Instagramアイコン

インスタグラムではプロアカウント(ビジネスアカウント)を利用して、広告配信や集客などに利用することができます。

個人のブロガーやインフルエンサーでも利用することができるので、自分のアカウントをアピールしたいのであれば、積極的に使ってみましょう。

今回の記事では、インスタグラムでプロアカウントを使うメリットやデメリット、そしてプロアカウントを利用する方法を解説していきます。

記事は下に続きます。


LINE 未読スルー
LINE恋愛テク
LINE 誤送信
LINE通報
LINEブロック
オプチャ 利用規制
LINE浮気
ツイッター マウント

プロアカウントのメリット

プロアカウントのメリットには以下のようなものがあります。

広告出稿以外の料金は無料で利用可能

広告を出稿したりしないのであれば無料で利用が可能です。

データ分析ができる(インサイトの活用)

プロアカウントを利用することで「インサイト」と呼ばれるアクセス解析機能や効果測定機能を無料で利用できます。

どういった情報が得られるのかというと、自分の投稿の閲覧数・表示回数・いいね数・シェア数・保存数や、フォロワーの増減に関するデータです。

こういった情報を駆使して、どういった投稿であればより反応が取れるのかを分析して、より多くのフォロワーを獲得するための投稿ができるようになっていきます。

フォロワーがどれくらい増減したかもわかるので、そこを確認することで投稿によってどういった反応が得られたかも分析しやすいでしょう。

カテゴリラベルを表示可能に

プロフィール写真の下部に、どういったサービスを提供するアカウントなのかを示すカテゴリラベルが表示できるようになります。

Facebookページと連携している場合には、そちらと同様のカテゴリが選択されます。

この機能は公開・非公開の設定が可能です。

プロフィールに問い合わせボタンなど設定可能に

プロアカウントを利用すれば、プロフィールにお問い合わせボタンやアクションボタン、そしてカテゴリラベルを設定することができます。もちろん、使いたくない場合には表示させないこともできます。

問い合わせボタン

お問い合わせボタンを設定することで、プロフィールのメッセージの横に「問い合わせ」が追加されます。

そちらからあなたに対して「電話」をしたり、「メール」を送ったりなどできるので、仕事の依頼などを受けたりする目的に利用しやすいです。

アクションボタン

アクションボタンを利用すれば、インスタグラムから直接予約ができるようになります。ただし、アクションボタンと連携できる予約サイトは以下のものに限られています。

健康・美容(予約する): Acuity Scheduling、Appointments by Square、Appointy、Avec、BeautyDate、Booksy、Fresha、GenBook、GetSquire、Gettimely、GlossGenius、Gopanache、MyTime、Salon Iris、Schedulicity、Schedulista、Setmore、Shore、StyleSeat、Treatwell、Vagaro

レストラン(予約する): Bookatable、Chope、Gurunavi、Jasper’s Ristorante、OpenTable、Quandoo、Reserve、Restorando、Resy、SevenRooms、TheFork、Tock、Yelp

料理の注文: Instagramの料理の注文カードが利用できるパートナーと対象国については、こちらをご覧ください。

住所

ちなみにですが、「住所」という項目はプロアカウントの中でも「ビジネスアカウント」を設定した場合にのみ利用できます。

instagram管理者権限を共有できる

instagram管理者の権限を共有することができ、それによってinstagramの更新を複数人で行うことができます。

DMで「メイン」と「一般」フォルダ分類可能

DMではメインフォルダと一般フォルダの分類が可能となります。

重要なものをメインフォルダに、そうでないものを一般フォルダに分類するなどしておくと、使いやすいです。

DMの返信テンプレートが利用可能に

DMで返信テンプレートを設定し、より簡単に返信メッセージを作成することができるようになります。

instagramショッピングが利用可能に(審査必須)

instagramショッピングは、自分の投稿やストーリーに売りたい商品のリンクを貼ることができる機能です。

これを利用することで、投稿から直接自社商品を売ることができるなど、より効率的に商品を販促できるようになります。

instagram広告出稿が可能に

お金はかかりますが、予算に合わせて広告を出稿することができます。

ブロガーであれば自社メディアをより目立たせたいとか、自社商品を販売しているのであれば属性を絞って、対象となる相手にアプローチすることもできます。

プロアカウントのデメリット

非公開アカウントにはできない

プロアカウントはあくまでも多くの人に向けてアプローチするための機能となります。そのため、非公開アカウントのように、鍵を付けて運用することはできません。

一般アカウントからプロアカウントに切り替えを行った際には、自動で非公開から公開アカウントに切り替わります。

また、フォローリクエストに溜まっているアカウントも全承認されます。

プロアカウントを作成する場合

以下の手順に従ってプロアカウントを作成してください。

 手順 

  1. インスタグラムアプリを開き、「プロフィール」タブ右上の「≡」をタップ
  2. 設定画面で「アカウント」をタップ
  3. 「新しいプロアカウントを追加」をタップ
  4. 「次へ」をタップ
  5. カテゴリを選択し「次へ」をタップ
  6. 電話番号またはメールアドレスを入力し「次へ」をタップ
  7. 「名前」を設定して「次へ」をタップ
  8. 「パスワード」を設定して「次へ」をタップ
  9. 「誕生日」を入力して「次へ」をタップ
  10. 「ユーザーネーム」を入力して「次へ」をタップ
  11. 「○○として登録しますか?」で「登録」をタップ
    1. ユーザーネームはいつでも変更可能
  12. 「ログイン情報を保存しますか?」と出てきたら、基本的に保存をした方が楽
  13. 「事業主ですか?」では以下のいずれかを選択して「次へ」をタップ
    1. ビジネス:小売店、ローカルビジネス、ブランド、組織、サービスプロバイダーの場合
    2. クリエイター:公人、著名人、コンテンツプロデューサー、アーティスト、インフルエンサーの場合
    3. ブロガーなどはブログ運営者の場合にはクリエイターの方を選択すると良いでしょう。

作成後、設定項目が表示されますが、後ほど設定可能なので☓印をタップしてOKです。

個人アカウントをプロアカウントに切り替える場合

既存の個人アカウントをプロアカウントに切り替える場合には、以下のようにしてください。

 手順 

  1. インスタグラムアプリを開き、「プロフィール」タブ右上の「≡」をタップ
  2. 設定画面で「アカウント」をタップ
  3. 「プロアカウントに切り替える」をタップ
    1. エラーが出て切り替えできない場合:インスタグラムでプロアカウントに切り替えできない!「予期しないエラーが発生しました」と出る時の対処法
  4. 「クリエイター」、「ビジネス」では以下のいずれかを選択して「次へ」をタップ
    1. ビジネス:小売店、ローカルビジネス、ブランド、組織、サービスプロバイダーの場合
    2. クリエイター:公人、著名人、コンテンツプロデューサー、アーティスト、インフルエンサーの場合
    3. ブロガーなどはブログ運営者の場合にはクリエイターの方を選択すると良いでしょう。

作成後、設定項目が表示されますが、後ほど設定可能なので☓印をタップしてOKです。