LINE 利用することができません。

LINEアプリを開いたら突然「利用することができません。他の端末で同じアカウントを利用したため、この端末に保存された情報はすべて削除されます。」と表示された場合、誰かに乗っ取られたり、誰か別の人に別の端末からログインされたり、自分で間違って別の端末でログインしてしまった可能性があります。他にも稀ですが、LINEの不具合やエラーという可能性もあります。

非常に焦ると思いますが、今回の記事を参考にして落ち着いて対応してください。

LINE 利用することができません。

今回の記事では、LINEで「利用することができません」と表示された場合の原因と対処法について詳しく解説をしていきます。

記事は下に続きます。



LINE 未読スルー
LINE恋愛テク
LINE 誤送信
LINE通報
LINEブロック
オプチャ 利用規制
LINE浮気
ツイッター マウント



「利用することができません」の表示の仕組み

スマホ危険

LINEアカウントは1つのスマートフォン端末に1つのアカウントが対応するようになっています。

そのため、複数のスマートフォン端末で同一のアカウントにログインすることができません。別のスマートフォン端末でログインしようとすると、新しい端末の方に対応され、以前の端末でLINEアプリを開いても「利用することができません」とブラウンが焦っているイラストとともに表示されます。

ちなみにですが、スマートフォン端末に対して1対1で紐付けられているだけで、iPadやPCとは無関係です。そのため、スマートフォン端末にログインしているアカウントで、iPadやPCでログインをしても、スマートフォン端末の方で「利用することができません」とは表示されません。


「利用することができません」の原因と対処法

アプリのバージョン

原因としては主に3つあります。

  • 誰かにアカウントを乗っ取られた
  • 自分で間違って別のスマホ端末でログインしてしまった
  • LINEの不具合・エラー

それぞれ補足します。

誰かにアカウントを乗っ取られた

LINE 乗っ取り

最初に思いつくのが誰かにアカウントを乗っ取られたということでしょう。

乗っ取られた場合の確認方法や対処法についてはこちらの記事にまとめています。

参考:LINEの乗っ取り防止対策と乗っ取り確認方法!相手に返信は危険?

自分で間違って別のスマホ端末でログインしてしまった

別の端末

「利用することができません」の表示の仕組みで解説したように、自分で間違って別のスマホ端末でログインをしてしまった場合、それまで使っていたスマホ端末では利用することができなくなります。1つのスマホ端末に対して、1つのアカウントが紐付けられるようになっているからです。

もし再び以前のスマホ端末に戻したいのであれば、以前のスマホ端末でLINEをアンインストールした後に、再インストールしてください。

もしくは、「利用できません」と表示されていてしばらくの時間(数日くらい)が経過すると、再度ログインできる画面になっています。そこから再度ログインをしてください。

LINEの不具合・エラー

LINE

LINEの不具合エラーにより「利用することができません」と表示されることもあります。

2022年1月に発生した不具合 (Android)

例えば、2022年1月8日頃からAndroid版LINE11.21.3以降において、突然「利用することができません。他の端末で同じアカウントを、利用したためこの端末に保存された情報はすべて削除されます。」と表示されてしまう不具合が確認されています。

そのことに関しての解決策については、LINEの公式ヘルプにて以下のように記載されています。

LINEで発生している事象について(LINEバージョン11.21.3~)

Android版LINE11.21.3以降、突然「利用することができません。他の端末で同じアカウントを、利用したためこの端末に保存された情報はすべて削除されます。」と表示される問題を確認しており、現在修正を行っております。

該当の画面が表示された場合は、「確認(または削除)」ボタンを押さずにLINEアプリを終了し、再起動を行ってください。

出典元:確認できている症状について

確認ボタンを押さないようにと記載されている通りにしてください。


まとめ

LINEで「利用することができません」と表示された場合には、複数の原因が考えられます。

2022年1月8日時点ではAndroidで不具合が発生しました。そういった場合には、「確認ボタン」や「削除ボタン」を押さずに、LINEアプリを再起動するようにしてください。

他にも乗っ取りなどの可能性もあるので、慎重に判断して対応をしてください。