ラインログアウト

今やLINEが世代を問わずみんなが使う時代になりました。今では日本人だけでも8400万人以上もの人がLINEを使っていると言われています。

昔であれば、浮気相手とのやり取りとして電話だったり、メールだったりがあったのですが、今ではLINEを使って浮気や不倫の証拠を掴むことができます。

人によっては電話でないと一切そういった約束をしないという人も見られるのですが、そういった人はほぼ少数。不倫や浮気をしている人は、ほぼ必ずLINEの中に決定的な証拠を隠しているものなんです。

さて、それをどうやって暴いていくのか?今回は、彼氏・彼女・旦那・妻の浮気や不倫が気になるあなたへ、見破り方をご紹介します。

 最初に要点まとめ 

  • 浮気・不倫の決定的な証拠を掴むまでは相手にバレないように調査すること
  • そうしないと、浮気・不倫の証拠が隠滅されてしまう可能性大
  • 相手のLINEアカウントのパスワードが分かっても別端末からログインしないこと⇒別端末でログインするとバレる
  •  LINEアプリを遠隔で監視するツール「mSpy」
  • 確実な証拠を掴むには探偵事務所も活用

詳しくは本文にて。

記事は下に続きます。


LINE 未読スルー
LINE恋愛テク
LINE 誤送信
LINE通報
LINEブロック
オプチャ 利用規制
LINE浮気
ツイッター マウント

浮気・不倫を見破るために

LINE 浮気

浮気や不倫を見破るためには、そういった人たちがよくやってしまいがちな普段の行動からある程度察することができます。

浮気・不倫する人にありがちな怪しい行動

人は浮気や不倫をしている時、普段とは異なった行動を見せるようになります。

怪しい行動一覧
  • いつもより帰りが遅くなった
  • 最近スマホをいじる時間がやたらと増えている
  • 自分への返信が遅くなったり、そっけなくなってしまった
  • 最近LINEをロックしはじめた・スマホをロックしはじめた
  • 肌身離さずスマホを持ち歩くようになった
  • 出張という名目のお出かけが多くなった
  • 飲み会が多くなった
  • 女性であれば、化粧が変わった
  • 外に行くとき、いつも口臭を気にするようになった
  • ガソリンの減りが思っている以上に早くなった
  • 今日っていつ帰ってくるなどと人の予定をさり気なく聞いてくる

こういった兆候が現れ始めたら、浮気や不倫の可能性も否定できません。

LINEは浮気の巣窟ともいわれています。

LINEが浮気の巣窟と言われる理由

なぜLINEは浮気・不倫の巣窟と言われるのか?それには以下のような理由があります。

LINEは浮気や不倫にも便利すぎる…
  • QRコードでカンタンに交換が可能
  • LINEのトーク履歴は消すことが可能
  • 相手の名前を好きに表示させることが可能
  • スタンプでかわいくやり取りも可能
  • 電話番号やメールアドレスと違ってブロックが簡単
  • 相手を非表示にすることもできる
  • LINEアプリにパスコードを設定もできる

もし、彼氏や彼女、旦那や妻に浮気や不倫の疑いが出てきた時には、以下のことを・・・。いや、読むだけにしておいてください。

以下に紹介する方法はすべて、最悪プライバシーの侵害になってしまいます。参考までに…。

浮気・不倫の証拠を隠滅されないための注意点

決定的な証拠を掴むまで相手にバレないように

浮気調査

ここまで記事を読んでくださっている方は、

  • 浮気・不倫をしている相手を徹底的に追い詰めたい
  • 相手から慰謝料など取れたら欲しい
  • 言い逃れができない証拠を見つけて離婚まで持ち込みたい
  • 離婚で親権を得るための有利な証拠を手に入れたい

と考えている方も多いはず。

大切なのはここからです。

まず絶対にやってはいけないこととして、中途半端な証拠を得た程度で感情的になってしまい、相手に問い詰めたりしてしまうこと。

これをやったら、相手はすぐに浮気・不倫の証拠を隠滅してしまいます。そして、決定的なものは闇に葬られてしまうんです。

だから、確実な浮気・不倫の証拠を掴むまでは、めちゃくちゃ相手がムカついたとしてもグッと我慢してください。

注意!相手のLINEアカウントに別の端末からログインはしないこと

ちなみにですが、人によっては、相手のメールアドレスとパスワードがわかるため、ログインすることが出来るって言う人もいるはず。

しかし、こういった場合でも絶対に相手のLINEアカウントにログインはしないでください。なぜなら、別の端末からLINEアカウントにログインをした場合、ログインしたということが通知されてしまいます。

