フォロワー同士の会話

Twitterでフォロワー同士が馴れ合っているのを見てイライラしてしまう…という相談を受けることがあります。そういった時に、相手をブロックすることもできないし、どうしようと悩むことはあるはずです。SNSの繋がりとはいえども、やはりそう簡単にはブロックしたりはできません。

そんな時に試してもらいたいのは、相手をミュートにしたり、会話をミュートにする方法です。こういったことを活用すれば、フォロワー同士の会話や馴れ合いを見なくて済むようになります。

具体的にどのようにしてフォロワー同士の会話をミュートにするのか、その影響はどこまであるのか、相手にバレるのかについて本文にて詳しく解説を加えます。

記事は下に続きます。



LINE 未読スルー
LINE恋愛テク
LINE 誤送信
LINE通報
LINEブロック
オプチャ 利用規制
LINE浮気
ツイッター マウント

フォロワー同士の会話や馴れ合いがウザいという状況

ぼっち 疎外感

自分がフォローしている相手やフォロワーの会話はタイムラインに表示されます。

他にもリストを作っている場合に、特定の相手との会話ばかりが出てきてしまって、それが不快だと思ってイライラされることもあるでしょう。

特にクラスタなどに属しており、何らかの会話を繰り広げていると、段々とそのクラスタの中でオフ会などが開催されるようになってきます。

そうすると、より身内の会話というものが増えてきてしまい、そのオフ会に参加してない人からすれば知らない情報や身内同士の会話が増えてきてウザいと感じることも増えます。

疎外感を感じると人はどうしても自分を傷つけたくないために、他人に対して不快感を抱くこともあります。そういった時にはイライラして嫌な思いを抱え込んでしまう前に、以下の対処法を試してみてください。


対処方法

対処方法1:アカウントをミュートにする

アカウントをミュートにするという方法が有効です。

手順1:会話から「…」を選択する

Twitter ミュート

まずは会話の中からミュートにしたい相手のツイートを探して、右上にある「…」をタップしてください。

手順2:「○○さんをミュート」

Twitter ミュート

そして、メニューが表示されるので「○○さんをミュート」を選択します。

こうすることで相手をミュートすることができます。

ミュートにするとどうなる?

これをすることで、そのアカウントのツイートが自分から見ようとしない限り表示されなくなります。

ただし、ミュートにしてしまうと相手から自分に対してリプライがあったときにも見れなくなってしまいます。そうなると、相手を無視してしまうことにもなり、相手との関係性が悪化してしまいかねません。

そういったことを考慮すると、使う場合には普段からあまりやり取りをしない相手であればこの方法でも有効ですが、ある程度やり取りをしている相手なのであれば、相手をミュートにするのを避けたほうが良いでしょう。

対処方法2:会話をミュートにする

特定の会話がウザいというのであれば、会話をミュートにするのもおすすめです。

手順1:会話を拡大表示する

Twitter 会話をミュート

まず最初に特定の会話(スレッド)をタップして拡大表示してください。一覧の会話のどこでも良いのでタップしてツイートを拡大すればOKです。

手順2:「…」を選択

Twitter 会話をミュート

続いて、どのツイートでもいいのでミュートにしたい会話に含まれているツイートの右上にある「…」をタップします。

手順3:この会話をミュート

Twitter 会話をミュート

「この会話をミュート」を選択します。

手順4:ミュートにする

Twitter 会話をミュート

会話をミュートすると、この会話は通知されなくなります。と表示されるので「はい、ミュートします」をタップします。

以上で一覧の会話にかかわるツイートをミュートすることができます。これによって、それらの会話が通知されなくなります。

会話をミュートにしても相手にバレることはありません。

対処方法3:このツイートに興味がない

ツイートの右上にある「…」をタップした後に表示されるメニューから、「このツイートに興味がない」を選択することで、そのような関連ツイートが表示されなくなるようになります。

ただし、この場合にはすぐに反映されるというわけではありません。Twitter側のAIがある程度学習をしてからでないと、反映されないように思います。ですから、即効性を求めるのであれば、ミュートの方を選択してください。

参考:Twitter「このツイートに興味がない」は通知でバレる?機能の使い方と取消方法も

このツイートに興味がないを選択しても相手にバレることはありません。

対処方法4:自分向きではない

Twitterで返信に関して自分向きではないと評価することで、そのツイートが会話の中で表示されないようになってきます。しかし、こちらも即効性があるわけではないので、すぐに反映されてほしいのであればミュートを選択したほうが良いでしょう。

参考:Twitterの下矢印マークの意味とは?「自分向きではない」で相手に通知はなし

ちなみにですが、自分向きではないを選択しても相手にバレることはありません。


まとめ

フォロワー同士の馴れ合いや会話を見たくないというのであれば対処方法は4つあります。

  1. アカウントをミュートにする
  2. 会話をミュートにする
  3. このツイートに興味がないを選択する
  4. 自分向きではないを選択する

アカウントをミュートにする以外は相手にバレることはありません。しかし、アカウントをミュートにする場合には、相手からの通知が届かなくなるので、例えば相手から自分にリプライがあったとしても、それが表示されなくなります。そのことで相手から「おかしいな」と思われてバレる可能性があります。

そのことを考えると相手のアカウントをミュートにするというのはちょっとリスクがあります。

■もっと詳しく調べる
Twitterの仕様・使い方まとめ