Twitterアイコン

TwitterのDMにて「今後、この方にダイレクトメッセージを送ることはできません。」と表示された場合、原因としては何が考えられるのかを調べてみました。

原因としては

  • 相手がフォロワーではない
  • 相手にブロックされている
  • 相手をブロックしている

ことが考えられます。

実際にこれらの条件にてDMが送れなくなるのかを確認してみた状況を記事本文に掲載しています。

記事は下に続きます。

LINE 未読スルー
LINE恋愛テク
LINE 誤送信
LINE通報
LINEブロック
オプチャ 利用規制
LINE浮気
ツイッター マウント

DMが送れない原因

「今後、この方にダイレクトメッセージを送ることはできません。」と表示されることでDMが送れない場合としては、実験してみた結果、以下の3つとなりました。

  • 相手がフォロワーではない
  • 相手にブロックされている
  • 相手をブロックしている

他にもあるかもしれないので、もし情報をお持ちの方はコメント欄などで情報を提供していただけると助かります。

相手がフォロワーでない

まずこちらが途中から相手にフォローを外された場合=相手が自分のフォロワーではなくなった場合の状況画像です。

Twitter DM

相手がフォロワーだった時には普通にDMができたのですが、フォロワーではなくなったら、「今後、この方にダイレクトメッセージを送ることはできません。」と表示されてしまいDMが送れなくなります。

しかし、ここで相手がフォローをしてくれた場合には以下のようになります。

Twitter DM

この事からTwitterのDMはフォロワーでない相手にはDMが送れないようになり、「今後、この方にダイレクトメッセージを送ることはできません。」と表示されてしまうことがわかります。

相手にブロックされている

相手にブロックされている場合にもDMが送れなくなります。実際に以下の画像がそれを試してみた画像です。※タップすると拡大します。

TwitterDM ブロック

左の画像がまだ相手にブロックされてない状態で、真ん中の画像が相手が自分をブロックした行為、そして右の画像が相手にブロックされた後にDMが送れなくなっている状態の画像です。

この事からも相手にブロックされてしまうと「今後、この方にダイレクトメッセージを送ることはできません。」と表示されてしまい、DMを送ることができなくなります。

相手をブロックしている

そして、自分が相手をブロックした場合にも同様です。

Twitter DM 相手をブロック

考えれば当然のことかもしれませんが、相手をブロックした場合には相手にDMを送れなくなりますし、その際に「今後、この方にダイレクトメッセージを送ることはできません。」と表示されます。

すべてのアカウントからのメッセージリクエスト許可をオフにしている場合

ちなみにですが、Twitterにはプライバシーとセキュリティの部分で「すべてのアカウントからのメッセージリクエストを許可する」という設定項目があり、そちらをオフにしている場合には、そもそもDMの受付が行われていません。

そのため、この状況では相手にDMを送る画面すら出てこないので、「今後、この方にダイレクトメッセージを送ることはできません。」と表示されることはないです。

元々相手がDMを受け付けていて、DMの受付をオフにした場合に

  • 相手がフォロワーではない
  • 相手にブロックされている
  • 相手をブロックしている

という条件でDMを送れなくなります。

■もっと詳しくTwitterを調べる
Twitterの仕様・使い方まとめ