鍵垢で晒される

Twitterでは相手が鍵アカウント(=非公開アカウント)である場合に、そのアカウントからリツイートもしくは引用ツイートやリツイートされても、誰が引用ツイートしたのか、リツイートしたのかこちら側から判断ができません。

そのため、相手がどういった目的で自分のツイートをRTしているのかがわからず、不快・怖い・気持ち悪いという感情を抱いてしまいます。中には晒し目的でRTしている人を鍵垢の中には見かけますからね。

管理人通常

一応、ものすごく時間がかかりますし特定できる可能性も低いのですが、調べる方法はあります。

■鍵垢RTの特定方法
Twitterで鍵垢にリツイートされても通知なし!誰にRTされたか特定する方法は?

今回は鍵アカウントの人にリツイートされた場合にどのように対処していけばいいのかと考えてみました。

記事は下に続きます。


LINE 未読スルー
LINE恋愛テク
LINE 誤送信
LINE通報
LINEブロック
オプチャ 利用規制
LINE浮気
ツイッター マウント

鍵アカウントのRTは自分から確認不可

ツイッター 鍵垢での晒

鍵アカウントからRTされた場合、相手が誰であるかを特定することは非常に難しいです。

1件の引用ツイートと表示されていたり、引用ツイートを表示してみて件数と表示数が合わないのは、大抵鍵アカウントからのRTが原因です。

(状況によってはリツイートを取り消した人がいた場合、その履歴としてRT件数がカウントされていることもあります。)

相手がフォロワー内の人であるならば、別アカウントでフォロワーをフォローしていき運良くフォローリクエストを受け入れてくれれば特定は可能です。

しかし、難しいのは相手がフォロワーでない場合です。そういった人は大抵非公開リストを使って監視をしていたり、偶然ツイートを見つけて晒したという可能性が高いです。

相手が何を言っているのかわからないだけに非常に気持ち悪いと感じる方が多い行為ですよね。

晒し目的が多い

鍵アカウントの方のツイート内容を見ていても、やはり晒し目的で引用RTをしていたり、RTしているケースは多々見かけます。

なので、鍵垢にリツイートをされたら、自分のツイートもその鍵アカウントのフォロワー達に晒されていて、悪口を言われてしまっている可能性は十分に考えられます。

自分の見えない所での悪口なので、言ってしまえば知らぬが仏、気にしなければ全く気にすることすらないことです。

対策としては晒し疑惑のツイートを削除

ツイートを削除

こういった場合の対策としては晒された疑惑のあるツイートに関しては削除してしまうことです。

そうすると、相手が鍵垢でリツイートをしていたとしても、そのリツイートが消されます。

引用RT(=引用ツイート)の場合には、キャッシュが残っているうちはツイート内容が見えますが、該当ツイートへアクセスすると「このツイートは削除されました。」と表示されます。

このツイートは削除されました。

また、キャッシュも消えた場合には「このツイートは表示できません。」といったように表示されます。

このツイートは表示できません。

■ネットストーカー行為対策
【Twitter】ストーカー相手からの粘着に鍵垢で逃げても、再度相手にアカウントを特定される原因

 

■まとめ記事
Twitterの仕様・使い方まとめ