LINE 浮気バレる

それを見ると、相手は「おかしいな?」と思うはずです。

もちろん、まさかあなたがログインをしたなんて思わないと思います。というのも、今はLINEスパムなども流行っているので。

ただ、無駄に怯えさせて、より強固なパスワードに変えられたり、これまでの証拠が隠滅される可能性も高くなってしまうので、相手が不審に思うようなことは避けてください。

浮気・不倫の証拠を掴むためにすぐにできる確認事項

一番簡単に相手の浮気を見つけるには、相手が寝ている間にスマホをこっそりと見てしまうことです。

しかし、浮気や不倫をしている人は、用心をしているもの…。しっかりとスマホやLINEにロックをかけているはず。そのため、カンタンにはいかないのが普通です。

そういった場合には、相手のロックパスワードを推測するなどが必要になります。

普段いつも一緒にいるのであれば、こっそりと相手のパスワードをのぞき見しておくと、こういった時に便利だったりします。

ただし、スマホとLINEの両方共にパスワードをかけている場合には、かなりめんどうです。よほど用心している人でない限り、どちらも同じパスワードであることが基本だとおもいますが…。

でも、逆に言えば、スマホもLINEもパスワードをかけているということは・・・なにか見られたくないことがあるはずです。ますます「怪しいな…」と思ってしまいますよね笑

まあ、そんなこんなで、相手のLINEの中身をうまく見れたとします。どこをチェックすればいいのか迷うはず。なので、チェックするべき項目をまとめました。

どこをチェックするべきか

ポップアップ画面をチェックする
通知から届いたメッセージを確認する
通知オフ・非表示の友だちがいないか探す
非表示のトークルームがないか確認する
削除されたトークがないか確認する
LINEスタンプに名前入りスタンプがないかチェックする

大切なことなので何度も言いますが、浮気相手っぽい相手が友だちリストにいたとしても、その決定的な証拠となる浮気・不倫の発言がない限り、相手を追い詰めることはできません。

中途半端なところで相手を問い詰めても、上手く逃れられてしまって終わりです。この段階では絶対に相手には疑っていることがばれないようにしてください。

恐らく、浮気とか不倫をしている場合、特に一緒に寝たりお泊りするようなときには、トーク履歴すら消している可能性があります。

こういった時にはどうすればいいでしょうか?

以下のLINEのトーク履歴を復元する裏ワザで紹介しています。

‎悪用厳禁 LINEで浮気や不倫を見破る裏ワザ

LINEのトーク履歴を復元する裏ワザ

LINEトーク 復元

PhoneRescueを使ったトーク履歴の復元

PhoneRescueでLINEのトーク履歴を復元する

以前はiPhoneアナライザーやAndroidアナライザーがありましたが、それらは現在販売が停止されています。

そのため別のアプリ・ツールを探してみたところ、「PhoneRescue」を見つけました。

もともとは、スマホ本体内に保存していたデータを誤って消してしまった時を想定して開発されたツールなのですが、相手が隠しているLINEトーク履歴を丸々チェックする事も可能です。

手軽にトーク履歴を復元したいなら「PhoneRescue」を利用してみましょう。

使い方としては、

  1. iPhone/AndroidをPCに接続する
  2. LINEデータを選択する
  3. PC内にトーク履歴・写真等をバックアップデータを保存する
  4. 解析をする

この手順で簡単にトーク内容を復元することが出来るのです。

なお、iTunes・iCloudなどにLINEのバックアップデータが保存されていなくても、PhoneRescueを使えばデータを抽出可能ですので安心してください。

料金(iOS) 1年ライセンス:4,980円
永久ライセンス:6,980円
料金(Android) 1年ライセンス:3,980円
永久ライセンス:6,980円
復元可能データ ・LINEデータ
・通話履歴
・WhatsAppトーク
・写真
etc…

料金体系は1年契約もしくは永久ライセンスを選択することが可能です。なお、無料体験版も配布されているので、そちらを利用してから有料版を購入するか否かを判断すると良いでしょう。

LINEの内容を追跡したり覗き見るアプリ

LINEの内容を追跡したり覗き見するアプリ

「mSpy」を使って監視する(おすすめ)

MSPY

相手のLINEの内容を遠隔で監視する際に最もおすすめなアプリとしては「mSpy」という有料アプリ。iOS・Androidのどちらにも対応しています。

本来は、親御さん向けに開発され、お子様のスマホの状況をチェックするアプリなのですが、これが思っている以上に浮気チェックにも活用できることがわかりました。

簡単に機能を説明すると

  • 削除されたテキストメッセージ、電話の発信着信などをすべて表示
  • 通話履歴の確認
  • デバイスのGPS位置情報をチェック
  • インスタグラムやフェイスブックなどを利用した別のアプリなどでの相手のやり取りも監視可能
  • iPhone、iPad、Androidにも対応
管理人通常

もちろん、前提条件として相手がスマホを手放している隙にアプリをインストールしなければいけないです。相手が寝ているすきにこっそり仕込むのがベストね。

mSpy公式サイトをチェック

Spyzieを使って監視する

相手のLINEの内容を遠隔で監視する際に他のおすすめアプリとしては「Spyzie」という有料アプリ。iOS・Androidのどちらにも対応しています。

アプリSpyzieならLINEのトーク内容や写真も監視可能

さて、監視アプリで必須なのが「相手のスマホにアプリをインストールする作業」ですが、この時にApp Store・GoogleプレイストアのIDとパスワードを相手から聞き出さないといけませんよね。

