Twitterアイコン

Twitterを利用していて「とすつい(Tosツイ)」という言葉を聞いたことや目にしたことがあるかもしれません。

今回はTosツイの意味や使い方、見え方などを詳しく解説していきます。

記事は下に続きます。



LINE 未読スルー
LINE恋愛テク
LINE 誤送信
LINE通報
LINEブロック
オプチャ 利用規制
LINE浮気
ツイッター マウント

Tosツイ(とすつい)とは

Tosツイ(とすつい)は、ツイートの最初に「@tos」を付けたツイートのことを指します。

フォロワーのタイムラインに自分のツイートを流したくない場合に、「@tos」を付けてツイートが行われます。

※2022年2月現在、こちらのアカウントが復活してしまったため、本来の目的のフォロワーのタイムラインに自分のツイートを載せないという方法に利用不可となってしまっています。

参考:tosツイの代わりは?代用候補アカウント一覧と使えなくなった経緯も

tosの意味は利用規約

tosの意味や英語の「Terms of service」の頭文字をとったもので、「利用規約」を意味しています。

@tosにリプライをする

Twitterで[@XXXX」のように「@+ユーザー名」を付けてツイートすると、そのユーザー名:XXXXに該当する相手にリプライ(返信)をすることができます。

そういった機能を利用したものがTosツイ(とすつい)なのです。

@tosを付けてツイートすることは、ユーザー名「tos」さんにリプライを送ることになります。

では、なぜtosさんにリプライを送るのでしょうか?

リプライはタイムラインに表示されない

Twitterの仕様上、リプライはタイムラインに表示されないようになっています。

通常のツイートであれば、あなたが何かをツイートすると、それがフォロワーのタイムラインに掲載されてしまいます。ですが、中にはフォロワーのタイムラインに載せたくないツイートもあるはずです。

そういった場合に、存在しないアカウントにリプライを送ることで、タイムラインから見えないようにしているのです。

これに活用されているのが、利用規約を意味する「@tos」アカウントです。

tosアカウントは取得できないアカウントだった

Twitterでは、各アカウントのプロフィールページにアクセスする場合、そのアカウントのユーザー名を付けます。

https://twitter.com/ユーザー名

というように打ち込んでアクセスすれば、そのユーザー名のTwitterアカウントのプロフィールページが表示されます。

一方、ユーザー名「tos」という名前は、利用規約を意味しており、そちらのページにアクセスしようとすると、Twitterサービス利用規約にアクセスされてしまいます。

https://twitter.com/tos

↑にアクセスすると、以下のようにTwitterサービス利用規約につながる

Twitterサービス利用規約つまり、tosというユーザー名を取得してもプロフィールページが機能しないため、本来は取得できないアカウントでした。

2022年2月頃に、tosというユーザー名のアカウントが復活したことにより、Tosツイ(とすつい)はこれまでのような利用目的で使えなくなったのです。

tosツイは使えなくなった

現在、Tosツイ(とすつい)は使えません。

TOSアカウントが復活してしまったためです。

https://twitter.com/TOS

TOSアクアンとこちらのアカウントは、取得日が2008年1月からとなっているので、当時は「TOS」というユーザー名が取得できたのでしょう。しかし、Twitter運営上、TOSというアカウント名が取得されると、利用規約ページとかぶってしまうので凍結されていたのでしょう。

ただ、これが復活してしまったので、以前のように「@tos」と付けてツイートすると、上のTOSさんにリプライが送られてしまうことになります。

TOSツイの代替案

代替案として、別の凍結アカウントへのリプライをすることで、フォロワーのタイムラインに載せないツイートをすることになります。

参考:tosツイの代わりは?代用候補アカウント一覧と使えなくなった経緯も


Tosツイ(とすつい)のやり方

Tosツイのやり方としては、以下のようにします。

※上述したように現在はTOSツイをしてしまうと、実際に存在する「TOS」さんにリプライが届いてしまうようになっています。別の代替案を活用してください。

ツイートをする際に、ツイートの最初に「@tos」を付けて、その後に半角スペースや全角スペースを空けてから、文章を書くようにすればOKです。

Twitter とすつい非常に簡単に使えます。


Tosツイ(とすつい)の効果

Tosツイ(とすつい)の効果としては、

フォロワーのタイムラインに掲載されない

ということです。

フォロワーによっては、あなたの本来のツイート内容とは異なるものをツイートすると、あなたをフォロー解除することがあるはずです。

例えば、車のことを普段ツイートして、それでフォロワーを集めているのに、急にそのツイートとは関係のないツイートをしてしまうとフォロワーが離れてしまう可能性があります。

そうならないように、「@tos」ツイは使われます。

フォロワーのタイムラインには載らないので、フォロワーの目に触れず、嫌になってフォロー解除される可能性が減ります。

まとめ

Tosツイは、現在は使えなくなったので、別の凍結アカウントで代用することになります。

参考:tosツイの代わりは?代用候補アカウント一覧と使えなくなった経緯も

今はTOSツイをすると、TOSさんにリプライとして届いてしまうので注意が必要です。

■もっと詳しく調べる
Twitterの仕様・使い方まとめ