Instagramアイコン

Instagramでとある人にメッセージ(DM)を送ったのに、ずっと未読状態で気付いてくれない…。

「ずっと未読となっているメッセージを気付いてもらうにはどうしたらいいの?」と思う方も多いはずです。

今回の記事では、相手がずっとメッセージを見てないような状況はどういったときに起こるのかの原因を調べてみました。

記事は下に続きます。



LINE 未読スルー
LINE恋愛テク
LINE 誤送信
LINE通報
LINEブロック
オプチャ 利用規制
LINE浮気
ツイッター マウント

DMがずっと未読状態となる3つの原因

注意

ずっと未読状態で、既読が付かない原因としては、以下のことが考えられます。

  1. メッセージリクエストに入っている場合
    1. 相手が気付いていない
    2. 相手がメッセージを承認してない
    3. 相手がメッセージを削除した
    4. 相手が「無視する」を選択した
    5. 相手にブロックされた
  2. 相手が非表示ワードを設定している場合
    1. 「非表示のリクエスト」に相手が気付いていない
    2. 相手がメッセージを承認してない
    3. 相手がメッセージを削除した
    4. 相手がメッセージを報告した
  3. 相手が「抑制」をオンにしている場合
    1. 過激なキーワードに引っかかっている

それぞれについて補足します。

原因1:メッセージリクエストに入っている場合

あなたの送ったDMがメッセージリクエストに入ってしまっている可能性が1つ考えられます。

メッセージリクエストに入ってしまった場合、相手から見て以下のように「リクエスト○件」と表示された箇所をタップしないとメッセージを表示することすらできません。

 

上の画像の「リクエスト○件」をタップした後、更に以下のメッセージ部分をタップして、ようやくメッセージが表示されます。

Instagram メッセージリクエスト

表示されたメッセージは以下のように表示されます。この段階では、既読が付きません。既読が付くのは相手が「承認」をタップした場合です。

Instagram メッセージリクエスト

このようにメッセージリクエストに入るのは、「フォローしてないアカウント」からメッセージが送られてきた場合です。

つまり、あなたが相手にフォローされてない場合、相手にメッセージを送っても、それがメッセージリクエストに入ってしまうのです。

メッセージリクエストに入ったことで既読が付かないのは、以下のような原因が考えられます。

  1. 相手が気付いてない
  2. 相手がメッセージを承認してない
  3. 相手がメッセージを削除した
  4. 相手が無視するを選択した
  5. 相手にブロックされた

それぞれについて補足します。

相手が気付いてない可能性

メッセージリクエストに入った場合には、相手によってはそれを見ないという人もいるでしょう。

特に普段からたくさんのメッセージをもらっているような方だと、メッセージリクエストを確認することすら面倒でしていないという方もいるはずです。

芸能人やインフルエンサーにメッセージを送った場合、既読が付かないのは、他にもたくさんのメッセージが届きすぎていて、それを確認してないということが1つ考えられます。

相手がメッセージを承認しないと既読が付かない

Instagram メッセージリクエスト 承認

このメッセージリクエストでは、気付いてメッセージを閲覧したとしても「承認」を押してない場合には、既読が付きません。

相手が承認をせずに見終わった場合では、実際に相手がメッセージを読んだとしても、それに対して既読が付かないです。

相手がメッセージを削除した

Instagram メッセージリクエスト 承認

相手がメッセージを承認せずに削除してしまった場合にも、既読は付きません。

相手が「無視する」を選択した

相手がブロック⇒無視するを選択した場合にも既読は付きません。

参考:Instagramでメッセージリクエストを受信拒否する方法!相手にバレる?

