LINE アイコン

LINEでは「アカウント引き継ぎ」という設定項目があります。

LINE アカウント引き継ぎ

新しいスマホ端末を購入した際に、旧端末でこの設定をやり忘れてしまった…という方も多いのではないでしょうか。

私も過去にスマホを水没して使えなくなった状態で、新しいスマホ端末を購入した際に「アカウント引き継ぎやってないけど大丈夫かな?」って思ったことがあります。

今回は、LINEでアカウント引き継ぎの設定が必要となるケースはどういった時なのかについて詳しく解説をしていきます。

結論

結論を簡潔にまとめると、新端末と旧端末で電話番号が変わらない場合は、アカウント引き継ぎ設定を忘れても問題ありません。詳細は本文で解説します。

記事は下に続きます。



LINE 未読スルー
LINE恋愛テク
LINE 誤送信
LINE通報
LINEブロック
オプチャ 利用規制
LINE浮気
ツイッター マウント

アカウント引き継ぎが必要となるケース

アカウント引き継ぎが必要となるケースとしては、以下の2つのケースがあります。

  • LINEアカウントに登録済みの電話番号と異なる電話番号の端末に引き継ぎを行う場合
  • Facebookを利用してアカウントを引き継ぐ場合

それぞれについて補足します。

異なる電話番号の端末に引き継ぎを行う場合

端末を再起動する

異なる電話番号の端末にLINEアカウントを引き継ぐ場合には、「アカウント引き継ぎ」設定が必要となります。そうしないと、正常にアカウント引き継ぎができないことがあります。

Facebookを利用してアカウントを引き継ぐ場合

以前はFacebookを利用してLINEアカウント登録できた時代がありました。

今現在ではFacebookだけでLINEアカウント新規登録はできないのですが、Facebookだけの登録でアカウントを作成していた場合、アカウント引き継ぎ設定を行わないと新しい端末に情報を引き継げなくなります。

このように特殊なケースにおいては、アカウントの引き継ぎ設定を行ってから、新機種に移行しないといけません。


アカウント引き継ぎ設定方法

LINE

上に挙げたようにアカウント引き継ぎ設定が必要だった場合には、以下のようにしてアカウント引き継ぎ設定を行ってください。

手順

  1. LINEアプリを起動しホーム右上の「歯車アイコン」をタップ
  2. 「アカウント引き継ぎ」をタップ
  3. 「アカウントを引き継ぎ」をオンにする
    1. 引き継ぎをしない場合にはオンにしないようにしてください

以上のようにしてアカウント引き継ぎ設定をオンにすると、上述したような場合だとしても正常にアカウント引き継ぎが行われます。

こういった設定を行わずに、上述した2つの場合でアカウント引き継ぎを行ったら、以前のアカウントを使えないという状況にもなりえます。


アカウント引き継ぎ設定ができない場合

iPhone

アカウント引き継ぎができない場合には、電話番号を変更せずに新しいスマートフォンを購入して引き継ぎを行ってください。

電話番号を変更してのアカウント引き継ぎは、上で説明したアカウント引き継ぎ設定を行ってないとできません。

まとめ

LINEには「アカウント引き継ぎ」という設定があります。

この設定をせずにアカウント引き継ぎせざるを得ないという状況が稀に起こります。

管理人の場合には、以前使っていたiPhoneを水没してしまいスマホを動かせない状態になってしまいました。そのため、新しいiPhone13を購入した際にアカウント引き継ぎ設定を行わずに、アカウントを新機種に引き継ぎました。

それでも特に問題なくほとんどのデータが受け継がれたので良かったです。ちなみにですが、トーク履歴のバックアップは取得してなかったので、その点だけが受け継がれなかっただけで、過去のスタンプや着せかえ購入履歴、友だちなどのデータはすべて正常に受け継がれました。

アカウント引き継ぎをどうしてもできなかったという場合には、電話番号は変えずにアカウント引き継ぎを行ってください。