Twitter画像

Twitterを利用しているとどうしてもリツイートができない人がいます。

それは基本的に相手が鍵アカウントの場合です。自分がフォローしている鍵アカウントの方がツイートしたツイートに関しては以下のように表示されます。

Twitter リツイートマークが薄い

こちらの画像のRTアイコンの部分を見てみるとわかりますが、普通の場合と異なっており、薄く表示されています。そのため、アイコンをタップしたとしてもRTできないのです。

今回は、RTアイコンが薄く表示される原因と、そういった方のツイートをRTするにはどうすればいいのかについて解説を加えます。

記事は下に続きます。




LINE 未読スルー
LINE恋愛テク
LINE 誤送信
LINE通報
LINEブロック
オプチャ 利用規制
LINE浮気
ツイッター マウント

リツイートアイコンが薄い原因

Twitter リツイートマークが薄い

RTアイコンが薄く表示されているアカウントは鍵アカウント(非公開アカウント)だからです。

例えば、上の画像でお見せしているアカウントは、鍵アカウントとなっており、そのためRTができません。では、なぜ鍵アカウントのツイートはリツイートできないようになっているのでしょうか?

鍵アカウントだとRTできない理由

鍵アカウントのツイートは、そのアカウントのフォロワーになっていないと見ることができません。フォロワーになるには、相手をフォローするだけではダメで、鍵アカウントからフォロワー申請を許可してもらわないといけないのです。

参考:Twitterでツイートを特定の人に見せない4つの方法!ブロック以外も

そのように鍵アカウントのツイート内容は、フォロワー以外が見ることができないものとなっており、RTをして拡散されるようなものではないのです。

仮にRTできたとしても、その方のフォロワー以外には見えないものなので、RTする意味はほぼないと言えるでしょう。

しかし、鍵アカウントだとしてもRTをする方法があるのです。それが非公式RTを利用するという方法。


非公式リツイートを利用する

チェック

非公開アカウント=鍵アカウントのツイートをRTをしたいと思ったのであれば、非公式RTを利用するという手段があります。

注意点

ただし、これを利用する場合には、注意をしてください。

そもそも非公開アカウント=鍵アカウントは他の人に見られたくないから非公開にしているのです。そのアカウントの情報を勝手に公にしてしまうと、相手が怒ったり、最悪の場合訴えられる可能性もあります。

実際に訴えられることで慰謝料など請求されるのかどうかに関しては詳しいことはわからないのですが、本来は隠されている情報を勝手に公にしたということから、可能性としては考えられるでしょう。

ですから、基本的には相手から許可をもらって実施してください。

やり方

やり方としては、相手のツイートをコピーして、それに

「>>RT コピーした内容を貼り付け @相手のTwitterユーザーID」

という感じで文章を作成し貼り付けてください。

このようにすることで相手のツイートを公にすることはできます。

参考:文頭にRTと付いているツイートの意味


まとめ

TwitterのRTアイコンが薄いというのは、相手が鍵アカウントにしているからです。

鍵アカウントは通常、知っている人とかにしか公開しなくないからこそ設定するものです。

そのため、鍵アカウントのTwitterの投稿をRTすることはできません。

しかし、非公式RTを利用すれば、一応公にすることは可能です。他にもスクショを撮ってそれを貼り付けるなどというのもやっている人がいますね。あまり良くないことですが…。

勝手に相手のツイートをスクショして掲載するのも法的に問題となる可能性があります。ですから、相手の許可がない限り、非公式リツイートやスクショの貼り付けはしないようにしてください。

■その他知っておきたいTwitterの仕様や機能
Twitterの仕様・使い方まとめ