YouTube アイコン

YouTubeで特定の相手にだけ自分の動画を公開したいという場合には、限定公開を利用することが多いでしょう。

YouTube 限定公開

しかし、限定公開をした場合、知らない第三者に絶対バレないのでしょうか?

実は限定公開動画でも第三者にバレる可能性があります。

今回の記事では

  • 限定公開動画がバレてしまう条件
  • バレたくない動画を公開したい場合にはどうするべきか

などを紹介します。

記事は下に続きます。



LINE 未読スルー
LINE恋愛テク
LINE 誤送信
LINE通報
LINEブロック
オプチャ 利用規制
LINE浮気
ツイッター マウント

限定公開動画の仕様

YouTube 検索

YouTubeの検索結果に表示されない

限定公開された動画はYouTube内の検索では探すことができません。

YouTubeの検索ボックスに完全一致のタイトルを入力して検索をしたとしても、表示されないようになっています。

ただし、途中から公開⇒限定公開というように変更した場合に限り、Googleの検索結果に表示されてしまうことがあります。Googleの検索結果に最新の情報が反映されるまでには時間がかかるので、そういったことが起こってしまいます。

URLを知っている人が見れる

限定公開はあくまでもそのURLを知っている人に対してのみ公開される動画のことを指しており、通常であれば、その動画投稿者がURLを伝えた相手にしか公開されないものなのです。

URLは動画の共有⇒コピーなどから共有したい相手に伝えることで、見てもらうことができます。

YouTube 限定公開 URL

しかし、以下に解説するような条件においては、第三者も見れてしまうことがあります。


限定公開動画が第三者にバレる条件

YouTube 限定公開動画

限定公開動画が知らない第三者にバレる条件をまとめました。

基本的には以下のような状況でバレます。

  • 限定公開動画のリンクをSNSで投稿された
  • 限定公開動画をサイトに埋め込まれた
  • 限定公開動画を公開されている再生リストに追加された
  • 途中から公開⇒限定公開に変更した

以上について、補足します。

限定公開動画のリンクをSNSで投稿された

限定公開動画のリンクが誰かによってSNSや各種メディアに投稿されてしまった場合、そこを経由して第三者が見れてしまうことがあります。

もちろん、LINEなどでも同様です。LINEで勝手に限定公開動画のURLを誰かに共有された場合、そこからアクセスされてしまいます。

限定公開動画はあくまでもURLを知っているかどうかで決まります。つまり、そのURLを公開されたら第三者も勝手に見ることができるのです。

「自分の動画リンクが拡散されてしまったのではないか?」と閲覧数がおかしいと気付いた場合には、Google検索で自分の動画のURLを検索してみることをおすすめします。

URLを拡散後ある程度時間が経過していれば、Googleの検索結果にも反映されるはずなので、そこから相手を特定可能です。そして、勝手に投稿した相手に削除依頼をすると良いでしょう。

ただし、相手がTwitterの鍵アカウントなどのようなものを利用しており、鍵アカウント内でURLを拡散していたという場合には、Googleの検索結果にも出てこないので特定がほぼ不可能になってしまいます。

限定公開動画をサイトに埋め込まれた

限定公開動画をどこかのウェブサイトやホームページに埋め込まれた場合にも、そのぺージにURLが貼られているということなので、勝手に閲覧されてしまいます。

無許可で限定公開動画を相手がウェブサイトに埋め込んでいるというのであれば、相手のウェブサイトのお問い合わせフォームから連絡をしてみると良いでしょう。

ただし、限定公開されてない動画に関しては、実質誰もが勝手に共有してOKなものなので、その場合には相手に連絡をする意味はないです。

限定公開動画を公開されている再生リストに追加された

限定公開動画だとしても、それが公開されている再生リストに組み込まれてしまった場合、そこを経由して限定公開動画が見られてしまうことがあります。

再生リストは誰もが作成できますし、その再生リストに何を組み込むかはその人の自由です。仮にその人が再生リストを公開していて、あなたの限定公開動画を組み入れてしまっていたら、その再生リストを経由して第三者も見れてしまうことになります。

こういった場合には、その相手に対して再生リストを非公開にしてもらうとか、再生リストから限定公開動画を削除してもらうという対応をしてもらうと良いでしょう。

途中から公開⇒限定公開に変更した

途中で「公開」を「限定公開」に変更した場合には、公開されている時の情報がGoogleの検索結果に残ってしまっています。

Googleの検索結果は最新の情報を常に反映するのではなく、あまり更新されてないようなページに関してはたまにしかクローラーが情報を集めに来ないので、古い情報がずっと残ってしまっているということがあるのです。

ですから、途中で公開⇒限定公開にしてしまった場合、公開していたときの情報がGoogle検索結果に残っているのであれば、それが消えるまでには結構時間を要することがあります。

こういったことから第三者に限定公開動画がバレてしまう可能性もあるのです。

もし古い情報が更新されてない場合には、以下の記事を参考にして古いGoogle検索結果の情報更新を依頼してください。

参考:Google検索結果から古い情報を削除する方法!削除申請から消えない時の対処法も


バレたくない動画をアップロードしたいなら非公開

どうしてもバレたくないという動画をアップロードしたいというのであれば、非公開という機能を利用してください。

非公開設定した動画に関しては、事前に設定したユーザーでないと見れないようになります。

限定公開動画はURLで見れるかどうかが決まりますが、非公開の場合にはGoogleアカウント単位で制限をかけることができます。

Googleアカウントにログインするには、メールアドレスとパスワードを知ってないと無理なので、完全に一部の相手にのみ公開することができるのです。

家族の動画や記念の動画などをアップロードして、身内だけで共有したいのであれば、非公開機能を利用すると良いでしょう。

まとめ

YouTubeでは動画を限定公開することができますが、限定公開はあくまでもURLを知っているかどうかでその動画が見れるかどうかが決まります。

そのため、勝手にURLを拡散されてしまったという場合には、知らない第三者に見られてしまうということにもなりかねません。

身内だけにしか見せたくない動画なのであれば、Googleアカウント単位で制限をかけることができる非公開という機能を利用してください。

■YouTubeをもっと詳しく調べる
YouTubeの仕様・使い方まとめ