しかし、SpyzieはApp Store/Googleプレイストアで承認されていない野良アプリと呼ばれるモノ。そのため、このアプリに関してはインストールする際にIDやパスワードが不要なので、監視を始める前の下準備を進めやすいのが大きなメリットと言えます。

料金(月額) iOS版:3,980円
Android版:1,980円~
できること ・LINEトーク履歴確認/画像や動画のDL
・GPSを利用した現在地確認
・電話履歴の確認
・SMSの内容の確認
etc…
備考 脱獄やRoot化は不要
管理人通常

もちろん、前提条件として相手がスマホを手放している隙にアプリをインストールしなければいけないわ。ただ、アプリをステルス化して目視できない状態にも出来るので、インストール後に監視している事がバレる可能性は低いわね。

  1. 相手のスマホにSpyzieをインストールする
  2. 自分のPCでSpyzieアカウントでログインする
  3. 相手のLINEのトーク内容・添付ファイル等を確認する

この流れで相手のLINE内容ならびに動向を追跡する事が可能です。

料金体系に関しては、買い切りではなく月額制サービスであるため毎月費用は発生しますが、LINEのトーク内容を覗き見したり、GPSを利用して相手の現在地情報をチェックする事もできる優秀なアプリですね。

遠隔操作で相手のLINE情報を確認したい方は導入を検討してみても良いでしょう。

LINEとパソコンを同期しトーク内容を監視する

LINEとPC同期

冒頭では「別端末から相手のLINEにログインするとバレる可能性が高い」とお伝えしました。誰がログインを試みたのかを特定する事はできないものの、極力やらない方が良い方法と言えます。

ただし、以下の条件を満たせるのであれば「LINEとパソコンを同期する方法」を使って、相手のLINE情報を自分のPCから監視する事が可能になります。

  • 相手のLINEのIDとパスワードを知っている
  • 相手に気付かれないタイミングで操作する

この方法は「自分のPC版LINEにて相手のLINEアカウントでログインし内容をチェックする」という物なので、単純ではありますが非常にハードルは高い手法ですね。

  1. PC版のLINEに相手のLINEアカウントでログインする
  2. 相手のLINEに通知が届くので、相手のスマホを操作し通知を非表示にする
  3. PC版LINEは常時ログイン状態に設定しトーク内容/着信履歴等を監視する
管理人通常

相手のLINEをチェックする流れとしてはこんな感じよ。注意点としては、PC版のLINEは一度ログアウトしてしまうと、再度ログイン時に相手に通知が届くというコト。そのため、一度ログインが完了したら絶対に常時ログイン状態にしておいてね。

浮気・不倫の決定的な証拠を確実に掴むには

浮気の証拠

ここまでは自分自身でなんとか探るテクニックをご紹介してきました。しかし、素人のやり方では、相手をさかなでしてしまったり、より強固に証拠を隠されてしまうことすらあります。

そういったやり取りが続いてしまうと、精神的にも良くありません。

また、上記で紹介したアプリに関しては、「相手のスマホにインストールする」という作業が必要ですが、この「勝手に監視アプリをインストールする行為」はプライバシー侵害に抵触するリスクも孕んでいます。

こういった時には、探偵に依頼してみるっていうのも1つの手です。

以下で紹介している24時間365日全国対応の『原一探偵事務所』は電話でもメールでも相談可能で、44年間という実績があるため安心して使えます。

うまく行けば浮気や不倫の証拠を掴むことで慰謝料をゲットすることも・・・。

慰謝料が支払われる条件としては、ただ付き合っている相手ではダメで、婚約関係にある、婚姻関係にある場合です。ただ口約束だけの彼氏彼女には効果ないので、その点だけはご注意ください。

まとめ

結論としては、不倫や浮気を見破ることはできたとしても、その確実な証拠を掴むというのは非常に難易度が高いです。

不倫や浮気が判明したとしても決定的な言い逃れのできない証拠がない限り、民事で相手を訴えることなどはできません。

ですから、相手がボロを出すまで、こちらは辛抱強く待ってなければいけないのです。

一番簡単なのはやはり探偵に頼むこと。プロに頼れば確実な証拠をガッチリと掴むコツを知っているので、やはり任せるのが一番ではあります。

言い逃れができない証拠さえつかめればあとは民事訴訟で慰謝料請求も可能なので、相手が確実に浮気・不倫をしていると確信しているのであれば、探偵にお金を払っても良いでしょう。

24時間365日全国対応の『原一探偵事務所』は電話でもメールでも相談可能で、44年間という実績があるため安心です。

しかし、相手が浮気や不倫をしていると確実に判断ができないのであれば探偵に頼ってお金を払うのはもったいないです。

そういった場合には、自分である程度の証拠を掴みましょう。

そこでおすすめなのがmSpyというLINE監視アプリ!

削除されたテキストメッセージ、電話の発信着信などをすべて表示できるのが特徴で、これによって相手の浮気・不倫の情報を確実につかめます。

mSpy公式サイトをチェック