NFTのプロフィール画像

Twitterでプロフィールページを開いた際に突如として出てくるようになった「NFTプロフィール画像について」というお知らせ。

こちらのお知らせをサクッと見ていると「暗号ウォレットとかトークン」というように書いているので、「怪しいとか詐欺なのでは?」なんて思ってしまう方もいるかもしれません。

今回の記事では

  • NFTプロフィール画像について
  • NFTで気をつけるべきこと
  • NFTの認証や設定

について現在わかっていることをまとめました。

日本はまだ未実装

※日本ではまだ実装されておらず、これから随時実装予定のようです。現在はまだアメリカなどの国で加入できるのみです。

Twitter NFTプロフィール画像

導入しようと思ってもこのように表示されます。

「エラー ご関心をお寄せいただきありがとうございます。お住まいの国では、今後Twitter Blueがご利用可能になる予定です。しばらくしてからもう一度ご確認ください。」

詳しい情報は本文にて記載します。

記事は下に続きます。



LINE 未読スルー
LINE恋愛テク
LINE 誤送信
LINE通報
LINEブロック
オプチャ 利用規制
LINE浮気
ツイッター マウント

NFTプロフィール画像とは?

Twitter NFTプロフィール画像

NFTプロフィール画像というのは、あなたが所有するNFTを六角形のプロフィール画像としてTwitterアカウントに表示させることができるというものです。

現在はサブスクリプションサービスとして提供されている「Twitter Blue」を利用するアカウント向けに提供されています。

ある意味、自分が所有しているデジタル資産を見せびらかすために利用するためのものです。

NFTとは?

NFTというのはNon-Fungible Token(非代替性トークン)の頭文字をとったものです。

ブロックチェーンに保存された所有証明書が付与されているデジタル資産のことです。

なぜNFTプロフィール画像を実装するのか

そもそもなぜNFTプロフィール画像を実装しようとしているのでしょうか?

これはおそらくですが、暗号資産をもっと世間一般に普及してもらいたいということなのだと思います。Twitterにはたくさんのインフルエンサーがいます。

その人達が自分の暗号資産をプロフィール画像に設定し、ツイートをする中で広めていくようなものになっていけば、勝手に暗号通貨が世間一般に浸透していくと考えているのでしょう。

こういった仕組みをTwitterで作り上げようとしているのではないでしょうか。

NFTプロフィール画像を設定するとどうなる?

NFTプロフィール画像を設定すると、NFTの公開暗号ウォレットアドレスとあなたのTwitterアカウントが紐付けられることになります。

それによって、あなたのTwitterアカウントがNFTの現在や過去の取引や保有資産と結び付けられることになるというもの。


NFT設定で気をつけるべきこと

詐欺

詐欺に気をつける

Twitterではユーザーに対してお金を出してもらうとか資金の提供を受けるといったことはしていないので、もし仮にNFT関連で「こちらのアドレスにお金を送金してください」みたいなものは、心当たりがあるもの以外はすべて詐欺だと思って大丈夫です。絶対に騙されないようにしてください。

プライベートキーやパスワードの漏洩に気をつける

また、Twitterが利用者にパスワードや秘密鍵などを要求することはありません。もし、そのような情報を要求されたとしても絶対に渡さないようにしてください。

そういった情報が漏れてしまうと、あなたのウォレットに保有されている資産が盗まれてしまう可能性があります。


NFTプロフィール画像の設定・認証方法

現在はまだ日本では実装されていません。現在はアメリカ、カナダ、オーストラリア、ニュージランドなどに限定されています。

そのため、設定方法や認証などの詳しいやり方は後ほど記事に加えます。

iOSのみ対応

ちなみにですが、AndroidではNFTプロフィール画像を設定できず、iOSユーザーのみとなっています。しかし、すべての端末利用のTwitterユーザーに表示されます。

NFTプロフィール画像を設定する方法

手順1:iOS版Twitterアプリにログインする

iOS版のTwitterアプリからのみ設定できます。

手順2:プロフィールページを開く

自分のプロフィールページを開いてください。

手順3:編集

自分のプロフィールの「編集」をタップしてください。

そして、プロフィール画像をタップしてください。

その後、「NFTを選択」をタップします。

手順4:ウォレットを接続

「ウォレットを接続」を選択します。

※日本版では現在ここまでしかできません。

手順5:認証リクエストメッセージに署名

 

手順6:対象ウォレットを関連付ける

 

手順7:プロフィール画像に設定する

まとめ

NFTプロフィール画像は、まだ日本には未実装ですが、今後実装されていく予定です。

Twitterの影響力を活用して、インフルエンサー達に暗号通貨を広めてもらおうという考えで導入されたものだと思われます。

ビットコインなどの価格は2021年に急激に上昇しましたが、それによって多くの注目を再び集めました。

今後はTwitterを通してインフルエンサーがどのNFTプロフィール画像に設定するかでの影響も、一般的にどの暗号通貨が浸透していくかに影響してきそうですね。

■もっと詳しく調べる
Twitterの仕様・使い方まとめ