Twitter アイコン

Twitterではメンションとリプライは同一のものと考えられがちです。

どちらも「@ユーザー名」と指定してツイートをする点が同じになっているので、全く同一のものと考えられがちなのですが、仕様がちょっと異なっているので別のものとして扱ったほうがTwitterをより良く理解できます。

今回の記事では、具体的にメンションとリプライはどのように違うのかについて取り上げています。

記事は下に続きます。



LINE 未読スルー
LINE恋愛テク
LINE 誤送信
LINE通報
LINEブロック
オプチャ 利用規制
LINE浮気
ツイッター マウント

メンションのやり方と仕様

メンションとは英語で”mention”と書き、「言及する」という意味の英単語です。

ツイート内で相手の「@ユーザー名」を指定する

Twitter メンション

Twitter内では、ツイート内に「@ユーザー名」を記載して相手をタグ付けしたツイートを指しています。ツイート本文にて相手のユーザー名を@付きでツイートするだけで使えます。

引用リツイートでもメンションを付けれる

リプライとは異なり、リプライだけでなく通常のツイートにも引用リツイートにもメンションを付けることができます。

メンションのやり方

Twitter メンションTwitterでメンションをするには、ツイート作成画面で「@」を入力してください。そして、メンションを付けたい相手のユーザー名を入力していく途中で候補が出てくるので、そちらをタップします。そうすると、相手のユーザー名が自動でツイート内に入力されます。

Twitter メンション 複数人指定

メンションは1人を指定するだけでなく、複数人指定できます。

メンションした相手には通知が届く

Twitter メンション 通知メンションした相手には通知が届きます。

メンションした相手のタイムラインにも表示される

Twitter メンション タイムライン

メンションした相手のタイムラインには当然のことながら、ツイート内容が表示されます。

フォロワーのタイムラインにも表示される

Twitter メンション タイムライン自分(メンションツイートをした人)のフォロワーにもツイート内容は表示されます。つまり、そのメンションツイートにユーザー名が含まれてないアカウントにも、フォロワーであれば内容が見えてしまうことになります。

第三者が確認するには「ツイートと返信」から

Twitter メンション 第三者

第三者(メンションツイートをしたアカウントのフォロワー外)がメンションを確認するには、メンションツイートをした人のプロフィールから「ツイートと返信」を見て確認しないといけません。


リプライの仕様とやり方

リプライとは英語で”reply”と書き、「返信する」という意味を持つ英単語のことです。

特定のツイートに対しての返信ツイートのことをリプライと言います。

リプライには2種類ある

Twitterのリプライには2種類あり、

  • ツイートの「吹き出しアイコン」から作成する
  • 「返信をツイート」から作成する

という方法があります。

「吹き出しアイコン」経由のリプライ

Twitter リプライ 吹き出し経由

吹き出しアイコンからリプライを作成する方法があります。吹き出しアイコンをタップすれば、相手の返信先が指定されて、ツイート作成画面に切り替わります。

このようにしてリプライした場合、リプライ元のツイートもフォロワーのタイムラインに表示されます。

「返信をツイート」経由のリプライ

Twitter リプライ ツイートに返信

相手のツイートをタップし拡大表示してから画面下部に表示される「返信をツイート」からリプライをする方法もあります。

このようにしてリプライした場合、リプライ元のツイートはフォロワーのタイムラインに表示されません。

リプライのやり方

リプライのやり方を上で解説した2通りに分けて説明します。

吹き出しアイコン経由のリプライ

Twitter リプライタイムラインでも、相手のツイートを拡大表示してからでも良いですが、「吹き出しアイコン」をタップすると、ツイート作成画面に移ります。

 

Twitter リプライ

ツイートを作成したら、「返信」をタップします。そうすると、相手のツイートの下に返信ツイートが表示されます。

以上でリプライが完了です。

「返信をツイート」経由のリプライ

Twitter リプライ「返信をツイート」からリプライをするには、タイムライン等で返信したいツイートの文章のあたりをタップしてください。そうすると、ツイートが拡大表示されるので、画面下部に表示されている「返信をツイート」をタップします。

 

Twitter リプライ

ツイートを作成したら「返信」をタップしてください。そうすると、相手にリプライが完了します。

リプライした相手には通知が届く

リプライした相手には当然のことながら通知が届きます。

しかし、相手がFF外の場合、設定によっては通知が届かないこともあります。

相手のタイムラインに表示される

Twitter リプライ タイムライン

当然のことながら、リプライした相手のタイムラインには表示されます。

フォロワーのタイムラインにも表示される

Twitter リプライ 表示

フォロワーのタイムラインにも表示されますが、「吹き出しアイコン」経由と「返信をツイート」経由で表示され方がちょっと異なります。

吹き出しアイコン経由の場合には、リプライ元のツイートを含めて表示されますが、「返信をツイート」経由では、リプライ元のツイートは含まれず、リプライのみが独立して表示されます。

第三者は「ツイートと返信」から確認

第三者が確認するには、メンションと同様に「ツイートと返信」からでないと確認できません。


メンションとリプライの共通点

以上からメンションとリプライの共通点をまとめます。

共通部分 メンション リプライ
通知 相手に通知が届く 相手に通知が届く
相手のタイムライン 表示される 表示される
フォロワーのタイムライン 表示される 表示される
第三者が見る方法 「ツイートと返信」から確認 「ツイートと返信」から確認

メンションとリプライの相違点

以上からメンションとリプライの相違点をまとめます。

相違部分 メンション リプライ
ツイート 「@ユーザー名」が入る 拡大表示で「返信先:@ユーザー名」
引用リツイート 利用可能 リプライと引用リツイートは異なるものなので、引用リツイートにリプライは不可能

まとめ

メンションとリプライは似たようなもので混同しがちですが、異なった機能です。仕様はちょくちょく変更されるので、一概には言えませんが、大きな相違点はありません。

メンションは相手のユーザー名をある程度覚えてないと使いづらいので、リプライの方が簡単に誰もが使えるでしょう。

■もっと詳しく調べる
Twitterの仕様・使い方まとめ