Twitterアイコン

Twitterで「スパブロ」と呼ばれる行為を聞いたことがあるでしょうか。スパブロとは、「スパム報告+ブロック」の各キーワードの略語で、スパブロと呼ばれています。

スパム報告をした後に、ブロックをすることで、相手のアカウントを凍結したい時に使われているようです。しかし、実際のところ、スパブロを1人や2人がしたところでそう簡単には凍結されません。

今回の記事では、スパブロについて調べた内容等を詳しくまとめています。

記事は下に続きます。



LINE 未読スルー
LINE恋愛テク
LINE 誤送信
LINE通報
LINEブロック
オプチャ 利用規制
LINE浮気
ツイッター マウント



「スパブロ」とは?

スパム報告+ブロック

Twitterのスパブロとは、「スパム報告」と「ブロック」のいずれも実行する行為のことを指します。

スパム報告をした後に、ブロックをして、相手から自分が検索されないようにすること、見られないようにすることだけでなく、相手とTwitter社に通報することで凍結させる目的もあります。

相手を凍結させることが主目的

スパブロをする人の目的としては、相手のアカウントを凍結させたいときに利用されているようです。

ただし、相手のアカウントが凍結されるかどうかは、そのアカウントが本当にTwitterの利用規約に反していたり、法的に違法な行為をしているなどでないと効果がありません。

あくまでもTwitter社による発見が早まる程度で、報告をしたからといって、相手を凍結させられるというわけではないので注意してください。


スパブロのやり方

LINEトーク

では、具体的にどうやってスパブロをするのかについて解説します。スパブロをする場合には、最初にスパム報告、その後にブロックをすると良いでしょう。

ですので、スパム報告をする方法⇒ブロックをする方法という流れで説明します。

スパム報告をする

相手アカウントを通報する方法詳細はこちら
Twitterで通報(ツイートを報告)するとバレる?通知や相手の凍結について

一応、こちらの記事にもスパブロのやり方として具体例を記載します。

まず相手のツイートの横にある「︙」をタップします。(※相手のプロフィールページからも通報は可能です。)そして、「ツイートを報告する」を選択してください。

Twitter スパブロ

 

続いて「このツイートについて、問題の詳細をお知らせください。」と表示されます。

内容は以下のものがあります。

  • 内容に興味がない
  • 不審な内容またはスパムである
  • センシティブな画像または動画を表示している
  • 不適切または攻撃的な内容を含んでいる
  • 自傷行為や自殺の意思をほのめかしている

今回はスパム報告なので、「不審な内容またはスパムである」として報告します。

Twitter スパブロ

 

そうすると「このツイートが不審または拡散スパムである理由をお知らせください。」と表示されるので、以下から適切なものを選択してください。

  • 偽物のアカウントがツイートしています
  • 有害なサイト、悪意のあるサイト、またはフィッシングサイトへのリンクが含まれている可能性があります
  • 無関係なハッシュタグが含まれているようです
  • 返信機能を使ってスパム行為をしています
  • その他の内容です

選択をすると報告が完了します。

ブロックをする

スパム報告をした後にブロックをする場合には、画面に「@XXXXさんをブロック」が表示されます。そちらからブロックをすればOKです。

Twitter スパブロ

ちなみにですが、ブロックすると相手が自分のアカウントのプロフィールページを表示した際にバレます。

表示されている内容は「@XXXさんはあなたをブロックしました。@XXXさんにブロックされているため@XXXさんのツイートを表示できません。」です。

Twitter スパブロ

これによりバレる可能性があります。

 


スパブロをすると相手にバレるか

通報

スパブロをすることで相手にバレる可能性はあるでしょうか。

スパム報告はバレない

まずスパム報告に関しては基本的に相手にバレません。

バレる可能性があるのはDMCA通報だけです。

ただ、今回の場合はスパム通報だけなのでバレる可能性はないです。

参考:Twitterで通報(ツイートを報告)するとバレる?通知や相手の凍結について

ブロックはバレる可能性あり

ブロックに関しては相手にバレる可能性があります。この点は先程も解説しましたが、以下の画像のように表示されてしまうことで、相手が自分のプロフィールページを見に来た際にバレます。

そして、別アカウントに対してはブロックの効果はないので、別アカウントからあなたに対して攻撃をしかけてくるなどはありえます。

ですから、スパム報告をすることに関してはバレるリスクはないのですが、ブロックすることに関してはリスクがあります。

スパブロで凍結できる?

Twitter 凍結

スパブロによって相手を凍結できるかどうかは、かなり複雑な要素が絡みます。

基本的に以下のような点が考慮されると考えられます。

  • 相手アカウントの影響力
  • 相手アカウントの行為の悪質度合い
  • 通報の数

それぞれについて補足します。

相手アカウントの影響力

まず相手のアカウントの影響力に左右されます。

基本的にフォロワーが多いほど、多くの人からブロックされやすく、そして通報されやすくなります。たくさんのフォロワーがいるほど、中にはアンチが存在する確率が高くなるからです。

つまり、フォロワーが多いほど凍結されづらくなります。とはいえ、フォロワーが多いと良いというわけではありません。フォロー:フォロワーの比が重要ではないかと言われています。

例えば、

フォローが10000人、フォロワーが10000人のアカウントA

フォローが10人、フォロワーが10000人のアカウントB

があるとしたら、凍結されやすいのはアカウントAです。

アカウントBはたくさんの人からフォローしなくてもフォローされる影響力の高いアカウントだと判断されやすいです。

他にも、普段のツイートで、いいねがたくさんあるとかリツイートがたくさんあるという内容も大切になってくるでしょう。

たくさんリツイートされるということは、Twitter社の広告にも良い影響を与えるアカウントだと判断されるため、そう簡単には凍結したくないアカウントのはずだからです。

このように、相手のアカウントの影響力はかなり大切な要素だと考えられます。

相手アカウントの行為の悪質度合い

相手のアカウントの行為の悪質度合いによっても影響されます。

例えば、人によって不快に思うかどうかが異なるような差別発言では、凍結される可能性はほぼないです。人には言論の自由があるからです。人によって判断が異なる内容で通報されたくらいでは効果がありません。

そうではなく、Twitterの利用規約に明らかに反すると誰もが言えるツイートや行為、法律に違反していると誰もが言えるツイートや行為に関しては、その限りではありません。

特に法律に反する内容に関しては即座にアカウント凍結・削除される可能性があります。

このように、悪質度が見られていると考えられます。

通報の数

さらには通報の数も大切です。

しかし、ここで大切なのは、相手のアカウントの影響力との兼ね合いです。

相手のアカウントの影響力が強い場合、10人とかその程度の通報では効果がないと言えます。しかし、相手が作ったばかりのアカウントだとか、フォロワー数が少ないようなアカウントの場合には、10人くらいの通報でも凍結される可能性があります。

他にも通報者のアカウントの影響力も重要ではないかと考えられます。

以上のように通報の数は大切ですが、相手のアカウントの影響力との兼ね合いで、どれくらいの数で凍結されるかが異なります。もちろん、相手の行為の悪質度合いにも左右されます。

まとめ

Twitterのスパブロとは、スパム報告をした後にブロックをする行為のことを指します。

基本的には相手のアカウントを凍結したいとか、ツイッター社や警察によって動いてほしいなどのときに利用されるものです。

相手にバレる可能性はあります。スパム報告ではばれないのですが、ブロックした場合にはバレてしまいます。

相手からの報復が怖いのであれば、スパム報告にとどめておくのが良いでしょう。

■もっと詳しく調べる
Twitterの仕様や使い方まとめ