力します。

暗証番号入力

アカウント作成

そして、

  • 表示アカウント名
  • メールアドレス
  • 業種

を入力して「完了する」をクリックします。あとは、画像の通りに規約に同意をして完了です。

LINE公式アカウント開設

あとはこうして作ったLINE公式アカウントを活用していくだけです。細かい活用方法は別の記事で詳しく解説していますので、そちらをご覧ください。