Twitterアカウント ロックされた

Twitterを利用していて「安全のため、あなたのtwitterアカウントはロックされました。」というメールが届いた場合には、まず最初に疑うべきなのはそのメールが本当にTwitterから届いたものかどうかです。

最近は詐欺業者がスパムメールを送って、あなたの個人情報を抜こうとしてくることもあるので、最初に絶対にTwitter社からのメールなのかをチェックしてください。

「Twitterのアカウントくらい乗っ取られてもいいや…」なんて思う人もいるかもしれませんが、そこで使われているIDやパスワード、メールアドレスなどを別のサービスのログインに利用すれば、同じIDやパスワード、メールアドレスを使いまわしている場合、更に色んな情報が抜かれてしまうことにもなりかねません。

チェック方法と対処方法は以下の本文にて紹介しています。

送られてきたメール全文

まずは送られてきたメール全文をお見せします。

Twitter社からのメール

(Twitterアカウント名)さん、

Twitterと関係ないサービスやウェブサイトによって、このアカウントは乗っ取られています。
アカウントの安全のために、@TwitterIDさん のアカウントをロックしました。再ログインするためにはパスワードを変更してください。

パスワードをリセット

Twitterからのメールかどうかを知る方法
メール内のリンクが「https://」ではじまり、twitter.com.が含まれていることをご確認ください。ブラウザのアドレスバーにカギのアイコンが表示されていればそのサイトは安全です。

ヘルプ | 私のアカウントではありません | メールを安全に利用するために

こちらのメールを見ると、「Twitterからのメールかどうかを知る方法」が記載されています。メール内のリンク先のURLに「twitter.com」が含まれていればOKとのことです。

しかし、実際にリンクをクリックして確かめるのは危険性が伴います。クリックするだけでウイルスに感染するなどの手口もあるので安易にクリックするのではなく、以下のようにメールアドレスから判断してください。

重要:メールアドレスを確認する

Twitter社から送られてきたメール

まず最初に送られてきたメールアドレスを確認してください。管理人の場合、送られてきたメールアドレスはpassword@twitter.comでした。こちらが正しいものです。(時期により多少異なるかもしれません。)

おそらく犯人グループは適当なドメインを取得してメールアドレスを作ってくると思われますが、「twitter@twitter数字.net」などような形式で取得してくる可能性が高いです。似せたドメインを取得はできるので、似たように見えてもちゃんと確認してください。

もし、メールアドレスの確認に自信がない…というのであれば、今回アカウントロックがなされてしまったアカウントに直接アクセスをしてみましょう。

そして、「セキュリティ上の理由により、アカウントはロックされています」の表示を確認できれば、本当にアカウントロックが実施されたんだなとわかります。アカウントロックがされている場合には、そのまま「パスワードの変更をする」で対応していきましょう。

対処方法:パスワードをリセットする

パスワードをリセットするには、先程説明したように

  • 届いたメールから直接リセットする方法
  • 該当アカウントにアクセスをしてパスワードリセットをする方法

の2通りがあります。

届いたメールから直接リセットする

パスワードリセット

届いたメールから直接リセットをする場合には、先程も言ったように送られてきたメール送信元をしっかりと確認の上、パスワードをリセットしてください。

何度もしつこいですが、乗っ取られたからという理由を付けて詐欺業者があなたの個人情報を抜き取りに来る可能性だってありえます。

実際に正しいTwitter社から届いたメールだと確認ができたとして、パスワードリセットを行っていきます。

パスワードのリセットを実行すると、次のように「パスワードのリセット」のメールが届きます。

Twitter パスワードリセット

パスワードをリセットしますか?
ご利用のTwitterアカウント「 @TwitterID」のパスワードをリセットするには以下のボタンをクリックしてください。パスワードのリセットにお心当たりが無い場合はこのメールを無視してください。
パスワードをリセット
パスワードリセットメールが大量に届いている場合
パスワードリセット時に個人的な情報を求めるようにアカウント設定変更することができます。
Twitterからのメールかどうかを知る方法
メール内のリンクが「https://」ではじまり、twitter.com.が含まれていることをご確認ください。ブラウザのアドレスバーにカギのアイコンが表示されていればそのサイトは安全です。

そちらからパスワードのリセットを実施してください。

該当アカウントにアクセスをしてパスワードリセットをする

また、届いたメールアドレスの確認方法に自信がないというのであれば、該当アカウントに直接アクセスをしてみてください。

これまでログインをしていたのであれば、「セキュリティ上の理由により、アカウントはロックされています」といった表示がなされているはずです。

もしくは、ログインしてない状態だったのであれば、その該当アカウントを検索で探してみましょう。登録時に利用した情報が揃えば、パスワードのリセットを実行することができます。

ロック解除後に

ロックを解除したら場合によっては、アカウントのフォロー、フォロワーの人数表示がおかしくなっていることがあります。

参考;Twitterでロック解除したらフォロー数・フォロワー数が0に!復元・もとに戻すには?

こうなっても焦ることなく時間が経てば元通りになるので安心してください。

ロックされた原因

管理人の場合ですが、ロックされた原因としては乗っ取りではなく、登録していた電話番号を削除して使っていたからでした。

もちろん、電話番号を登録してない状態でもTwitterは利用できるのですが、ある程度使いこなしてからでないと電話番号の登録を求められます。

個人的にはあまり電話番号を登録したくないというのがあり、Twitterには電話番号を登録していません。というのも、Twitter社から個人情報が漏れたら怖いなというのもあり、できる限り登録はしたくないからです。

個人情報ってほどではないのですが、鍵付きリストが公開されてしまって色々とトラブルになったという過去のTwitterがやらかした事例もありますし、Twitterに個人情報を登録しておくのはちょっと不安だなと思います。