【解決】ツイッター「センシティブな内容が含まれている…」表示の解除方法!

ツイッターを使っていると「センシティブな内容が含まれている可能性があるツイートです。」と表示されてフォローしている相手のツイートを見れないことがあります。みんながそれに対していいねを押したりして反応しているのに自分だけ見れない!!

ツイッターに表示されている解決方法だと

表示するには、センシティブな内容のメディアに関する設定を変更します。これは、アカウントの「プライバシーとセキュリティ」設定の「セキュリティ」セクションにあります。 設定を変更

と出てきていますが、これをツイッターの公式アプリ内でやっても解決できないんですよね。これが原因で多くの人が困っているわけです。

では、どうすればいいのでしょうか?それを詳しく説明します。

記事は下に続きます。

LINEのKeepでタグ付け・削除・編集
LINE コンテンツ画像削除
LINE 動画保存
LINE LIVEフォト オフにする
LINE コンテンツ
LINE アルバム 保存
LINE KEEP

ツイッター公式アプリでは解決できない

ツイッター公式アプリに表示されている方法でセンシティブな内容を表示させたい場合、以下のようになります。

【注意】この方法では解決できません!

まずはツイッターに表示されているように「設定とプライバシー」をクリックします。

ツイッター センシティブ

そして、「プライバシーとセキュリティー」をクリックします。

ツイッター センシティブ

そこで「ツイートする画像/動画をセンシティブな内容を含むものとして設定する」にチェックを入れて、緑マークを表示させます。

ツイッター センシティブ

しかし!!これでは解決されてないんです。

解決するにはブラウザでログインする必要がある

では、どうすればいいのかというと、サファリなどのブラウザでログインをする必要があります。

まずは、センシティブな内容のツイートを表示させて、以下のように出てくる「設定を変更」をクリックします。

ツイッター センシティブ

もしくはパソコンでも可能です。

まずはブラウザでツイッターアカウントにログインをしてください。

ログインをしたら、アカウント設定をクリックして、表示される「設定とプライバシー」をクリックしてください。

ツイッター 設定

そして、「プライバシーとセキュリティ」をクリックします。

ツイッター 設定

そして、安全性の部分に「センシティブな内容を表示しない」という部分に初期状態ではチェックマークが入っています。このチェックマークを外してください。そして、変更を保存してください。

ツイッター 設定

以上でセンシティブな内容でも表示されるようになります。

まとめ

センシティブな内容を表示する方法はツイッターの公式アプリではできないように現状はなっています。そのため、ツイッター公式アプリで見ている場合でもブラウザのツイッターと同じ方法が記載されてしまっているので、みなさんが勘違いしてしまうという事態が起こっています。

この部分をなんとか改善してもらいたいですよね。

とりあえず、解決するには

パソコンでもスマホでもいいからアプリではなく、ブラウザでツイッターアカウントにログインをして操作する!

です。

公式アプリからの解決策は今の所ないので、iPhoneであればSafariなどのブラウザ、PCならGoogle ChromeやFirefoxなどのブラウザを利用してツイッターアカウントにログインをして操作して解決しましょう!