YouTube アイコン

YouTubeの登録者数は刻々と変化しています。

現時点のチャンネル登録者数がどれくらい変化しているのかを確かめたいと思う方もいるはずです。例えば、YouTubeLIVEをやっている人のLIVE配信を見て、どれくらいの変化があるのかなという事を調べたい人は多いはずです。

今回の記事では、YouTubeのチャンネル登録者数をリアルタイムに確認することができるとされるサイトを調べてみました。

しかし、残念なことにリアルタイムに登録者数の増減を確認できるとはとても言えない状態でした。その点を詳しくまとめています。

記事は下に続きます。



LINE 未読スルー
LINE恋愛テク
LINE 誤送信
LINE通報
LINEブロック
オプチャ 利用規制
LINE浮気
ツイッター マウント



チャンネル登録者数を確認するサイトのデメリット

今回の記事を作成するにあたって、リアルタイムにチャンネル登録者数がわかるとされる様々なサイトを調べてみました。

しかし、以下のようなデメリットが存在しており、実際にそのサイトを利用する価値はあるのかと疑問に思いました。

どうしてそう思ったのかを説明します。

YouTubeで公開されているチャンネル登録者数までしか調べられない

例えば、ヒカキンさんのHIKAKIN TVのYouTubeチャンネルにおいて、調査時点では1040万人と表示されています。

HIKAKIN YouTube

知りたいのは、1040万のさらにその下の桁の数だと思います。1040万XXXX人のXXXXの部分がどれくらいになっているのか、その増減はどうなっているのかです。

しかし、今回紹介するサイトでも、この部分を調べることはできませんでした。

YouTube リアルタイム登録者

YouTubeで公開していない部分に関してはAPIなどを利用しても取得できないということなのでしょう。

登録者増減もアバウトにしか表示されない

また、同様にリアルタイムの増減に関しても調べてみたのですが、アバウトにしか表示されません。

リアルタイムに増減がわかるとされているチャートですが、こちらはHIKAKINさんの場合、万人単位での表示がなされています。

YouTube リアルタイム登録者数

そこで、自分1人がHIKAKIN TVに登録したところで、こちらのチャートには反映されませんでした。

つまり、このチャートが動くのは、HIKAKIN TVの場合は万人単位なので、1万人単位で登録者数が増減しないと動きは見られないわけです。

すなわち、このチャートに価値はほぼないと言えます。

知りたいのはその時にどれくらいの数の増減があったのかどうかだと思いますが、このレベルの登録者数の場合には1万人単位の増減でないとチャートに反映されないわけです。

それではリアルタイムに増減がわかるとは言えないですよね。

以上のようなデメリットがあります。

正直わかる内容については、かなりの大幅な増減がある時でないと意味がないので、これならば普通にYouTubeチャンネルで公表されているチャンネル登録者数を見るだけで事足りるなと思いました。


利用したサイト

今回利用したサイトを紹介します。

サブスクライバー カウンター

今回チャンネル登録者数をチェックする際に利用するサイトは「サブスクライバー カウンター」です。

こちらのサイトは、海外サイトではありますが、日本国内のYouTubeチャンネルでも利用可能です。

しかし、上述したようにリアルタイムで増減を確認できるとは言い難い状況です。


まとめ

管理人自身も様々なYouTubeチャンネルを見ていますが、そのときにどれくらいの増減があるのかというのは、チャンネルを運営している人にしか確認できないものだと思われます。

もし、チャンネル登録者数が閲覧者側からでもわかるようなサイトをご存じの方はコメント欄とかお問い合わせフォームから教えてくださると嬉しいです。

■もっと詳しくYouTubeの使い方を調べる
YouTubeの仕様や使い方まとめ