YouTube 広告非表示しても意味無し

YouTubeを見ていると気持ち悪い毛穴とか角栓に関する広告がホームに出てきます。

管理人悲しみ

本当見ていて不快だしムカつきますよね。見ているだけで吐き気がしてくるし、挙句の果てには恐怖心すら抱いてしまいます。あのような広告を配信しているクソ業者は本当潰れてほしいし、あんな所から買う人なんていないと思うのですが…。

話は逸れましたが本題に戻すと、それらのクソ害悪広告は「広告の表示を停止」しても表示されてしまうし、通報しても意味がありません。

なので、そもそものYouTubeを閲覧する際に利用しているGoogleアカウントの広告設定を変更しないといけないんです。

今回はクソ広告を見なくて済むようにする方法を説明していきます。

管理人悲しみ

追記:こちらの方法で一時的に角栓などが飛び出る気持ち悪い広告が出なくなっていたのですが、最近になって今度は口臭に関しての気持ち悪い広告が出てきました。設定などをもうちょっと調べてみます。

※最近は明らかに不快な広告は出てこなくなりました!地道に興味ないなどのを実行したり、このページで紹介している方法を実践したので効果が出たのか、それともそういった広告自体がなくなってきているのかわかりませんが、良かったです。

★コメント欄にて有益な情報も集まっていますコメント欄へ

広告のカスタマイズをオフにするとかログインせずに見ると広告が表示されないとの情報もいただきました!

あと、ここ数日不快な広告が出てこなくなったのですがしつこいくらいに「この広告の表示を停止」をすると良いかもしれません。反映に結構時間がかかるのかなと思いました。

YouTube この広告を停止

記事は下に続きます。


LINE 未読スルー
LINE恋愛テク
LINE 誤送信
LINE通報
LINEブロック
オプチャ 利用規制
LINE浮気
ツイッター マウント

Googleの広告配信設定を変更する

Googleの広告配信設定を変更するにはパスワードを入力する必要があるので、できればパソコンでの操作を推奨します。スマホからだとちょっと面倒かもしれません。

以下ではパソコンでの操作方法です。

まずはYouTubeにアクセスをして右上にある自分のアイコンをクリックしてください。

YouTube広告設定

そして、「Googleアカウントを管理」をクリックしてください。この際に普段スマホで視聴しているGoogleアカウントでログインしていることを確認してください。そうしないと、今回の広告管理設定は反映されません。

YouTube広告設定

左に出てくる「データとカスタマイズ」をクリックしてください。

YouTube広告設定

下の方にスクロールして出てくる「広告のカスタマイズ」の部分を利用していきます。そこから「広告の設定に移動」をクリックしてください。

YouTube広告設定

広告のカスタマイズが出てくるので、「広告のカスタマイズをオン」にしてください。広告のカスタマイズをオンにしておかないと以下の操作ができません。

VOD君

ここで広告のカスタマイズをオフにしたら出てこなくなったという情報もいただきました。現在調査中です。

YouTube 広告のカスタマイズ

「広告のカスタマイズに利用する要素」には様々なジャンルが掲載されています。

広告カスタマイズ

こちらには「広告は、Google アカウントに追加された個人情報、Google のサービスを利用している広告主から提供されるデータ、Google が推定した興味 / 関心に基づいて表示されます。各要素を選択すると、詳細の確認や設定の更新ができます」とあるように、この項目に基づいて広告が配信されるので、関連する部分を解除してしまえば、あの害悪美容広告が表示されなくなるっていうわけです。

以下ではおすすめの広告排除項目を説明していきます。

広告除外推奨カテゴリ

広告のカスタマイズに利用する要素には様々なジャンル・カテゴリが表示されていますが、その中でも除外設定をしておくべきカテゴリを紹介します。

美容、フィットネス

まず絶対にやっておくべきことは美容関連の広告を除外することです。

たくさんのカテゴリがあり探すのが面倒なので、「美容」でページ内検索をして探すと早いです。以下の「美容、フィットネス」をクリックしてください。美容広告を削除

そうすると、「美容、フィットネス」に関して「オフにする」をクリックして選択できます。

美容の広告を非表示

その他、非表示推奨カテゴリ

人によって何が項目として設定されているかは差がありますが、以下のようなカテゴリがオンになっていたらオフにしておくと良いでしょう。

広告非表示推奨カテゴリ

  • 女性向け
  • オンライン動画
  • コミック、アニメーション
  • ショッピング
  • ショッピング総合サイト
  • おもしろい写真、動画
  • アニメ、漫画
  • ライブ配信ストリーミング

などはあのような気持ち悪い広告に繋がっていそうなのでブロックしました。

年齢を変更する裏技も

また、広告配信する広告主はこちら側の年齢でも選別していると考えられます。ですから、まりにも高齢な年齢を設定することで、あの気持ち悪い広告が表示されなくなると考えられます。

年齢を変更するには以下のようにしてください。

先程の「広告のカスタマイズに利用する要素」から「誕生日ケーキマーク」のある年齢が表示されている部分をクリックしてください。

広告の年齢を変更する

そして、「更新」をクリックします。

広告の年齢を更新

この部分より誕生日を変更してください。

誕生日を変更する

90歳くらいの高齢に設定すればさすがにあの角栓とかの気持ち悪い広告は表示されないでしょう。設定したら「保存」をクリックします。

広告配信設定の年齢保存

「生年月日の確認」にて「90歳で間違いありませんか?」などと表示されますが、「確認」をクリックします。Googleに情報を渡すだけのデータなので嘘をついた所で罰せられることもありません。国に対して提供するような公式なデータとは違うので、年齢を偽っても問題ありません。

生年月日の確認

以上のようにして年齢を変更することで、あのクソ害悪広告の表示がなくなるはずです。

管理人の場合にはこれで対応できました。

害悪広告に困っている方はしばらくこれで放置してみて様子を見てください。(キャッシュなどの関係もあるのですぐに反映はされないと思います。アプリの再起動や端末の再起動をすれば少し早くなるかも?)それでも表示されてしまった場合にはコメント欄などで報告をいただけると助かります。

更に対策をするための方法について調査していきます。

管理人通常

ログインせずにYouTubeを見るという方法も有効なようです。実際にそれで出てこなくなるか調査してみます。視聴履歴などが残らないので、その点不便にはなりますが…。

まとめ

YouTubeのホームには自分が見たい関連動画だけでなくて、所々に広告が挟まれています。それらを非表示にするには通常通りに非表示をしても効果がなく、何度も何度もしつこく表示されます。

特に厄介なのが害悪広告で、角栓が飛びてているような不快なものです。あれを見るだけで鳥肌が立つという方も多いのではないでしょうか?

それに対処するには今回紹介したようにYouTubeを閲覧しているGoogleアカウントの広告配信設定を変更していきます。カスタマイズをオンにして、美容、フィットネス関連をオフにすることで、あの気持ち悪い広告は非表示となります。

更に年齢も高齢者に設定しておけば、あのような広告は出てこなくなるでしょう。

■YouTubeをもっと詳しく調べる
YouTubeの仕様・使い方まとめ