Youtubeチャンネルを凍結させる方法

VOD君

再生数を伸ばすためにあえて人が不快になる動画を投稿する“不謹慎系YouTuber”の存在が問題になっているけど、それを目にした多くの人が「どうにかして凍結させたい」と感じたんじゃないかな。

本記事では、このようなYouTubeが掲げたポリシーに反したコンテンツおよび人の不幸を題材にした動画を扱うチャンネルを凍結させる方法をまとめています。

まずは、この記事の概要から先にご確認ください。

YouTubeのチャンネルを凍結・停止する方法 直接的に凍結させることは出来ない。個人が出来るのは問題視されているチャンネルを通報することだけ。そして、たくさんの方から通報をしてもらうよう呼びかけることも大切。その他、停止・凍結基準はこちら
違法アップロード動画を通報する手順 ①動画を開き画面上のメニューをタップ
②報告をタップ
③通報内容を選択し報告
不謹慎系YouTuberを通報する場合 報告内容は「暴力的または不快なコンテンツ」や「差別的または攻撃的な内容」を選択するのがベター。

YouTubeチャンネルを凍結・停止するには

Youtubeチャンネルを凍結させる方法

第三者のYouTubeチャンネルを凍結・BANするためには、そのチャンネルがYouTubeの規約に反する動画を投稿したり、不適切な行いをした際に通報するのが良いとされています。

ただし、冒頭でもお伝えしたように通報したからといって確実にチャンネルが凍結されるワケではありません

通報はあくまでも運営側に「この人はポリシーに反したコンテンツを投稿しています」というシグナルを送るだけなので、凍結するか注意勧告で済ませるかはYouTube側の判断になります。

VOD君

通報があまりにも多い動画に対しては恐らくチェックが入るはずなので、自分だけでなく視聴したユーザーの多くが不快になるような明らかに倫理感を無視したコンテンツに関しては通報しても良いだろうね。

もし凍結させるとなったら、本当にたくさんのユーザーからの通報が必要となります。ですので、たくさんの方から通報をしてもらうよう呼びかけることも大切です。

不謹慎系YouTuberをBANさせることは可能?

上述の通り、凍結・BANの最終的な判断はYouTube側が行うことなので、視聴者としてはとにかくポリシー違反のコンテンツを通報するしかありません。

YouTubeは独自のアルゴリズムをベースにペナルティ判定を下し、その動画の広告をはく奪したり、チャンネル凍結を行います。

ただ、現状では不謹慎系YouTuberのような動画内容をAIが自動的に読み取って不適切なコンテンツと判定しているとは思えないので、やはり多くの視聴者からの通報が近道と言えるでしょう。

とはいえ、問題のあるコンテンツを野放しにしていれば当然ながら世間的にYouTubeのブランドを傷つけることになるわけですから、ここ最近で特に問題視されている人の不幸をネタにしたコンテンツがYouTube上から一掃される可能性は十分考えられます

凍結・停止の基準

これまで様々なYouTubeチャンネルを見てきたところ、以下のような基準があるのではないだろうかという推測はできます。

  • 短時間にある一定以上の通報が集中したとき
  • 長期間にじわじわ通報が集まる場合でも、ある程度通報がたまったとき
  • 著作権・肖像権の権利者からの通報・訴えがあったとき
  • 公序良俗に反する動画内容・過激な内容がある場合
  • チャンネル登録者数が少ない程、少数の通報でも凍結停止されやすい傾向
  • チャンネル登録者数が多い程、多数の通報が必要になる傾向あり
  • チャンネルに対してバッドが多い程、少数の通報でも凍結停止されやすい傾向
  • チャンネルに対していいねが多いほど、多数の通報がないと凍結停止されづらい傾向
  • 不正なチャンネル登録者が多い場合
  • 不正なチャンネル登録者が急増した場合
  • 一定期間でチャンネル登録者数が激減した場合

以上のような条件の場合に、目視が入りアカウント停止・凍結などの処罰が与えられるのではないだろうかと考えられます。

違法アップロード動画を通報する手順

違法アップロードしているチャンネルを通報する手順

コチラの項目では、ポリシーに反するコンテンツおよび著作権を侵害している違法アップロード動画を通報する手順を解説しています。

実際にYouTubeの画面を見ながら確認していきましょう。

再生画面右上のメニューをタップ

上記はYouTubeアプリですが、再生画面を一度タップすると右上にメニューアイコンが表示されます。

報告をタップ

メニューアイコンをタップし、「報告」を選択しましょう。

報告をタップ

報告内容が複数出てくるので、該当するものを選択し「報告」をタップします。今回は著作権を侵害した違法アップロード動画を発見したので、“権利の侵害”を選択しました。

ただ、ここ最近よくYouTube上で問題視されている“不謹慎系YouTuber”に至っては、どういった内容で通報すれば良いか分からない…とお悩みの方も多いと思います。

動画の内容にもよりますが…

  • 暴力的または不快なコンテンツ
  • 差別的または攻撃的な内容

一般的にはこの2パターンのいずれかに該当する可能性が高いと思われます。

YouTubeの違法チャンネルを凍結&通報する方法まとめ

YouTubeのチャンネルを凍結する方法 直接的に凍結させることは出来ない。個人が出来るのは問題視されているチャンネルを通報することだけ。数名程度の通報では無意味のため、たくさんの方に対して通報をしてもらうよう呼びかける事も大切。
違法アップロード動画を通報する手順 ①動画を開き画面上のメニューをタップ
②報告をタップ
③通報内容を選択し報告
不謹慎系YouTuberを通報する場合 報告内容は「暴力的または不快なコンテンツ」や「差別的または攻撃的な内容」を選択するのがベター。
VOD君

現状だとYouTubeチャンネルを凍結するには通報しか手段が無い。運が良ければそのチャンネルが凍結されるけど、基本的にはそれを決めるのは運営次第なんだ。

管理人通常

これまで話したように、不謹慎な動画を投稿しているYouTuberをBANさせたい人は通報の手続きを行ってみてね。