Twitterアイコン

Twitterアカウントを利用して認証などをすることができるサイトが増えており、その際にTwitterアカウントを使っていると気づいたら様々なサイトと連携していることがあります。

ただ、中には悪質なサイトなどもあり、そういったサイトと連携してしまっていると、勝手にツイートを投稿されたりするといったスパム行為をされてしまうことも…。

今回の記事では

  • 連携アプリの確認方法
  • 連携アプリの解除方法
  • 連携アプリのアクセス権

について詳しくまとめていきます。

記事は下に続きます。



LINE 未読スルー
LINE恋愛テク
LINE 誤送信
LINE通報
LINEブロック
オプチャ 利用規制
LINE浮気
ツイッター マウント



連携アプリを確認する

連携アプリを確認するには以下のようにします。

まずはTwitterアプリを開き、「設定とプライバシー」をタップして設定を開きます。設定にて「セキュリティとアカウントアクセス」をタップします。

Twitter 連携アプリの確認方法

 

セキュリティとアカウントアクセスのページで「アプリとセッション」をタップしてください。そうすると、アカウントと連携しているアプリが表示されます。以下の画像では、提供元がApple社のTwitterのiOSとの連携をしていることがわかります。より詳しく内容を確認するには、その連携アプリ名をタップしてください。

Twitter 連携アプリの確認方法

 

表示される内容から確認してもらいたいことは、

  • どこの会社(開発者)のものなのか
  • いつ連携したものなのか
  • アクセス権
    • 読み取りに関してはまだよいのですが、書き込みやダイレクトメッセージと記載されていたらちょっと注意が必要(詳しくは後述)

の辺りです。

 

Twitter 連携アプリの確認方法

アクセス権に関しては後述します。


連携アプリを解除する

必要ないと思った連携アプリは解除しておくことをおすすめします。

連携アプリを解除するには、「アプリの許可を取り消す」の部分をタップするだけです。

Twitter 連携アプリ解除

これも詳しくは後述しますが、このiOSのTwitterアプリとの連携を解除してしまうと、Twitterアプリからログアウトされてしまいます。再度ログインする必要が出てきて面倒なので、こちらの連携アプリは解除しないほうが良いです。


解除すべきでない連動アプリ

Twitter 連携アプリ

先ほども解説したように、上の連携アプリ「Twitter iOS」は解除しない方が良いです。

こういったアプリを解除してしまうと、「アプリの許可を取り消す」をタップしてしまった時点で、Twitterアプリから、そのアカウントがログアウトされてしまいます。

再度Twitterアプリで利用したい場合には、ログインしてアプリとの認証を求められるので手間がかかります。

Twitterアプリを利用してTwitterをやっていきたいのであれば、上のアプリとは連携解除しないことをおすすめします。

アクセス権と注意点

アクセス権として、相手のアプリ側に与えられる権限については以下の5つに分けられます。

  • 読み取り
  • 書き込み
  • ダイレクトメッセージ
  • メールアドレス
  • Twitter広告

読み取りに関しては問題ないですが、書き込みやダイレクトメッセージ、メールアドレスと記載されているのであれば連携に注意が必要です。

確認方法

これらは各連携アプリを確認した際に、以下の部分で確認できます。以下のアプリであれば、読み取りと書き込みの権限が与えられているのがわかります。

Twitter 連携アプリ アクセス権

具体的にどういった権限を相手に与えているのかを解説します。

読み取り

アクセス権に読み取りと記載されているアプリには、あなたのTwitterアカウントに対する以下のような読み取り権限が与えられます。

  • プロフィール情報
    • 名前、場所、説明、プロフィール画像、ヘッダー画像などのプロフィール情報を見ることができる
    • ただし、メールアドレスや電話番号は見ることができない
  • ツイート
    • ツイートを見ることができる
    • 非公開ツイートも見ることができる
    • ツイートの閲覧回数やみんなの反応といった詳細も見ることができる
  • アカウント設定
    • 表示言語やタイムゾーンなどの設定を見ることができる
  • リスト
    • 使っているリストを見ることができる

以上のように、かなり多くの権限が与えられていますが、単純に見ることができるだけです。これだけならハッキングされる心配はないと言えます。

書き込み

アクセス権に書き込みと記載されているアプリには、あなたのTwitterアカウントに対する以下のような書き込み権限が与えられます。

  • プロフィール情報
    • 勝手にプロフィール情報を更新できる
  • ツイート
    • 勝手にツイートやメディアの投稿、ツイートの削除、他のアカウントへの反応(いいね、いいね取消、返信、リツイートなど)をすることができる
  • アカウント設定
    • 勝手にアカウント設定管理ができる
  • リスト
    • 勝手にリスト作成・管理・削除ができる

このように書き込みの権限は、あなたに代わって色んな事ができてしまいます。ですから、結構危険です。特に有名企業とかでない個人が開発したアプリに対して書き込み権限を与えるのは危険と言えるでしょう。

ダイレクトメッセージ

アクセス権にダイレクトメッセージと記載されているアプリには、あなたのTwitterアカウントに対する以下のような権限が与えられます。

  • ダイレクトメッセージの送信
  • ダイレクトメッセージの閲覧
  • ダイレクトメッセージの管理
  • ダイレクトメッセージの削除

ダイレクトメッセージが詳しく見られてしまうので、秘密のやり取りもしてはいけませんね。

メールアドレス

アプリによってはTwitterアカウントに登録されているメールアドレスの閲覧権限を求めるものもあります。

Twitter広告

Twitter広告を利用している場合には、アプリによって以下のことまで求められることもあります。

  • アナリティクスの情報へのアクセス権限
  • 広告キャンペーンとアカウントの管理

まとめ

今回の記事では、連携アプリの確認と解除方法を解説しました。

連携アプリ経由で勝手にツイートされて炎上するっていうことがよく起こります。もちろん、本人が間違ってというのもあるのだと思いますが、連携アプリに「書き込み」といった権限を与えてしまっていると、勝手にツイートされたり、リプライを付けたりされるので注意してください。

■もっと詳しく調べる
Twitterの仕様・使い方まとめ