Letter Sealingをオン・オフに変更する

LINEではLetter Sealingという通信内容を守るとされている「Letter Sealing」と呼ばれる機能が付いています。

Letter Sealingはどういった機能なのかというと、簡単に言えばLINEトークルーム内のメッセージの「暗号化」をすることで外部からメッセージを解読することができないようにするものです。

今回はLINEの情報流出などの報道もあり、ちょっと怖いと思っている方も多いようなので、

Letter Sealingとはどういった機能なのか、そしてそれがちゃんと設定されているかを確認する方法やオン・オフの切り替え方法も説明していきます。

記事は下に続きます。

LINE 未読スルー
LINE恋愛テク
LINE 誤送信
LINE通報
LINEブロック
オプチャ 利用規制
LINE浮気
ツイッター マウント

Letter Sealingとは

Letter Sealingはトークルームのメッセージを暗号化することで、外部からメッセージ内容が判断できないようにする機能の事を指しています。

トークルームの内容について

  • テキストメッセージ
  • 位置情報
  • 音声とビデオ

について適用されています。

詳しい説明をすると、メッセージにエンドツーエンド暗号化(End-to-end encryption, E2EE)を適用しており、第三者からだけでなくLINE株式会社の管理者であってもメッセージ内容を閲覧することは出来ないとされています。

この点はLINEのデータセキュリティ項目に以下のように記載されています。

Letter Sealing は、第三者のみならず当社のサーバー管理者であっても、通信上及びサーバー上でのメッセージ内容を閲覧することは出来ないことを保証します。

出典元:LINEデータ・セキュリティ

この事から、本来であれば情報は漏れないと考えられており、一部の企業ではLINEグループを使っているところもあるようですね。

さすがにLINEを企業のグループのやり取りで使うのはセキュリティ面で不安が残りますが。

Letter Sealingがオンになっているか確認する

Letter Sealingがオンになっていれば、トークルームの「三」マークをタップして、その後の表示される一番下を見れば確認できます。

ただし、以下に紹介しますが、Letter Sealingがオンにできるのはあくまでもトークルーム、グループトークなどで、オープンチャットは適用されません。

つまり、オープンチャットはLetter Sealing適用外で情報はLINE株式会社に筒抜けだということです。

調べ方

Letter Sealing

  1. 各トークルームにて右上の「三」をタップ
  2. 下にスクロールして「このトークルームではLetter Sealingが適用されています」の表示を確認する

これが表示されていれば、Letter Sealingはオンになっています。もしオフになっていたら、この目次の後にオンに設定する方法を紹介していますのでそちらを参考にしてください。

トークルームは適用可能

こちらは個別の1対1トークルームの場合です。この場合にはしっかりとLetter Sealingが適用可能です。

Letter Sealing

グループトークは適用可能

こちらはグループトークの場合です。この場合にもしっかりとLetter Sealingが適用可能です。

レターシーリング

オープンチャットは適用外

残念ながらオープンチャットはLetter Sealingが適用されません。つまり情報はすべて筒抜けだということです。

Letter Sealingが適用

オープンチャットでは大切な情報はシェアしないようにしたほうが良いでしょう。

■参考
オープンチャットの仕様や使い方まとめ

Letter Sealingをオン・オフに変更する

変更方法は簡単です。

Letter Sealingをオン・オフに変更する

上の画像のようにホームタブより右上の「歯車マーク」をタップします。

そして出てくる設定画面にて「プライバシー管理」をタップしてください。

最後にプライバシー管理の「Letter Sealing」の部分をオン・オフで切り替えるだけでOKです。