Twitterアイコン

Twitterでは「片思い」という状態があります。片思いの状態とは、自分が相手をフォローしているが、相手が自分をフォローしてくれない場合です。つまり、フォローの一方通行状態のこと。

今回の記事では、

  • Twitterの片思い状態とは
  • 片思いのデメリット
  • 片思いの相手を一括解除する方法

について解説をしていきます。

記事は下に続きます。



LINE 未読スルー
LINE恋愛テク
LINE 誤送信
LINE通報
LINEブロック
オプチャ 利用規制
LINE浮気
ツイッター マウント

Twitterの片思い状態とは

片思い 画像

Twitterの片思い状態とは、自分側がフォローをしているが、相手側からはフォローが返ってきてない状態を指します。

つまり、フォローの一方通行状態のことを指しています。

例えば、あなたが有名な芸能人をTwitterでフォローするとします。しかし、通常、有名な芸能人はあなたをフォローしてくれません。この状態が片思いということになります。


片思いのデメリット

片思いのデメリットとしては、以下の2点があります。

  • 5000人以上フォローする場合に上限が設定される
  • Twitterのフォロー・フォロワー数の見た目が良くない

それぞれについて補足します。

5000人以上フォローする場合に上限が設定される

Twitterではアカウントがフォロー可能な上限を定めています。

特に片思い状態の場合に適用される上限というのは「フォロー数が一定の数に達した時点で特定のフォロー率が適用される」というルールです。

このことについて、Twitterのヘルプセンターでは以下のように記載されています。

すべてのアカウントは、最大5,000アカウントまでフォローできます。最大数に達すると、そのアカウントのフォロワー数が増えるまで、それ以上のアカウントをフォローすることができなくなる場合があります。

この数はアカウント毎に異なり、アカウント固有のフォロワー対フォロー数の比率に基づいて自動計算されます。

引用元:https://help.twitter.com/ja/using-twitter/twitter-follow-limit

フォロー数が5000人以上となると、ある程度までフォロワーが増えるまではそれ以上フォローできなくなるということです。つまり、フォローとフォロワーの比率が重視されるということになります。

この比率に関しては、アカウント固有に設定されているようで、一概には言えないようですが、5000人以上フォローしたいアカウントがある場合には、フォロワーもちゃんと増やしていかないといけないっていうことになります。

もしくは、片思い状態の相手のフォローを解除するという方法もあります。その点については後述します。

Twitterのフォロー・フォロワー数の見た目が良くない

Twitterをビジネスとして利用する人にとってのことですが、フォロー数が多いのに、フォロワー数が少ないというのは見た目が良くないです。

例えば、

  • フォロ-5000 フォロワー100
  • フォロー50 フォロワー5000

だとしたら、後者の方が有力なアカウントだと判断されるでしょう。前者はむやみやたらに相手をフォローしていて、他人からは評価されてないアカウントのように思われます。逆に後者は、自分からフォローしなくても沢山の人が集まってくる人気者といった評価を受けるでしょう。

以上のようにフォロー・フォロワー数の比率によって、見た目にも大きく影響を与えます。

そのことから、自分からの一方的な片思い状態が多いとビジネスアカウントとしては見た目が良くないので、片思い状態の相手のフォローを外すということをやる人もいます。


片思い相手を一括解除する方法

状況

片思い状態の相手を個別で解除する方法、一括で解除する方法について解説をします。

ツールを利用すると凍結リスクもあり

この片思い状態を一括解除する上での注意点があります。

一括でフォローを解除する場合、Twitter側からスパムとみなされる可能性があります。この点は公式ヘルプセンターに以下のように記載されています。

Twitterルールでは攻撃的なフォローを禁止しており、これらのルールに違反した場合、アカウントが凍結される場合があります。禁止事項の具体例を以下に挙げます。

~~中略~~~

無差別フォロー – 自動化された手段などにより、短期間に多数の無関係なアカウントをフォローまたはフォロー解除すること

自動化された手段とは、ツールを利用しての解除行為のことを指していると考えられます。

ですから、これから紹介する一括解除方法を利用する場合、アカウントの一時的な利用制限や凍結リスクがあることに注意をしてください。

数十アカウントのフォローを一括解除するくらいであれば、そこまで問題にはならないと思われますが、数百アカウントや数千アカウントのフォロー解除を一気にやってしまうとまず凍結とか利用制限がかかります。

