自分のツイート 検索

Twitterで自分のツイートだけを検索したい時には、Twitterに備えられた「高度な検索」ツールを利用したり、検索コマンドを利用することで対応できます。

基本的には高度な検索機能を使った方が楽でしょう。

今回の記事では、自分のツイートに絞って検索をしていく方法を説明していきます。

記事は下に続きます。



LINE 未読スルー
LINE恋愛テク
LINE 誤送信
LINE通報
LINEブロック
オプチャ 利用規制
LINE浮気
ツイッター マウント

高度な検索を利用して絞り込む

Twitterでは、公式に「高度な検索」を使えるようになっています。

使い方は、以下の通りです。

手順1:キーワード検索をする

Twitter 高度な検索

まずとりあえず何らかのキーワードで検索をしてください。

手順2:高度な検索を開く

Twitter 高度な検索

検索結果の右上に、「…」があるので、そちらをクリック。

Twitter 高度な検索

そして、「高度な検索」を選択します。

手順3:高度な検索を活用する

高度な検索としては以下のような機能が使えます。

  • 特定のキーワードをすべて含む
  • 特定のキーワード全体を含む
  • 特定のキーワードいずれかを含む
  • 特定のキーワードを含まない
  • 特定のハッシュタグを含む
  • 言語を指定する
  • 特定のアカウントが送信したツイートを表示
  • 特定のアカウントに宛てた返信のみを表示
  • 特定のアカウントへのメンションツイートを表示
  • フィルター
    • 返信と元のツイートを含むかどうか
    • 返信のみを表示するかどうか
    • リンクを含むツイートを含めるかどうか
    • リンクを含むツイートのみを表示するかどうか
  • 返信の最小件数で絞り込む
  • いいねの最小件数で絞り込む
  • リツイートの最小件数で絞り込む
  • 日付で絞り込む

これらで絞り込み条件を選択したら、右上の「検索」をクリックすれば、検索結果が表示されます。

ちなみにですが、これらの高度な検索は、以下のような検索コマンドを使っても代用できます。


自分のツイートだけを検索表示する検索コマンド

自分のツイートだけを検索表示させたい場合には、

「from:自分のユーザー名」

というコマンドを利用します。

ユーザー名の確認方法

Twitter ユーザー名 どこ

ユーザー名は上のようにプロフィールページを開き、赤枠部分から確認が可能です。

「@」から始まっているところがユーザー名です。

ユーザー名を使って検索をする

実際にユーザー名を使って検索をする際には、「@」以降の英数字記号の部分のみを用います。

例えば、@twi_B0Tというユーザー名の場合には、「from:twi_B0T」というように@を除外して検索をします。

検索を試してみる

実際に検索をしてみましょう。

from:twi_B0T

と検索窓に入力をしてTwitter検索を行うと、検索結果に自分のツイートだけが表示されます。

Twitter 検索コマンド

条件で絞り込みをするための検索コマンド

しかし、普段からたくさんのツイートをしている場合には、何らかの条件で抽出したいはずです。

その場合には、別の検索コマンドも併用することで、より自分が探したいツイートを見つけることができます。

  • 特定キーワードを含んだツイート
    • from:自分のユーザー名 検索キーワード
  • 特定キーワードを含んでないツイート
    • from:自分のユーザー名 -除外キーワード
  • キーワードが完全一致しているツイート
    • from:自分のユーザー名 “検索キーワード”
  • 最低○回以上いいねをもらったツイート
    • from:自分のユーザー名 min_faves:数値
  • 最低○回以上RTをもらったツイート
    • from:自分のユーザー名 min_retweets:数値
  • 最低○回以上リプライをもらったツイート
    • from:自分のユーザー名 min_replies:数値
  • 期間で絞り込みをする
    • from:自分のユーザー名 since:2022-01-01
    • from:自分のユーザー名 until:2022-01-01
    • from:自分のユーザー名 since:2021-09-01 until:2022-01-01

