Twitterの文字数制限!画像やURLのカウントは何文字?140文字以上解除方法も
VOD君

Twitterを利用していて「140文字じゃ書ききれない」なんて感じることが多々あると思う。もともと長文を投稿するプラットフォームじゃないんだけど、最近は在り方が変わってきている印象が強いよね。

そこで今回は、Twitterの文字数制限について詳しく解説していきます。まずは、この記事でお話しする内容を簡単にまとめますね。

画像・リンクURLの文字カウント リンクURL⇒URL1個につき11.5文字でカウント
画像⇒文字数としてカウントされない
1ツイート140文字制限の解除方法 文章を日本語ドメインに変換して投稿画面に貼り付ける
管理人ほほえみ

140文字以上でツイートする手順は下記で詳しく解説しているから、ぜひ合わせてチェックしてみてね。

記事は下に続きます。

LINEのKeepでタグ付け・削除・編集
LINE コンテンツ画像削除
LINE 動画保存
LINE LIVEフォト オフにする
LINE コンテンツ
LINE アルバム 保存
LINE KEEP

Twitterの文字数制限

Twitter上のURLや画像の文字カウントについて

VOD君

ではさっそく「URLは何文字でカウントされるのか」・「画像は文字数としてカウントされるのか」といった部分をチェックしていこう。

URLは何文字でカウントされる?

冒頭でも軽く触れた通り、WEBサイトのリンクは最大11.5文字としてカウントされます。

VOD君

つまり、どれだけ長いURLを入力しても11.5文字で換算されるから、文章を圧迫しにくくなっているんだ。以前までは最大22文字カウントだったんだけど、仕様変更でより使いやすくなったよね。

ただし、1つのURLにつき最大11.5文字なので、URLの数が多くなればそれだけ文字数の上限にかかりやすくなるので注意しましょう。

画像は文字数としてカウントされない

現在のTwitterでは、画像は文字数にカウントされません。

添付出来る画像の上限は4枚までに設定されていますが、「140文字+画像4枚」という形でもツイートすることは可能です。

140文字以上に解除する方法

Twitterの140文字制限を解除する方法

ご存知の通り、日本語や中国語を除いた言語は最大280文字まで緩和されました。しかし、未だに日本語は140文字制限のまま…

ただ、「どうしても140文字以上でツイートしたい」という方もいらっしゃると思うので、ちょっと無理やりですが140文字以上でツイートする方法を解説します。

つぶやきたい内容を日本語ドメインに変換する

日本語ドメインでTwitterの文字数上限を解放する方法

上記の画像の通り、Twitterの「URLは最大11.5文字でカウントされる」というシステムを利用したのがこの方法です。

つぶやきたい内容を日本語ドメインに変換⇒表面上は数百文字だけど140文字以内でカウントされている…といった内容ですね。

いくつか注意点があるからコチラも読んでおいてね。

  • Twitter上で日本語ドメインのURLは最大11.5文字でカウントされる
  • 「http://」と「.com」の間の日本語は最大37文字まで入力できる
  • 1ツイートに入力できるリンク数は10個まで

ツイートしたい文字をPunycodeへ変換する

△入力できる日本語は37文字まで

まずは日本語をPunycodeへ変換します。

この際に注意したいのが文章の途中にドットを入れる必要がある…ということ。ドットを入れずにそのまま投稿画面に張り付けてもURLとして認識してくれません。

例えば「ツイッターで文字を沢山入力したい時は日本語ドメインを貼る」⇒「ツイッターで.文字を沢山入力したい時は.日本語ドメインを貼る」このようにします。

文字列をPunycodeに変換してTwitterに挿入する

日本語をPunycodeへ変換するとこのような文字列となります。

Punycodeを挿入すると日本語ドメインとしてツイートされる

後は、この文字列をTwitterの投稿画面に挿入して公開すれば完了です。公開されると自動的に日本語ドメインとして表示されます。

ただし、いくつかデメリットもあるので正直おすすめできる方法ではありません。

  • Punycodeに変換する作業に時間がかかる
  • アプリによっては上手く表示されないケースがある
  • アップデートで使えなくなる可能性もある
管理人通常

もっと簡単に長文をツイートしたい」という人は次の項目を確認してね。

メモをスクショしてツイートした方が効率的

日本語ドメインに変換してツイートする方法は非常に手間がかかる上、スマホ単体で操作するのは非常に大変…

そのため現時点では、ツイートしたい内容をメモに直接書き込み、その画面をスクリーンショットして投稿するのが最も効率的です。ちょっとアナログな手法ですけどね。

ツイートしたい文章をメモに書き込む

△メモにツイートしたい文章を書き込みスクショする

 

メモのスクショ画像を添付して公開する

△投稿画面でスクショ画面を添付する

VOD君

この方法なら文字数も大幅に増えるし、1ツイートで自分の考えをまとめて発信できるよ。原始的ではあるけど効率を重視するならこの手法がおすすめ。

Twitterが140文字に制限している理由とは?

VOD君

「もっと入力できる文字数を増やしたほうが便利なのでは?」なんて感じる人も居ると思うけど、どうしてTwitterは140文字に制限しているのかな。

これはTwitterを創設した「ジャック・ドーシー」曰く、物事をシンプルにすることでその本質が見えてくる…という理由からあえて140文字に制限しているのだとか。

やろうと思えば今よりも文字数の上限を増やしたり、もっと便利な機能を追加することも可能ではあるものの、あえてミニマルな仕様にしているようですね。

管理人通常

言語によって文字の上限を解放する前例はあったけど、これから先もツイート出来る文字数が大幅に増えることは無いんじゃないかしら。

まとめ

URLの文字カウントについて 1つのURLは11.5文字でカウントされる
画像の文字カウントについて 画像は文字として扱われない
※最大4枚まで添付可能
140文字以上でツイートする方法 ・日本語ドメインに変換する
・メモをスクショして添付する
管理人通常

ツイート時の文字数制限に関する内容はこんな感じね。140文字以上ツイートしたいなら現時点ではメモを利用して投稿するのが最もスマートかも。もちろん、日本語ドメインに変換しても良いけど、それなりに手間がかかるから注意してね。