年齢制限 画像

YouTubeでは一部の動画に対して年齢制限がかけられます。そういった動画は18歳以上でないと見れないようにYouTube側で設定されてしまうのです。また、動画投稿者の方で年齢制限を設定する場合もあります。

今回の記事では、視聴者側が年齢制限を回避して、18歳未満では本来見れない動画を視聴する方法について解説をしていきます。本来は見れない動画ということは忘れずに…。

記事は下に続きます。



LINE 未読スルー
LINE恋愛テク
LINE 誤送信
LINE通報
LINEブロック
オプチャ 利用規制
LINE浮気
ツイッター マウント

「年齢制限のあるコンテンツです」とは

年齢制限のあるコンテンツです

YouTubeには2つの年齢制限があります。

  1. YouTubeアカウント作成の年齢制限 13歳
  2. 一部動画の視聴に対する年齢制限 18歳

今回は、2番の「一部動画の視聴に対する年齢制限 18歳」についてのお話になります。

ちなみにですが、13歳未満の子供でもYouTubeを利用しているということがあるはずです。そういった場合には、ファミリーリンクを利用して保護者が子供のアカウントを作って共有するという方法をとっています。

18歳未満では見れない動画

では具体的にどういった動画が18歳未満では見れないように設定されるのでしょうか。

これはYouTubeの公式ヘルプに以下のように記載されています。※一部省略し概要がわかるように引用しています。

これらのテーマを 1 つ以上含むコンテンツには、年齢制限が設定される場合があります。

子どもの安全
有害または危険なアクティビティ(規制されている薬物やドラッグなどを含む)
性的内容を示唆するコンテンツ
暴力的で生々しいコンテンツ
下品な言葉

引用元:https://support.google.com/youtube/answer/2802167

このように子供の精神的な成長に悪影響を与えるようなコンテンツに関しては表示させないようにしていることになります。

見れない条件

具体的にどういった条件に当てはまると見れないのかを解説します。

  • Googleアカウントで18歳未満となっている場合
  • ログインせずに視聴する場合

それぞれについて解説を加えます。

Googleアカウントで18歳未満となっている場合

YouTubeはGoogleアカウントを利用してアカウント登録します。そのため、Googleアカウントの年齢設定により制限がかけられます。18歳以上の年齢設定になってない場合には、実際に18歳以上だとしても年齢制限がかけられることになります。

ログインせずに視聴する場合

YouTubeアカウントにログインせずに、ログアウトした状態で動画を視聴する場合にも、年齢制限コンテンツを見ることができなくなります。

18歳以上と設定しているアカウントでログインした場合のみ、年齢制限コンテンツを視聴できます。


年齢制限を回避する裏技

それでは、具体的に年齢制限を回避する裏技について解説します。

Googleアカウントの年齢設定を変更する

Googleアカウントの年齢設定を間違って登録してしまった場合には、実際の年齢に戻してください。18歳以上の年齢に設定されていれば、年齢制限コンテンツを見れるようになります。

設定方法は次の通りです。

パソコンから設定する場合

まずYouTubeにて右上の「プロフィールアイコン」を選択し、「Googleアカウントを管理」をクリックしてください。

Google 年齢変更

 

そして、サイドバーの「個人情報」を選択してください。

YouTube 年齢制限回避

 

基本情報の「生年月日」の横にある⇒をクリックしてください。

YouTube 年齢制限回避

 

実際の生年月日に変更をしてください。

YouTube 年齢制限回避

反映されるまでは多少時間がかかる可能性があります。ですので、コンテンツ制限が解除されないのであれば、F5で更新するなどしてみてください。

スマートフォンアプリから設定する場合

スマホのYouTubeアプリから変更する場合には、以下のようにしてください。

まず右上の自分のプロフィールアイコンを選択した後に表示される画面で「Googleアカウントを管理」をタップしてください。

 

YouTube 年齢制限変更

 

そして、「個人情報」から「生年月日」横にある「>」をタップしてください。

YouTube 年齢制限変更

 

そして、生年月日を更新して「保存」をタップしたら完了です。

YouTube 年齢制限変更

 

反映されるまで多少の時間がかかる可能性があります。もし反映が遅い場合には、YouTubeアプリを再起動してみてください。

ログアウト状態でYouTubeのURLを変更する

YouTubeのURLを変更して視聴する方法でも可能です。

YouTubeのURLは以下のようになっているはずです。

「https://www.youtube.com/watch?v=XXXXXXX」

この「watch?v=」の部分を「v/」に置き換えます。

つまり、以下のようなURLに変更します。

「https://www.youtube.com/v/XXXXXXX」

こうすることで年齢制限を回避することができます。


まとめ

YouTubeでは一部の過激なコンテンツや子供の精神的な成長に悪影響を及ぼすような動画については年齢制限をかけることがあります。その年齢制限は18歳未満か18歳以上かで決まります。

Googleアカウントの年齢設定を間違っていた場合には、それを変更することで対処できます。これが一番簡単な方法でしょう。

■YouTubeをもっと詳しく調べる
YouTubeの仕様・使い方まとめ