Twitterアイコン

Twitterで勝手にグループDMに追加され、副業などに勧誘されるスパムが最近流行っています。

Twitter スパム

こういった場合には、相手を通報したりブロックすればOKです。絶対に相手に連絡を取ったり、詐欺に引っかからないようにしてください。

今回はTwitterで勝手にグループDMに追加されてしまった場合の対処方法を具体的に説明していきます。

記事は下に続きます。


LINE 未読スルー
LINE恋愛テク
LINE 誤送信
LINE通報
LINEブロック
オプチャ 利用規制
LINE浮気
ツイッター マウント

勝手にグループDMに追加されるスパム

フォローしてないアカウントから勝手にグループDMに追加されてしまい、そちらで副業勧誘されるスパムが発生しています。

メッセージリクエストでメッセージが届く

Twitter メッセージリクエスト

副業詐欺などのような勧誘をされる場合、基本的に自分は相手のことをフォローしていません。ですから、「メッセージリクエスト」に表示されます。

「メッセージリクエスト」フォルダは、ダイレクトメッセージに表示されますが、自分が相手をフォローしてないのに送られてきたメッセージが分類されます。

グループDM勧誘スパムの具体例

例えば最近、自分の所有するアカウントの1つに送られてきたメッセージリクエストを確認すると以下のように副業への勧誘がされていました。

グループDM スパム

 

具体的にどのような内容が記載されているか見てみましょう。

以下のように今回はJamesというアカウントから勝手にグループDMに追加されて、LINEに誘導し「副業をやりませんか」というように勧誘されていることがわかります。他にもグループにはたくさんの人が追加されていました。

Twitter グループDMスパム

 

勝手にグループを作った人の名前は「○○さんから追加されました」のシステムメッセージから判断ができます。

Twitter グループDMスパム

 

今回はそれ以外にもたくさんのアカウントが追加されています。おそらく、他の方は勝手にこのグループに追加された被害者でしょう。

グループDMを通報する(報告)

こういったグループDMに追加されてしまったら、内容を確認して怪しいなと思ったら即通報しましょう。

まずはグループDMの画面を開いた時に表示される「報告する」をタップしてください。そうすると「会話を報告」があるので、そちらをタップします。

グループDMを通報する

 

問題を報告の画面で「詳細についてお伺いします。この会話の問題点を具体的にお知らせください。」と表示されるので、「スパム(迷惑行為)」を選択しましょう。もしくは「不適切または攻撃的な内容を含んでいる」でも良いですが、最も適切な方を選択してください。

会話を報告すると「報告しました。ご報告ありがとうございます。このアカウントがTwitterルールに違反していることが確認でき次第対処します。ブロック、ミュートなどその他の機能の詳細はこちら。」というように表示されます。

Twitter グループDMを通報する

 

メッセージリクエストを拒否する設定に

今後こういったことがないようにするには、メッセージリクエストを拒否する設定に変更してください。

メッセージリクエストを拒否するには、まずメッセージ画面をを開きます。メッセージ画面の右上に「歯車アイコン」があるのでそちらをタップしてください。

そうすると、メッセージの設定が出てくるので「すべてのアカウントからのメッセージリクエストを許可する」をオフにしてください。

Twitter メッセージリクエストを拒否

メッセージリクエストをオフにすることで、フォローしてないアカウントがメッセージリクエスト尾を送信し、あなたをグループ会話に追加することを防止することができます。