自分のツイートを効率良く絞り込むための応用検索コマンド

応用として紹介した検索コマンドをより詳しく解説します。

特定のキーワードで絞り込みをする

1つだけ検索キーワードを指定する

特定のキーワードを含んだツイートだけを表示したい場合には、

「from:自分のユーザー名 検索キーワード」

として検索をします。

ユーザー名と検索キーワードの間は、半角スペースを空けてください。

例えば、自分のツイートの中から「アカウント」というキーワードを含んだツイートだけを表示したい場合、「from:自分のユーザー名 アカウント」というように検索をします。

実際に試してみます。

Twitter 検索コマンド

以上のように、アカウントで指定すると、アカウントを含んだツイートのみが表示されます。

複数の検索キーワードを指定する

さらに複数のキーワードで絞り込みをしたい場合、検索キーワード間を半角スペースで空けて

「from:自分のユーザー名 検索キーワード1 検索キーワード2 検索キーワード3 …」

というように入力してください。

それぞれのキーワードはAND検索となります。

つまり、検索キーワード1、検索キーワード2、検索キーワード3で指定したキーワードをすべて含むツイートだけが表示されるようになっています。

例:「from:twi_B0T アカウント 非公開」

Twitter 自分のツイートを検索

例:「from:twi_B0T アカウント 非公開 フォロワー」

Twitter 自分のツイートを検索

以上のように、複数キーワードを指定した場合には、それらすべてを含むツイートだけを抽出することができます。

特定のキーワードを除外して絞り込みをする

逆に特定のキーワードを除外したい場合には、キーワードの前に「-」を入力します。

「from:自分のユーザー名 -除外キーワード」

というように入力します。

実際に試してみます。

例:from:twi_B0T -アカウント

Twitter 自分のツイートを検索

こうすることで、アカウントというキーワードが含まれてないツイートだけが表示されます。

完全一致キーワードで絞り込みをする

完全一致キーワードで絞り込みをするには、検索キーワードを””で囲みます。つまり、”検索キーワード”というように使います。

「from:自分のユーザー名 “検索キーワード”」

といように利用すればいいわけです。

完全一致で検索する必要性について

なぜこのように検索をしないといけない場合があるのでしょうか?

キーワードによっては、完全一致していないツイートが表示されることもあります。

例えば、「非公開アカウント」というキーワードで検索をした場合、ツイートが

非公開にしたら、アカウントは鍵アカになるわけなので…」

といったように、離れてキーワードが使われている場合も表示されてしまいます。

なぜこのようになってしまうかは、検索キーワードは単語で区切られてAND検索されるからだと思われます。

この点に関して実験したことをより詳しく知りたい場合には、こちらも記事の「単語で区切らないように検索避け文字を入れて調べる」の部分を参考にしてください。

参考:Twitterで検索避けできる文字は?アルファベットや特殊文字等を実験してみた。

実際に試してみます。

例:from:twi_B0T “非公開アカウント”

自分のツイートを検索する

 

人気ツイートだけに絞り込みをする

人気ツイートのみを抽出したい場合には「min_faves:数値」・「min_retweets:数値」を利用します。

  • 最低○回以上いいねをもらったツイート
    • from:自分のユーザー名 min_faves:数値
  • 最低○回以上RTをもらったツイート
    • from:自分のユーザー名 min_retweets:数値
  • 最低○回以上リプライをもらったツイート
    • from:自分のユーザー名 min_replies:数値

期間で絞り込みをする

期間で絞り込みをしたい場合には、「since」・[until」を使います。

  • ○日以降のツイートのみを表示したい場合
    • from:自分のユーザー名 since:2022-01-01
  • ○日以前のツイートのみを表示したい場合
    • from:自分のユーザー名 until:2022-01-01
  • ○日以降から○日以前のツイートのみを表示したい場合
    • from:自分のユーザー名 since:2021-09-01 until:2022-01-01

このように使っていきます。

例:from:twi_B0T since:2021-09-01 until:2022-01-01

Twitter検索 期間絞り込み

指定した期間内のツイートのみが表示されます。

まとめ

Twitterでは自分のツイートを検索することができます。

基本的には最初に紹介した「高度な検索」を利用すると良いです。

慣れてきたら、検索コマンドを使っても良いでしょう。

■もっと詳しく調べる
Twitterの仕様・使い方まとめ