Instagramアイコン

instagram(インスタグラム)を利用していると「退会したい」、「完全にアカウントを削除したい」ということもあるでしょう。

ただし、よくある間違いですが、instagramアプリをアンインストールしただけではアカウントの削除にはなりません。アカウントの削除をするには、専用の削除方法を実行しないとデータは残り続けてしまうのです。

今回の記事ではinstagram(インスタグラム)で自分のアカウントの削除方法や、アカウントを削除できない時の原因などを詳しく解説していきます。

記事は下に続きます。


LINE 未読スルー
LINE恋愛テク
LINE 誤送信
LINE通報
LINEブロック
オプチャ 利用規制
LINE浮気
ツイッター マウント

アカウント削除前の注意点

instagram(インスタグラム)のアカウントを削除する前に、注意しておきたいことを記載しておきます。

アンインストールではアカウント削除できない

instagramアプリをスマートフォン端末からアンインストールをしても、instagramアカウントのアカウント削除とはなっていません。

アンインストールはあくまでも端末からinstagramアプリを削除するだけで、アカウント削除とは関係がありません。

そのため、アカウントを削除したいのであれば、当記事で紹介している方法にてアカウント削除を行ってください。

一時停止の選択肢も検討しよう

instagramでは「アカウント削除」の他に「一時停止」という選択肢もあります。

違いに関しては以下のようになっています。

操作 復活 データ ユーザーネーム取得
削除 30日経過後は
不可能
消える
相手の画面には残るものもあり
同一ユーザーネームは不可
一時停止 可能 残る 同一ユーザーネームで復活

復活について

アカウント削除の場合、30日間を過ぎてしまったらアカウントの復活は完全に不可能となります。30日間経過するまでならば復活は可能なので、その間に復活するかどうかを決定することになります。

一時停止の場合には、再ログインをすればいつでも復活をすることが可能です。

データについて

アカウント削除の場合、データは完全にinstagramのサーバーから消えてしまいます。しかし、相手の端末にはデータが残っている場合もあるため、それらは相手が削除したりしない限りは残り続けます。例えば、相手のinstagramアプリに保存されているDMなどです。こういったデータは、相手の端末上に保存されているデータのため残っているわけです。

一時停止の場合には、instagramサーバーにデータは残ったままなので、復活したらまた表示されます。

同一ユーザーネームの取得

アカウント削除の場合、同一のユーザーネームは再度利用ができなくなります。そのため、もしまたinstagramをやりたいとなったならば、新しいユーザーネームを取得して、全く新しい別のアカウントとしてやっていくことになります。

一方で、一時停止の場合には復活した際に、停止前に利用していたユーザーネームのまま再開することができます。

データの保存をしておこう

instagramアカウントを削除した後、30日間経過すると完全にアカウントデータがinstagramのサーバーからも削除されてしまうため、事前にデータを保存しておくことをおすすめします。

データを保存しておけば、アカウントの復活はできないとしても、画像のデータは残しておくことができます。

データの保存方法は、プロフィール画面>設定アイコン>セキュリティ>データをダウンロードからリクエストを行います。

相手にバレる可能性

instagramアカウントを削除した場合に、相手にバレる可能性はあるかについて考察した記事はこちらになります。どういった部分が変化するかについても記載しています。

instagramでアカウント削除したら相手にバレる?instagramユーザーと表示される等の変化まとめ

アカウント削除(退会)方法

instagram(インスタグラム)アカウントを削除する場合、アプリからは現状削除できない仕様となっています。そのため、手間とはなりますが、SafariやGoogle Chromeなどからinstagramアカウントを削除しないといけません。

 手順 

  1. ブラウザ(SafariやGoogle Chromeなど)でinstagramにログインする
  2. アカウント削除ページにアクセスする
    1. こちらへアクセス⇒https://www.instagram.com/accounts/remove/request/permanent/
  3. アカウントの削除理由を選択する
    1. 広告が多すぎる
    2. プライバシーに関する心配
    3. 削除したいコンテンツがある
    4. 利用開始時に問題が発生した
    5. フォローしたい人がいない
    6. 忙しい/気が散る
    7. 2つ目のアカウントを作成した
    8. その他
  4. 再度パスワード入力をする
  5. 「○○を削除」をタップする
  6. 「OK」をタップする
    1. これで削除設定が完了
    2. 30日間アカウントにログインしない場合、完全にアカウント削除が行われる(instagramサーバーからデータが消えるので復活不可能に)

アカウント削除できない不具合

アプリからはアカウント削除できない

現時点ではinstagramアプリからはアカウント削除をすることができません。ブラウザからinstagramにログインをして、アカウント削除ページからアカウント削除処理を行ってください。

アプリのアンインストールで退会できると勘違い

アプリのアンインストールは、あくまでもあなたのスマートフォン端末からアプリを削除するだけの効果しかありません。

そのため、instagramのアカウントを削除したい場合に、instagramアプリをアンインストールしたところで退会できないので、上述した方法でしっかりと退会を行ってください。

30日間の猶予期間にログインした

上で紹介したアカウント削除方法でアカウントを削除した後は、30日間の猶予期間が発生します。

その間に自分のアカウントに再度ログインをしてしまうと、その時点でアカウントが復活してしまうので、再度削除設定をしないといけません。

■もっと詳しく調べる
instagramの使い方・仕様まとめ