LINE無料通話を録音する裏ワザ・アプリ!法律に違反しない?
  • 好きな人とのLINE無料通話を録音したい!
  • 重要な会話だから録音したい!
  • そんなアプリってないの?
  • でも、無断で録音って法律に違反しないのかな?

この記事では、このような悩みを解決する情報をお届けします。

結論から言えば、LINE無料通話を録音するアプリは存在します。しかし、気になるのは法律ですよね?勝手に録音しても大丈夫なのだろうか?法律に違反してしまわないだろうか?と気になるはず。

それに関しては、こちらの法律相談事務所に記載がありました。

自分の権利を防御するための録音は、原則として違法にはなりません。
もちろん、相手の家に無断で侵入して、こっそり盗聴器を仕掛けたりすれば違法になり、裁判で証拠として採用してもらえない可能性があります。
また、契約上、録音が禁止されている場合もあるでしょう(たとえば、塾の講義や会社で守秘義務が課されているなど)。
しかし、自分の権利を防御するために、相手との会話を、ポケットやバッグに入れたICレコーダーで録音したり、相手との電話を録音することは、原則として違法とはなりません。

しかし、一般人対一般人の民事事件では、反社会的な方法で録音しない限り、会話を録音したものが違法に集めたものとして証拠とならないと判断されることはありません。

なお、会話を録音することと録音したものを公開することは区別してください。
録音を裁判の証拠とすることは違法ではありませんが、インターネット上に公開するなどの行為は、公開したことがプライバシーの侵害や名誉棄損に当たる可能性があります。

引用元 http://nagomilaw.com/

この記事からわかるのは、自分自身で使う分には問題はないと考えて良いでしょう。それをyoutubeなどに一般公開してしまうと、犯罪になってしまう可能性がありますので、自分だけで使うことを目的として録音してください。そこだけは注意しましょう。

記事は下に続きます。

LINEのKeepでタグ付け・削除・編集
LINE コンテンツ画像削除
LINE 動画保存
LINE LIVEフォト オフにする
LINE コンテンツ
LINE アルバム 保存
LINE KEEP

iPhoneならアプリを使わず録音可能

下記ではiPhone・Androidで利用できるLINE録音アプリをご紹介していますが、iOS11以降のiPhoneであればアプリを使わずに録音が可能です。

管理人通常

まず初めにiPhoneユーザーの方向けに「iPhoneの機能を使ってLINEの音声を録音する方法」を解説するわね。

※Android端末の方はAndroid版録音アプリをご確認ください。

iPhoneで録音機能を使えるように設定する

上記でお伝えした通り、iPhoneに録音機能が実装されたのはiOS11からとなります。まずはiOS11以降のデバイスで「設定」を開き、その項目内の「コントロールセンター」をタップしましょう。

設定からコントロールセンターをカスタマイズする

次に「コントロールをカスタマイズ」をタップ。

コントロールセンターに「画面収録」を追加する

画面が切り替わったらカスタマイズタブの中にある「画面収録」の左側の「+」をタップします。

コントロールセンターを開き画面収録が追加されたか確認する

では実際にコントロールセンターを開いてみましょう。(画面下部から上にスワイプ)

コントロールセンターの下部に赤枠で囲った部分が表示されていますね。

これがiPhoneに実装されている録音機能です。名称としては「画面収録」となっていますが、音声のみ録音する事も可能です。

マイクオーディオをオンにする

この画面収録のマークを長押しし、「マイクオーディオをオンの状態」に変更します。

VOD君

3DTouchに対応しているiPhoneの場合は、長押しではなく強めに押してみて。

これでiPhone側の初期設定は完了となります。

iPhoneの機能でLINEを録音する

  • 画面収録をコントロールセンターに追加する
  • マイクオーディオをオンにする
管理人通常

この設定が完了したら、後は簡単にLINE通話を録音する事ができるわよ。

LINE通話を始める前に画面収録をタップすると録音が開始される

通話を始める前に「コントロールセンターを開く」>「画面収録ボタンを押す」これで録音が開始。

通話が終了したら再度コントロールセンターを開き画面収録ボタンをタップすれば録音は終了となります。

録音した音声は「写真」に追加されます。

LINE無料通話を録音出来るアプリとは?

今は非常に便利な時代で、無料通話を録音出来るアプリも存在します。それらを詳しく紹介していきます。

iPhone版録音アプリ

ディクタフォン

LINEの録音用のアプリを利用するなら「ディクタフォン」が2019年夏現時点での一番のおすすめです。

ディクタフォンは無料でLINE音声録音が可能

基本無料で使える上、通常の録音機能だけでなくLINE録音にも利用可能です。

有料版(600円)では広告が表示されなくなり、倍速再生や無音時に録画が停止になる…といった追加機能が用意されていますが、まずは無料版から試してみると良いでしょう。

録音 for LINE(販売終了)

残念ながらこの「録音 for Line」は販売終了となりました。同社は別の録音アプリ「Voice Recorder HD」をリリースしています。

録音 for LINEの代わりにリリースされたアプリ

料金は360円と前作に比べると値上りしていますが、録音性能や操作性などは向上しているため、有料の録音アプリで迷っている方は一度検討してみると良いでしょう。

AudioRecorder 2(ダウンロード終了)

前作のAudioRecorderではLINEアプリの通話は録音不可能でしたが、最新作AudioRecorder 2ではLINE無料通話も録音可能になりました。

  • 価格は3.99$
  • AudioRecorder購入者は無料で入手可能
  • 購入にはPayPalを利用しないといけないため、PayPalを使ったことない人は上で紹介した録音 for LINEの方が良い

※App Store上でAudioRecorder2の販売は終了となりました。すでにダウンロードしているデバイスであれば利用可能です。

TapeACall Lite

こちらは無料ですが、プロ版になると1300円となります。

Android版録音アプリ

通話レコーダー

Android版ではこれで間違いなしです。

  • 提供元はAppliqato
  • 無料バージョンと有料バージョンがある
  • 無料版は下に広告が表示される
  • アプリの容量4.5MB
  • レビューより抜粋 引用元 https://play.google.com/store/apps/
    • 録音出来ました。 かなり雑音は入ってましたが相手の声も聞き取れました。自動で録音してくれるので便利です。下に広告が出ます。
    • 自動で録音してくれるので良いと思います。ただ後で消すのがめんどう。
    • 3年ほど毎日50件くらい通話録音しましたが、一度もエラーがありません。色々試しましたが、本アプリが最高でした。
    • ドロップボックスに自動保存出来ないが それ以外は、合格点だと思う

まとめ

LINE無料通話や電話などを録音するのは、違反ではないかという不安があると思いますが、結論から言えば、個人で利用する上ではそこまで問題にはなりません。

問題になるのは、それをyoutubeやTwitterなどで一般公開してしまった場合です。こうなると、勝手に録音された相手がプライバシーの侵害として訴えてきた場合にダメになってしまいます。ですから、このページで紹介したアプリを使う際には、録音した音声を一般公開しないように気をつけましょう。

アプリとしては様々なものが販売されていますが、iPhone版では「ディクタフォン」、Android版では「通話レコーダー」が現状のおすすめです。