ツールは信頼できるものがおすすめ

ツールを利用する上で注意してもらいたいのが、アカウントとツールを連携することで、相手に権限を与えてしまうことになり、それによりアカウント乗っ取りにつながる可能性があるということです。

実際にそういった事件も起こっています。ですから、仮に利用するとしても、利用を終えたらすぐにTwitterアカウントとの連携解除することをおすすめします。

参考:Twitterで連携アプリの確認・解除方法!アクセス権の危険性も(読み取り・書き込み)

片思い解除できる有料ツール

ツールを利用する上で注意してもらいたいのが、先程お伝えしたようにアカウントを乗っ取らないことです。そのためには、信頼できる企業の有料ツールをつかうのが一番おすすめです。

もちろん、無料で利用できるツールも紹介はしますが、まずはイチオシの有料ツールを紹介します。

SocialDog(一括解除非対応)

ソーシャルドッグ

こちらのSocialDog(ソーシャルドッグ)は、様々な機能が搭載されており、もちろん片思い状態の相手を一括で抽出し、その相手をフォロー解除することができます。(一括解除はできず、個別に解除が可能。アカウント凍結リスクを考慮しての対応だと思われます。)

こちらのツールを提供している会社はしっかりとした企業です。

会社情報も公式ホームページに記載されていますし、社員も20名以上いるので、ツールに不具合や障害があったときにも対応してくれるスピードは早いです。この点が有料ツールの強みと言えます。

7日間は無料で利用できるので、その間に利用してみることをおすすめします。

■7日間無料お試し可能⇒ソーシャルドッグ公式サイトを確認してみる

片思い解除できる無料ツール

以下で紹介するツールは無料で利用できるものです。

しかし、利用する際にアカウント連携をするのですが、それにより相手に権限を与えるので、最悪の場合ですがアカウント乗っ取りをされる可能性すらあります。そういったリスクも想定した上で利用してください。

アカウント乗っ取りを防ぐには、利用を終えたらすぐにアプリとの連携を解除してください。

参考:Twitterで連携アプリの確認・解除方法!アクセス権の危険性も(読み取り・書き込み)

片思いチェッカー(一括解除非対応)

片思いチェッカー

片思いチェッカーというツールは、アプリ連携をせずに片思いユーザーを確認することができるという点がメリットです。

メリット・デメリットをまとめます。

メリット

  • アプリ認証が不要なため比較的安全
  • 無料で利用可能

デメリット

  • 一括削除はできない(フォロー解除は個別に1つ1つ解除する)
  • 非公開アカウントには対応してない
  • アクセスが多いとサービス停止されていることがある
  • フォロー・フォロワーが多い場合にはアプリ認証が必須

片思いチェッカー

えごったー(一括解除非対応)

えごったー

えごったーは、フォロー分析ツールです。もちろん、片思いユーザーを確認することができます。

メリット

  • 10年以上も利用されているため比較的安全
  • 無料で利用可能

デメリット

  • アプリ認証をしないといけない

えごったー

SNSTOOLS(一括解除対応)

SNSTOOLS(一括解除対応)

SNSTOOLSは、フォロー一括解除ができます。ただし、アカウント凍結リスクがあるので、その点はリスクを考慮した上で実行してください。

メリット

  • フォロー一括解除が可能
  • 無料で利用可能

デメリット

  • アプリ認証をしないといけない

SNSTOOLS

まとめ

片思い状態の相手をフォロー一括解除する場合、アカウント凍結リスクがあります。ですから、最悪アカウントが凍結されても仕方ないという場合でない限りは、一括解除はしないほうが良いです。

また、ツールを利用する上で、アカウントと連携をすることで、アカウント乗っ取りのリスクもあります。それを防ぐには、利用を終えたらすぐに連携を解除することをおすすめします。

参考:Twitterで連携アプリの確認・解除方法!アクセス権の危険性も(読み取り・書き込み)

 

■もっと詳しく調べる
Twitterの仕様・使い方まとめ