Twitter 予約投稿 バレる

Twitterでは事前に決められた時間にツイートをしてくれる予約投稿機能があります。予約投稿機能を使うと他の人から見るとバレてしまうのでしょうか?

今回はどうにかして見分けることができないかを調べてみました。

自分が他人の予約投稿機能の利用を見分けることができるのであれば、他人からも自分の予約投稿機能利用がバレるということなので。

詳しい内容は本文にまとめていきます。

記事は下に続きます。


LINE 未読スルー
LINE恋愛テク
LINE 誤送信
LINE通報
LINEブロック
オプチャ 利用規制
LINE浮気
ツイッター マウント

予約投稿がバレるのは普段と違うツイートソースラベル

ツイートソースラベルとは?

Twitter ツイートソースラベル

Twitterのツイートには、ツイートソースラベルがあります。

ツイートソースラベルとは、どこを経由してツイートをしたのかを表示してくれるもので、ツイートの上画像の赤枠部分から判断できます。

上の画像であれば、「Twitter Web App」や「Twitter for iPhone」と記載があり、それぞれウェブアプリ経由、iPhoneのTwitterアプリ経由であることがわかります。

ツイートソースラベルの種類

確認できているツイートソースラベルの種類には以下のようなものがあります。

Twitter Web App

Twitter Web App

ウェブアプリ経由での投稿。SafariやGoogle ChromeなどのブラウザからTwitterにログインをして投稿した場合は、このツイートソースラベルが付けられます。

Twitter for iPhone

Twitter for iPhone

iOS版Twitterアプリ経由での投稿。iPhoneからTwitter公式アプリ経由でツイートした場合に付けられるツイートソースラベルです。

Twitter for Android

Twitter for Android

Android版Twitterアプリ経由での投稿。AndroidからTwitter公式アプリ経由でツイートした場合に付けられるツイートソースラベルです。

Twitter for Advertisers.

Twitter for Advertisers.

Twitterの有料広告(プロモーション)経由の投稿。Twitterで有料広告を利用して行われた投稿に付けられるツイートソースラベルです。

Instagram

Instagram

instagram経由での投稿。instagramからTwitterと連携してinstagramに投稿した内容を自動でTwitterに投稿する機能を利用した場合に付けられるツイートソースラベルです。

twittbot.net

twittbot.net

twittbotというTwitterbotサービスを利用して行われた投稿。twittbotで自動投稿を行うと付けられるツイートソースラベルです。

参考⇒Twittbotの使い方!無料で出来るおすすめ詳細設定やつぶやき、時間指定の方法も

このように様々な種類があります。

普段と違うツイートソースラベルだとバレる可能性あり

では、どういった時に予約投稿がバレるのでしょうか?

一番よくあるパターンとしては、普段と違うツイートソースラベルでの投稿が行われた時です。

例えば、普段は「Twitter for iPhone」なのに突然「Twitter Web App」からの投稿が行われた場合、おかしいな?と思うわけです。

実際そこまで他人を観察している人なんてほぼほぼいないと思いますが、中には気付く人もいるでしょう。

iOS版Twitterアプリを使っているとバレやすい

特にiPhoneの場合は、iOS版Twitterアプリにまだ予約投稿機能が実装されていません。

参考⇒Twitterで予約投稿機能が表示されない原因と対処法(iPhone・Android・PC)

そのため、iOS版Twitterアプリを利用している人が予約投稿をしたいのであれば、ブラウザ版Twitterでログインをして投稿しないといけないわけです。

その際にブラウザからログインをして投稿することになるので、普段は「Twitter for iPhone」なのに突然「Twitter Web App」からの投稿に切り替わります。

このため、予約投稿なのかな?と思われる可能性があります。

Android版Twitterアプリだとバレにくい

逆にAndroid版Twitterアプリは予約投稿機能が実装されています。そのため、予約投稿をしたとしても普段と変わらない「Twitter for Android」というツイートソースラベルが付けられます。

