Twitter アイコン

2018年12月頃に実施されたアップデートからTwitterで採用されたトップツイート表示仕様。その影響で「タイムラインの時系列がおかしくなっている」という状況がよく目につくようになりました。

こちらは初期状態ではトップツイートがタイムラインで優先的に表示されていることが原因です。普通に使っていればトップツイートが優先表示されるようになってしまったのです。

この仕様変更に関しては結構不満がある方も多く、どうしたら最新投稿順表示に戻せるのかという需要は多くなっています。

そこで今回はTwitterのタイムラインを最新順に並べる方法を画像解説していきます。

初期設定状態はトップツイート表示

初期設定状態ではタイムラインがトップツイート表示になっています。

トップツイートに関しては、以下のように公式Twitterにて解説されています。

トップツイートは利用者が強い関心を持つであろうと考えられるツイートであり、利用者が普段からたくさんのやり取りをするアカウントや反応したツイートなど、多くの要素に基づき選択されます。

つまり、それまでのアカウントの閲覧行動によって最適化された情報が表示されているよということですね。とはいえ、これに不満を持つ人が多いので上手く行っているとは言えませんが笑

また、タイムラインにはプロモツイートやリツイートなども表示されます。おすすめのツイートやアカウントのほか、人気や関連性の高いコンテンツがタイムラインに追加されるため、フォローしていないアカウントのツイートが表示されることがあります。タイムラインに表示されるツイートは、人気の高さやフォローしているアカウントからの反応など、さまざまな要素に基づいて選ばれます。利用者が興味を持ちそうな話題の会話(関連性や信頼度が高く、安全なコンテンツ)をホームタイムラインで上位表示するようにしています。

このことから、トップツイート表示をTwitter社がなんとか無理やりにでも使ってもらいたい意図が分かってきます。人気や関連性の高いフォロー外の情報にも興味を持ってもらうことで、より広告ツイートなどを自然にタイムラインに溶け込ませたいという感じなんだなと。

自分で選んだフォローアカウントのタイムラインのみ表示させたい場合には、以下の方法を試してみてください。(とはいえ、プロモーションツイートだけは表示されます。)

タイムラインを最新投稿順に表示する

Twitter タイムライン 表示切り替え

表示設定変更方法は簡単です。まずはタイムライン画面の右上に表示されている「☆」マークをタップしてください。

Twitter タイムライン 最新投稿順

「最新ツイート表示に切り替える」をタップしてください。しかしここで注意してもらいたいのは、「一定時間アクセスしないとホーム表示に戻ります」との注意点。

基本的にTwitter社としてはトップツイート表示を使ってもらいたいらしく、ある程度アクセスしてないと勝手にトップツイート表示に戻されてしまうっていうことです。面倒ですが、タイムラインがおかしいなと思ったら毎回この切替を実行しないといけません。

最新投稿順の確認方法

「ちゃんと設定ができているかな?」と思った時には以下の点をチェックしてみてください。

Twitter 最新投稿順

タイムライン画面に移動してみると、上の方に「最新ツイート」と表示されていれば最新ツイート順に並べるように切り替えができたことが確認できます。「ホーム」と表示されている場合にはトップツイート表示のままなので切り替えができておらず、時系列がおかしい状態で表示されます。

タイムラインを最適化する

また、タイムラインをより自分にとって使いやすいようにするには、リスト機能を使って、リスト登録した相手のツイートのみを表示させるタイムラインを作るなどしていくと便利になっていきます。以下の記事を参考に設定してみてください。

【小技】使いにくかったTwitterのリスト機能が改善!スワイプでピン留めリストを表示する方法