YouTube リプレイ回数が最も多い部分

2022年5月19日から「リプレイ回数が最も多い部分」という、その動画の中で最も多くリプレイされた箇所を視覚化できる機能が実装されました。

その動画の中で一番の注目ポイントがまるわかりなので、非常に良い機能であると言われているのですが、中には「まだ自分のYouTubeでは使えない」「どこにあるの」という疑問の声も多く出てきています。

今回の記事では、YouTubeで「リプレイ回数が最も多い部分」という機能を使う方法や、どこにあるのかについて解説を加えます。

記事は下に続きます。



LINE 未読スルー
LINE恋愛テク
LINE 誤送信
LINE通報
LINEブロック
オプチャ 利用規制
LINE浮気
ツイッター マウント



「リプレイ回数が最も多い部分」はどこにあるの?

YouTube リプレイ回数が最も多い部分

「リプレイ回数が最も多い部分」という機能は一見すると分かりづらいです。画像でお見せしますが、上の画像のように動画をタップして再生バーを出した際に、再生バーを動かしてください。そうすると、再生バーに沿って灰色で山のようなものが見えるはずです。そこの一番盛り上がっている部分が「リプレイ回数が最も多い部分」です。

そこに再生バーを合わせた場合、以下のように表示されます。

YouTube リプレイ回数が最も多い部分

慣れれば簡単にわかりますが、なれないとどこにあるのかすらわからない機能ですよね。


「リプレイ回数が最も多い部分」が出てこない原因

原因

現状「リプレイ回数が最も多い部分」の機能が使えていないとい場合にはどういった理由が考えられるのか、なぜ使えないのかについて詳しく調べてみましたので、それらについてご紹介します。

原因1:YouTubeアプリを最新版にアップデートしてない

まずいちばん最初に考えられるのがYouTubeアプリを最新版にアップデートしてない場合です。最新の機能なので、アップデートがなされてない場合にはもちろん機能は使えません。

YouTubeアプリをAppStoreやGoogleプレイストアで最新版をダウンロードしてみてください。

原因2:端末のソフトウェアをアップデートしてない

また、端末のソフトウェアのバージョンを最新版にアップデートしていない場合にも、最新の機能が使えないということがあります。ですから、これに関しても実行してみてください。

iPhoneであれば、設定アプリ>一般>ソフトウェア・アップデートから実行できます。

原因3:動画がそもそも再生されていない

該当するYouTube動画に関して、そもそも再生されている回数が少ない場合には、もちろんですが、どこが一番注目されている箇所なのかがわからないということがあります。ですから、ある程度の再生回数が必要だと考えられます。

少なくとも数千回は再生されている必要があると思われます。

原因4:投稿されてある程度の時間が経過していない動画

原因3にも関連していますが、ある程度のデータが貯まらないとデータとして表示できないものなので、おそらく投稿されてある程度データが蓄積されてからでないと「リプレイ回数が最も多い部分」という機能は使えないと思われます。

ですから、少なくとも1週間とか2週間くらいは経過した動画である必要があるでしょう。

原因5:この機能が実装されてからの再生回数が少ない

他にも原因を考えてみましたが、仮に「リプレイ回数が最も多い部分」という機能が実装される前には、どこが最も多くリプレイされたのかというデータを集計してなかったとします。

その場合には「リプレイ回数が最も多い部分」機能を実装してからのデータを集計して出すことになるので、過去にはたくさん視聴されたけれど、最近は全く視聴されてない動画に関しては、「リプレイ回数が最も多い部分」がわからないということが起こり得るでしょう。

原因6:長時間BGM系の動画

長時間BGM系の動画や○時間耐久系の動画を聴いたりする人もいるはずです。こういった動画はおそらく作業をしながら単純に流しているだけという人が多いはず。その場合には、基本的にどこが特別にリプレイされたというデータは集まりづらい動画なはずです。

こういった動画に関しては、「リプレイ回数が最も多い部分」という機能を使えない可能性があります。


まとめ

リプレイ回数が最も多い部分という機能を使えば、注目されているポイントがすぐにわかるので、その動画の一番楽しい部分をすぐに把握できます。そのため、たくさんの動画がある中で最も面白い部分だけを見たいっていう場合には非常におすすめな機能です。

YouTubeがどんどん使いやすくなっているので非常に嬉しいですね。広告が非常に多くなってきているのは確かに不快ですが、YouTubePremiumに加入すれば、そのイライラはなくなります。月額1550円かかりますが笑

■YouTubeをもっと詳しく調べる
YouTubeの仕様・使い方まとめ