このことからバレにくいと言えます。

他人の予約投稿を見分ける方法は

結局の所、先程紹介したように「ツイートソースラベル」を確認してみて、普段と違う投稿があれば、予約投稿である可能性が高いという判断ができます。

しかし、予約投稿以外の可能性は排除できません。

たとえば、普段はiPhoneで投稿をしていたけれど、夜は家に帰ってパソコンを使うからブラウザ版の「Twitter Web App」のツイートソースラベルが付くという方もいるでしょう。

こういった事があるので、確実に相手が予約投稿機能を使っているかどうかを確かめることはできません。

ただ、以下のような場合には予約投稿が濃厚といえるでしょう。

毎日決まった時刻に前後関係がおかしいツイート

毎日決まった時間帯に普段とは違うツイートがされているとか、前後のツイートから判断して明らかに違和感があるツイートがされている場合、予約投稿機能を使ってツイートしたのではないかという疑惑が深まります。

例えば、

  • PM8時56分 おなかすいたー
  • PM9時04分 今夜はダイエットでサラダのみ!
  • PM9時11分 今日は吉野家で一人飯でもするかな

みたいに明らかに前後の内容に矛盾が生じている場合、「PM9時04分 今夜はダイエットでサラダのみ!」のツイートは予約投稿をしたと考えて良いでしょう。

もちろん支離滅裂なツイートをしている人っていう可能性も否定はできませんが笑

その中でも毎日似たような時間帯に似たような投稿がされている場合には、予約投稿機能で一気に予約設定したツイートである可能性が高いです。

というのも、予約投稿をする際に日時までは設定すると思いますが、分まで設定するのって面倒くさいです。

そのため、明らかにおかしなツイートの「分」の部分がほぼ同一時刻帯である場合には、予約投稿が非常に濃厚と言えるでしょう。

普段と違うツイートソースラベル

iPhoneを使っている方に多いのですが、iPhoneでは現状予約投稿機能が実装されていません。

そのため普段のツイートは「Twitter for iPhone」なのに、予約投稿のツイートだけ「Twitter Web App」になるので、明らかにおかしいです。

特に前後で外出中などというツイートを「Twitter for iPhone」でしているのに、「Twitter Web App」からの投稿がされている場合にはおかしいと考えて良いでしょう。

なぜなら「Twitter Web App」はブラウザからツイッターにログインして投稿した場合やブラウザから予約投稿をした場合に表示されます。

iPhoneしか使えない外出中という環境で、わざわざブラウザ(Safariなど)からログインして使うっていう人は少ない上に、外出中にパソコンを普段開くような人でないならば、「Twitter Web App」からの投稿はほぼ予約投稿を使ったと考えて良いからです。

ツイートにリプライしても返信が遅い

ツイートにリプライをして普段は返信が早いのに、その時だけ遅いっていう場合には、本人がそれをそのときにツイートしてないという可能性が高まります。

ただし、もちろんですがツイートをしたあとにTwitterを見れなかったという可能性を否定できません。

そのため、この事から相手が予約投稿をしたと断定するのはできないですが、「毎日決まった時刻に前後関係がおかしいツイート」や「普段と違うツイートソースラベル」などと組み合わせてみることで、予約投稿かどうかが見極めやすくなってきます。

まとめ

本文で解説してきたように「確実に相手が予約投稿をしたかどうか」を判断することはできません。

そツイートソースラベルや普段のツイートの内容や前後の内容から判断をして、違和感があれば相手は予約投稿をしたのではないかと推測することしかできないわけです。

こういったことから、自分が予約投稿をしたとしても、他人にバレるっていうことはまずないです。ごまかそうと思えばごまかせます。

ただし疑惑をもたれることはあるので、前後のツイートにはしっかりと気を配りましょう。

■もっと詳しく調べる
Twitterの仕様・使い方まとめ