Twitter アイコン

Twitterの検索機能を利用して、知っている友達がTwitterアカウントを使ってないか調べたり、気になる子のアカウントを覗き見したりする方もいるはずです。

しかし、そういった時に「相手にバレてしまうのではないか?」と気になってしまい、ハラハラしながら操作をしているのではないでしょうか。

今回の記事では、Twitterの検索機能を利用した場合に相手にバレてしまう可能性はあるのかについて調べた内容をまとめています。

鍵アカウント(非公開アカウント)やブラウザで閲覧した場合でも相手にバレてしまうのかについても調べてまとめてみました。

記事は下に続きます。


LINE 未読スルー
LINE恋愛テク
LINE 誤送信
LINE通報
LINEブロック
オプチャ 利用規制
LINE浮気
ツイッター マウント

Twitter検索機能を使っても相手にはバレない

LINE チート

まず最初に結論からお伝えしますが、Twitterの検索機能を使ったとしても、相手にバレるということはありません。

というのもTwitterでは足跡機能や相手のツイートの閲覧履歴に自分が残る機能がないので、誰が自分のアカウントを見に来たのか、誰が自分のツイートを閲覧したのかということを知ることはできないからです。

正確に言えば、以前はフリートと呼ばれる機能が存在し、そのフリートを閲覧すると誰が見たのかがバレてしまうことはありました。しかし、フリートという機能は現在廃止されています。

そのため、現在においてはTwitterでは検索機能を使って見ている限りは相手にバレる事はありません。

ただし、いいねやリツイート、フォロー、リプライ、DMなどを送ってしまうと相手にはバレてしまうので、そういったバレるリスクのある行為はしないようにしてください。特に間違ってフォローをしたとかいいねをしても、相手が通知を受け取る設定をしているのであれば、即フォロー解除、いいね解除してもバレます。

参考:Twitterで間違えてフォローからの即時解除!相手に通知されてる?

Twitterに足跡機能はない

注意

Twitterには足跡が残る機能や閲覧履歴が残ってしまうという機能はありません。ですから、相手のプロフィールを見たり、ツイートを見に行ったとしても、相手にバレるということはありません。

TwitterProアカウントにも足跡機能はなし

TwitterにはProアカウントというものがありますが、それを利用したとしても誰が自分を閲覧したのかまではわからないので安心してください。

ツイートアクティビティにも足跡機能はなし

さらには自分の投稿に関してはツイートアクティビティを表示できるようになっているため、知っている人ならば、そこを解析してしまえばバレるんじゃ?なんて思う方もいるはずです。

しかし、ツイートアクティビティはあくまでもツイートを見に来てくれた人の人数やエンゲージメント数などが表示されるだけで、誰が閲覧をしたのかまではバレません。

相手にバレてしまう行為一覧

チェック事項

検索機能を使って相手を検索したり、相手のツイートを検索したとしても、そして相手のプロフィールやツイートを閲覧したとしてもバレることはないということがわかりました。

では、相手にバレてしまう行為としてはどういったことがあるでしょうか?

以下にまとめていきます。

基本的にはどのアクティビティだとしても、相手の通知欄に届いてしまっている場合には削除や解除をしても相手にバレてしまいます。

いいね

相手のツイートにいいねをすると、相手には通知されます。いいねを解除しても相手の通知欄に届いてしまっていたら、取消をすることができません。

また、人によっては通知をメールなどで受け取る設定にしている場合、一度送られたメールは取り戻しができないので完全にバレます。

リツイート

リツイートも一度間違ってリツイートをしてしまった場合、相手の通知欄に届いてしまっていたら、解除しても相手にバレてしまいます。

いいねと同様に通知をメールなどで受け取る設定にしている場合、一度送られたリツイートの通知メールは取り戻しができないので完全にバレます。

フォロー

相手を間違ってフォローした場合も、相手の通知欄に一度フォロー通知が届いてしまっていたら、フォローを解除したとしてもその履歴が残ってしまいます。

さらに、いいねやリツイートと同様に、フォロー通知をメールなどで受け取る設定にしている場合、一度送られた通知メールは取り戻しができないので完全にバレます。

リプライ(返信)

相手に間違ってリプライを付けるということはめったにないと思いますが、仮に間違ってリプライを送ってしまったという場合には、通知欄に届いていたら即リプライを削除しても意味がありません。

DM(ダイレクトメッセージ)

ダイレクトメッセージは当然ながらバレます。これはいうまでもない行為ですよね。わざわざ自分から相手にバレるように仕向けているような行為としか言えないです。

ログインせずに見るだけ利用が安全

画像

もし誰かのツイートをチェックしたいというのであれば、一番安全な方法としては「ログインせずに見るだけ」利用をすることです。

やり方としては、Twitterにログインしてない状態でGoogleChromeやSafariなどのブラウザからこちらのページにアクセスしてください。

https://mobile.twitter.com/explore

そうすると、TwitterにログインせずともTwitter検索だけが利用できます。

検索をした後に、間違っていいねなどをしてしまったとしても、アカウントにログインしてない状態なので、相手にいいねを付けることができません。

Twitter いいね

実際に間違っていいねをしてしまった場合には上の画像のように表示され、アカウントを作成するかログインをしてくださいと促されます。ですので、ログインしない限りは絶対にバレることはありません。