厳しい

YouTubeを見ていると「プロモーションを含みます」が表示されていることがあります。例えば以下のように動画の左上に表示されていることを稀に見かけます。

YouTube プロモーションを含みます

初めてこういった動画を見かけた場合、もしかしてお金がかかるのかな?とか、ステマなのかな?なんて思っちゃう方もいるかもしれません。

今回の記事では、「プロモーションを含みます」という表示が出てくる動画はどういったものなのかについて解説を加えます。

記事は下に続きます。



LINE 未読スルー
LINE恋愛テク
LINE 誤送信
LINE通報
LINEブロック
オプチャ 利用規制
LINE浮気
ツイッター マウント



「プロモーションを含みます」の意味

YouTube プロモーションを含みます

プロモーションを含みますというのは、企業案件を受けて撮影された動画ですとという意味を持ちます。

ですので、その動画を見ていると、どこかしらでスポンサーとなっている企業のことを紹介したり、企業名が出てきたりします。

こういったものはステマには該当しません。ステマというのは、企業案件であることを隠して行うものであるので、しっかりと広告は広告であるということを伝えている動画であるので、ステマだというのは避けましょう。

こういった表示がされている動画を投稿している人は、しっかりと広告規約に則ってYouTube動画を配信しているまっとうな配信者さんだといえます

逆に企業広告であるのにも関わらず、こういった表示を出さずに特定の企業に有利になるように広告を挟んだりする場合には、ステルスマーケティング(ステマ)に該当します。


「プロモーションを含みます」は視聴者にお金は発生しない

「プロモーションを含みます」

「プロモーションを含みます」という表示が出ている場合、「もしかして見ている側に不利なことってあるの?」と思うかもしれません。

しかし、「プロモーションを含みます」と表示されている動画を見たとしても、視聴者側にお金が発生することはありません。

お金が発生するのは、あくまでもその企業広告を依頼した企業側の方です。逆に言えば、企業案件なので、企業は見てもらったほうが嬉しいわけです。興味があれば見てみると良いでしょう。


YouTubePremiumでも表示される

「プロモーションを含みます」

YouTubePremiumに入っていれば、基本的に広告が表示されなくなります。

YouTubeでは無料会員であれば、動画を見る前に15秒広告が入ったりしてイライラすると思いますが、有料会員になっていれば見なくても良いわけです。

日本円で月額1550円くらいなのでかなりお金はかかりますが…。

ただ、残念なことに、このようなYouTubePremium会員だとしても「プロモーションを含みます」の動画は表示されます。

「プロモーションを含みます」の動画はあくまでもあなたが見たいと思った配信者の作成した動画です。それを自分の意志で好き好んで見るものなので、「プロモーションを含みます」動画は有料会員だとしても表示されてしまうわけです。

どうしても見たくないのであれば、「プロモーションを含みます」という表示が出てきたら別の動画を見ると良いでしょう。

邪魔だから消すことはできる?

「プロモーションを含みます」

「プロモーションを含みます」という表示がずっと出ていると邪魔で動画がうまく見れないっていうことになります。

しかし、残念ながら「プロモーションを含みます」という表示は消すことができません。

おそらくですが、広告であることをしっかりと明示するために表示しているものなので、間違って消したなどを避けるために表示が消えないようにしているのでしょう。

スマートフォンなどの画面サイズが小さなサイズで見ている場合には、非常に邪魔なので、iPadでみたりテレビに繋いで見るなどの工夫をしないといけません。

とは言え、企業案件の動画はそこまで多いわけではないので、普段から邪魔だと思うことは少ないでしょう。

まとめ

「プロモーションを含みます」という表示が動画に出てきている場合、それはどこかしらの企業から依頼されて撮影された案件動画であることがわかります。

ですから、基本的にその動画のなかでスポンサーとなっている企業の紹介がされます。テレビとかでもスポンサーの紹介がCMや番組の最後にされたりしますが、それと同じようなものです。

ちなみにですが、「プロモーションを含みます」の動画はYouTubeの有料会員でも表示されてしまいます。ですから、完全に削除することはできないものです。

また、「プロモーションを含みます」の表示が邪魔でも消すことはできません。消すことができるのはその動画を作成してアップロードしている配信者のみです。

■YouTubeをもっと詳しく調べる
YouTubeの仕様・使い方まとめ