2016年4月25日にLINEはアップデートが行われて、LINE6.2.0となりました。今回のアップデートでの変更点としては、以下の2つがあります。

  • Keep機能でタグ付けが出来るようになった 現状Androidのみ
    • iPhoneは今後のアップデートで追加される予定です。
  • トークで画像を送信する際にオリジナル画質の画像を送受信可能に

今回の記事では、LINEのKeep機能に新しく付け加えられたタグ付け機能についてご紹介していきます。

記事は下に続きます。
sponsored link

Keepのタグ付けとは?

タグとは、「ふだ」のことです。また、商品の値段や材質などを記した札のことも意味しています。よく洋服を買うとタグが付いてきますね。あれをイメージしてもらうとわかりやすいです。

タグを付ける意味は、タグを付けることによって整理されて、何かを探す際に見つけやすくなる、見つけるまでにかかる時間の短縮になるなどのメリットがあります。

このことからも、LINEのKeep機能にタグが付けられるようになったことによって、自分で保存をしておいた画像や動画・トーク内容を見つけやすいように整理しておくことが出来るっていうわけなのです。

例えば、有馬温泉に旅行に行ったとして、その時の画像をKeepに保存しておいたとします。しかし、保存をしておいただけでは、今後たくさんの画像を保存してしまうと、どこに保存されているか探しづらくなりますね。ですから、タグとして「有馬温泉」などと付けておけば、そのタグから発見をしやすくなります。

Androidが先行!iPhoneは後日

そして、このKeepのタグ付け機能ですが、Androidが先行で追加されました。ですから、まだiPhoneでは使えません。iPhoneユーザーの方は残念ですが、今後のアップデートを待ちましょう。

なぜいつもAndroidが先行するのか?と苛立つ人も多いようですが、ここらへんはApple社の審査が厳しすぎるためらしいです。

例えば、アプリにしても、Androidが先にリリースされることはよくあります。アプリ開発者によっては、どちらも平等にリリースされるようにAndroidの審査が通ってから、iPhoneの審査も通るまで待つこともあるようですが、Androidが先行リリースされることは多々あります。

このように、iPhoneを使っている場合には、新しい機能を使うまで時間がかかることは多いです。iPhoneはデザインは最先端を行っているのに、ここらへんが残念ですね。

Keepの機能をおさらい

このタグ付けにより使いやすくなったKeep機能を是非使ってみましょう。これまで使ったことがないという方も、以下の記事を参考にしてKeepを徹底活用してみてください。

保存した内容は他人に見られない

Keepに保存した内容は、他人からはみることができません。アルバムやノートであれば他人も閲覧可能ですが、Keepなら相手からは見えないので、秘密のメモ帳などとして使えるのです。

ファイル削除

たくさん保存しているものが増えてきたら、タグ付けをして整理していけばいいのですが、もう必要ないっていうものは削除してしまいましょう。やり方は以下の記事を参考にしてみてください。

Keep保存したファイルをみるには

せっかく保存をしたのだけれど、見る方法がわからないって言う人も多く見かけます。以下の記事を参考にして、Keepに保存したファイルを閲覧しましょう。