Instagramアイコン

instagramを利用していて投稿が拡散されていくと、どうしても嫌な相手が出てくることが増えてきます。コメント欄で嫌なことを書いてきたりするので、そういった相手のコメントを見たくないとか、自分の投稿を見られたくないっていうことも多いでしょう。

しかし、嫌な相手をブロックすると、相手から報復を受けるのではないかというのが怖いですよね。

今回はinstagramで相手をブロックすると相手に通知があるのか?バレてしまうのか?どういった変化があるのかなどを調べてみましたので、それを本文にはまとめています。

記事は下に続きます。


LINE 未読スルー
LINE恋愛テク
LINE 誤送信
LINE通報
LINEブロック
オプチャ 利用規制
LINE浮気
ツイッター マウント

ブロックする方法

 手順 

  1. instagramで相手のプロフィールを表示する
  2. プロフィールの右上「…」をタップする
  3. メニューが表示されるので「ブロック」をタップ
  4. 以下のいずれかをチェックする
    1. ○○と、この人が新しいアカウント作成した場合それらをブロックする
    2. ○○をブロック
  5. チェックを入れたら「ブロック」をタップ
  6. 画面下部から「○○をブロックしました。ブロックした相手のプロフィールから、いつでもブロックを解除できます。」と表示されたらブロック完了

 画像解説 

言葉だけだと分かりづらいので、画像でも解説を加えます。

まず相手のプロフィール画面を表示してください。基本的には相手のアイコンをタップするとプロフィール画面が表示されます。

プロフィール画面では右上に「…」があるので、そちらをタップしてください。

instagram ブロック

続いてメニューが表示されますので「ブロック」をタップしてください。ブロックをタップすると、「〇〇をブロックしますか?」と出てきます。この中から「○○と、この人が新しいアカウント作成した場合それらをブロックする」もしくは「○○をブロック」のいずれかにチェックを入れます。

「○○と、この人が新しいアカウント作成した場合それらをブロックする」の方は、複数アカウントを簡単につくれるinstagramでは、ブロックされたとしても他のアカウントを作っていやがらせをしてくる人がいるために作られた機能です。

instagram ブロック

チェックを入れたら「ブロック」をタップしてください。そうすると画面下部から「○○をブロックしました」と表示されブロックできたことがわかります。

ブロック instagram

ブロックで起こる変化(相手側)

ブロックをされた相手側が、ブロックをした自分を見た時、どういった変化が起こるのかまとめてみました。

「ユーザーが見つかりませんでした」と表示される

instagram ブロック ユーザーが見つかりませんでした

上の画像は相手が自分にブロックされる前と、相手が自分にブロックされた後の画像です。

相手が自分のプロフィールを見に来ると、フォローボタンの部分が「ユーザーが見つかりませんでした」と表示されます。この点から相手はブロックされたか、もしくはアカウントを削除したのかななどと思うことになるでしょう。

しかし、自分のプロフィール画像が存在していることから、自分のアカウントはまだ存在していることが相手にわかり、自分にブロックされたことが相手にバレてしまうことになります。

「投稿がありません」と表示される

instagram ブロック 投稿がありません。

上の画像は相手が自分にブロックされる前と、相手が自分にブロックされた後の画像です。

相手が自分のプロフィールを見に来ると、本来表示されていた投稿が、ブロックされた後だと「投稿がありません」と表示されてしまい見ることができません。

この点から相手はブロックされたか、もしくは投稿を削除したのかなと思うことでしょう。

ストーリーが表示されなくなる

他にもストーリーももちろん表示されなくなってしまいます。

ただし、ストーリーの表示に関しては、自分が相手を「親しい友だちリスト」入れてない場合、ストーリーがそもそも表示されないことがあります。

というのもストーリーを投稿する際の公開範囲は、フォロワー全員に対してか、「親しい友だち」だけにするかなど選択できるようになっており、親しい友だちだけに公開されているものは見れないからです。

他にも特定の相手にのみストーリーを表示しないという設定もできます。

ここらへんは投稿者の設定によるので、ストーリーが表示されなくなったからといって、必ずしもブロックされたとバレるわけではありません。

新規スレッドを作成しDMが送れなくなる

instagram ブロック DM送れない

新規スレッドを作成して相手にDMを送ろうとすると「スレッドを作成できませんでした。何らかのエラーが発生しました。後ほどもう一度実行してください。」と表示されてしまいDMを送ることができなくなります。

既存スレッドでDMを送っても相手に届かない

instagram スレッドDM 届かない

既存のスレッドにてDMを相手に送ったとしてもそれが相手に届きません。

投稿にタグ付け(メンション)ができない

ブロックされてある程度時間が経過すると、投稿をする際にブロックをした人をタグ付けできなくなります。その際に「○○に一致する結果はありませんでした」と表示されます。この場合にはブロックされていると考えて間違いないです。

ただし、相手にブロックされてすぐだと相手にタグ付け・メンションなどができます。

また、「タグ付けの拒否」という設定も存在しており、タグ付ができないからという理由で自分にブロックされたと相手は断定することはできません。

ちなみにですが、タグ付けの拒否をしている場合、タグ付をしようとしても「タグ付けはできません」もしくはタグが反映されなくなります。

通知は届かない

自分が相手をブロックしたとしても、ブロックをしたという通知が届くわけではありません。そのため、相手は通知によってブロックされたことを直接的に知るということはないでしょう。

しかし、上述したように相手が自分のプロフィールページを見に来た場合、「ユーザーが見つかりませんでした」とかフォローボタンが表示されない点や投稿がありません。といった事からバレてしまうことになりjます。

まとめ

instagramではブロックをすることで、相手に自分のコンテンツを見られるのを防いだり、普段のコミュニケーションも制限することができます。

しかし、ブロックによって相手にバレてしまう危険性もあるため、注意が必要になっています。

どこでバレるかというと、相手に自分のプロフィールを見に来られた場合です。

相手をブロックすると、相手が自分のプロフィールを見に来た場合、「ユーザーが見つかりませんでした」と表示されます。しかし、プロフィール写真などから自分が存在していることは確かなので、ブロックしたことが相手にバレることになります。

関連記事:

instagramでブロック解除すると相手にバレる?通知はなしだがバレる可能性あり