Instagramアイコン

instagram(インスタグラム)のDMでは動画を送信することができます。しかし、あまりにも長い動画になると送信できないことがあります。

今回の記事ではinstagramのDMにおいて、何秒・何分までの動画であれば送れるのかや、できるだけ長い動画を送るにはどうすればいいかを調べてみましたので、本文にまとめています。

記事は下に続きます。


LINE 未読スルー
LINE恋愛テク
LINE 誤送信
LINE通報
LINEブロック
オプチャ 利用規制
LINE浮気
ツイッター マウント

動画を送る方法による違い

instagramのDMで動画を送る方法が2種類あります。

  1. アルバムアイコンから送る方法
  2. カメラアイコンから送る方法

それぞれの違いを説明します。

送れる動画の長さの違い

送り方 動画の長さ
アルバムアイコン 最大1分
カメラアイコン 15秒ずつ4つまで(合計1分)

それぞれの違いとしては、アルバムアイコンから送る方法の場合は最大1分の動画を送信することができ、カメラアイコンから送る方法では1分の動画が4分割されて15秒ずつ送信されます。

動画が消えるか残るかの違い

送り方 動画の扱い
アルバムアイコン 削除しない限り残る
カメラアイコン 相手が1度見たら消える

また、アルバムアイコンから送る場合には動画は削除しない限りずっと残りますが、カメラアイコンから送った場合には一度見ると消えてしまいます。

アルバムアイコンから動画を送る方法

アルバムアイコンから動画を送る方法を解説します。

まずは相手とのDM画面を開いてください。DM画面では右下にカメラアイコンがあるので、「カメラアイコン」をタップしてください。そうすると、スマートフォン端末に保存されている動画・画像を選ぶことができます。

instagram DM 動画

この際に動画を送ろうとしても送れないことがあります。60秒より長い動画を送ろうとすると「60秒以下の動画を選択してください。」と注意が表示されます。また、60秒以下なので60.3秒とかでもダメで送れません。なので、スマホ端末の表示上60秒と出ていても、60.1秒みたいにちょっとはみ出ている動画は送れないいです。その場合は編集をして、動画を短くしてから送ることになります。

60秒未満の動画を選択したら、「送信」をタップして送ることができます。

instagram 動画 1分

送るとこのように表示されます。

instagram アルバムアイコン

 

カメラアイコンから動画を送る方法

続いて、カメラアイコンから送る方法を解説します。

カメラアイコンから送る場合には

  • アルバムから選択して動画を送る方法
  • その場で撮影して動画を送る方法

の2種類があります。

いずれにしろ送ることができる動画の長さは15秒×4(合計60秒)までとなっています。1分の動画が4分割されて15秒ずつで送られます。

アルバムから選択して動画を送る方法

まず相手とのDM画面を開いてください。DM画面の左下に「カメラアイコン」があるので、そちらをタップします。そうすると、撮影モードになりますが、左下にある画像をタップすると、端末に保存されている画像・動画が表示されます。

instagram 動画DM

画像動画が一覧で表示されるので、送りたい動画を選びましょう。15秒までならば1つの動画として送れますが、それ以上だと分けて送ることになります。今回は58秒なので4つに分けて送られるよう自動で変換されてしまいます。編集など完了したら「送信」をタップして送信してください。

instagram 動画DM

送信した後は以下のように表示されます。自分の画面では「動画」と表示されており、相手の画面では「動画を再生」と表示されています。

instagram 動画DM

ちなみにですが、こうして送った動画は一度再生すると相手は見れなくなります。

instagram 動画 消える

その場で撮影して動画を送る方法

その場で撮影して送ることもできます。その場合にはまず先程と同様にしてDMを開きます。DM画面で左下の「カメラアイコン」をタップしてください。

動画を撮影するには撮影モードにて撮影ボタンを長押ししてください。押している時間だけ撮影が可能で、指を離したら撮影が終了となります。

instagram DM 動画

撮影している間、15秒すぎると自動で分割されます。最大で60秒まで撮影が可能です。

instagram 動画 60秒

撮影と編集が終わったら、「送信」をタップして相手に送りましょう。そうすると、以下の右のように自分の画面では表示されます。

instagram 動画 DM

送信した動画は以下のように表示されます。自分の画面では「動画」と表示されており、相手の画面では「動画を再生」と表示されています。

instagram 動画DM

こうして送った動画について、相手は動画を再生したら再度見ることはできません。勝手に消えてしまいます。

instagram 動画 消える

長い動画を送るには

上述したようにinstagramのDMで動画を送るのであれば60秒が最大です。

アルバムアイコンから送った場合であれば60秒で1つの動画として送れるので、カメラアイコンからではなくアルバムアイコンから送った方が長い動画を送ることができます。

しかし、それ以上の動画を一気に送ることはできません。

なので、60秒の動画を複数回に分けて送ることえ3分とかそれ以上の動画を送ることになります。

長い動画をシェアしたいのであれば、LINEなどを活用したほうが良いでしょう。

■もっと詳しく調べる
instagramの使い方・仕様まとめ