相手がブロックした

相手が自分をブロックした場合も、既読は付きません。

ちなみにですが、ブロックされた場合には相手のプロフィールを見に行った際に「ユーザーが見つかりませんでした」と表示されるので確認することができます。

参考:instagramでブロックすると通知でバレる?相手に確認されてバレる可能性も調査

原因2:相手が非表示ワードを設定している場合

非表示ワードを相手が設定している場合には、そのキーワードが含まれていると「非表示のリクエスト」に入ってしまい、相手が見る可能性は少なくなります。

非表示のリクエストは、メッセージリクエストを表示した後に、更に「非表示のリクエスト」を確認しないと見ることができません。

Instagram 非表示のリクエスト

非表示のリクエストを表示すると、以下のように出てきます。この段階でも「メッセージが非表示になっています」となり、中身を見ることができません。

Instagram 非表示のリクエスト

非表示のリクエストのメッセージは以下のように表示されます。メッセージの部分を長押しすれば、中身を見ることはできますが、その段階では既読が付きません。既読が付くのは相手が承認をした場合のみです。

参考:Instagramで非表示のリクエストを見る方法!中身確認で既読が付く?

Instagram 非表示のリクエスト

 

このようになってしまうので、相手にとって不快に思うようなワードを避けてメッセージを送らないといけません。

非表示のリクエストにメッセージが入ってしまい、相手からの既読が付かない原因としては、以下のようなことが考えられます。

  1. 「非表示のリクエスト」に相手が気付いていない
  2. 相手がメッセージを承認してない
  3. 相手がメッセージを削除した
  4. 相手がメッセージを報告した

それぞれ補足します。

「非表示のリクエスト」に相手が気付いていない

人によっては非表示のリクエストをそもそも見ないとか、気づかないという人もいるでしょう。

相手がメッセージを承認してない

相手がメッセージを承認しない限りは、既読が付きません。

相手がメッセージを削除した

相手がメッセージを削除した場合にも、既読は付きません。

相手がメッセージを報告した

相手がメッセージを報告した場合にも、既読は付きません。

原因3:相手が「抑制」をオンにしている場合

相手が「抑制」機能をオンにしている場合、ある程度過激なキーワードが含まれてしまっていると、上述した「非表示のリクエスト」に入ってしまいます。

これは勝手にInstagram側で判断されてしまうので、あまり過激なワードを使わずにメッセージを送らないといけません。


自分のDMに気付いてもらう方法

気付いてもらう

自分のDMに気付いてもらう方法、既読を付けてもらう方法としては、以下のようなことに注意をしたり、以下のような手段を使うと比較的既読は付きやすいと思われます。

  1. 相手にフォローしてもらう
  2. 「メッセージを送ったので見てください」とコメントする
  3. 相手が「非表示ワード」に設定していそうなワードを使わない

※あまりにもしつこい場合には相手の迷惑になるのでやめましょう。

それぞれについて補足します。

相手にフォローしてもらう

まず相手に自分をフォローしてもらうことによって、自分が相手に送るメッセージが「非表示のリクエスト」に入らないようになります。

そうすることで、より見てもらえる可能性が高くなり、既読が付く可能性も高くなります。

一番良いのは相手にフォローしてもらうことですが、相手にも色々と事情があると思うので、フォローの強制はやめるようにしてください。

「メッセージを送ったので見てください」とコメントする

メッセージを見てもらえないのであれば、相手の投稿のコメント欄で「メッセージを送ったので見てください」とメッセージ閲覧を催促することも有効でしょう。

しかし、相手もあなたに対してメッセージを閲覧しなければいけないとか、返信しなければいけないという義務はありません。なので、既読を付けてくれないからといって相手に対して怒ったり、返信を強要するようなことはやめましょう。

相手が「非表示ワード」に設定していそうなワードを使わない

相手が非表示ワードに設定しているようなキーワードを使ってメッセージを送ってしまうと、自分の送ったメッセージは「非表示のリクエスト」に入ってしまいます。こうなってしまうと、見てもらえる可能性は非常に小さくなります。

ですから、相手が嫌がりそうなキーワードを避けるようにしてください。


まとめ

結局の所、相手がフォローしてないアカウントからメッセージが送られてきたら「メッセージリクエスト」に入ってしまいますし、過激なキーワードを使ってしまった場合は「非表示のリクエスト」に入ってしまいます。

こういった状況では相手にメッセージを送っても見てもらえる可能性は低くなります。特にたくさんのメッセージを普段からもらっているような芸能人やインフルエンサーであれば、メッセージリクエストをすべて確認することはできないでしょう。

■もっと詳しく調べる
instagramの仕様・使い方まとめ