Instagramアイコン

Instagram(インスタグラム)では自分が非公開アカウントにしている時、相手からフォローされたら、フォローリクエストが送られてきます。

その後、あなたが確認をして承認したら、相手が正式にフォロワーになり、あなたの投稿の内容などを閲覧できるようになります。

つまり、嫌な人からフォローリクエストが来た場合には、「削除」して拒否することができるわけです。

しかし、その際に気になるのはフォローリクエストを拒否(削除)すると相手にバレてしまうのでは?ということでしょう。

結論から言えば、相手が調べたらフォローリクエストを拒否したことがバレてしまいます。そのため、個人的なおすすめはフォローリクエストを放置することです。

詳しくは本文にて解説しています。

記事は下に続きます。



LINE 未読スルー
LINE恋愛テク
LINE 誤送信
LINE通報
LINEブロック
オプチャ 利用規制
LINE浮気
ツイッター マウント

フォローリクエストを削除する方法

まず最初にフォローリクエストを削除(拒否)する方法から解説します。

フォローリクエストを削除したら、相手にバレる可能性はありますし、一度削除したら取り消しは不可なので慎重にやりましょう。

フォローリクエストを削除するには、Instagramアプリを開き「ホームアイコン」から画面上部の「ハートアイコン」をタップしてください。そして、「フォローリクエスト」の部分をタップし、フォローリクエストを削除したい相手の横にある「削除」ボタンをタップします。

Instagram フォローリクエスト

ちなみにですが、この削除した時点では相手に通知が届くわけではありません。そのため、この時点では相手にはバレないと思ってください。

ではどういった状況でフォローリクエストを削除したことが相手にバレるのかをお伝えします。


通知は届かないがバレる可能性あり

先程お伝えしたように、あなたが相手のフォローリクエストを削除したからといって、それによって相手に通知が届くわけではありません。ですから、通知によって直接的にバレることはないです。

しかし、相手が調べようとしたらフォローリクエストを削除したことがバレます。

例えば、相手が自分のプロフィールを見た際に、フォローリクエストを送って拒否されるまではずっと「リクエスト済み」と表示されます。しかし、あなたがフォローリクエストを削除した時点で「フォローする」に戻ってしまうのです。

Instagram フォローリクエスト

このようにフォローリクエストが拒否されてしまったことがバレてしまいます。

ですから、相手にバレたくないのであれば、フォローリクエストを放置しておくことが一番無難と言えるでしょう。

この点については、以下の記事で詳しく解説をしています。

参考:Instagramで知らない人からフォローリクエストが来た場合の対処法


フォローリクエスト削除後の取り消しはできない

フォローリクエストを削除した後に、取り消しをすることはできません。間違って操作をしてしまった場合には取り返しがつかないのです。

もし間違ってフォローリクエストを削除してしまったのであれば、相手にメッセージを送ってその旨を伝えたほうが良いでしょう。リアルな知り合いだとそれによってかなり落ち込んでいる可能性もあるはずです。

しかし関わりがなくても良い方であれば、そのまま無視をしていても構わないと思います。

まとめ

自分が非公開アカウントで相手からフォローされた場合には、フォローリクエストが届きます。

そのフォローリクエストを承認して、ようやく相手はあなたのフォロワーになり、あなたの投稿を見ることができるようになります。

相手からフォローリクエストを貰った場合、それを承認するか削除するかを選ぶことができるので、自分の投稿やフォロー・フォロワーの関係の相手を見られたくないのであれば、「削除する」のがベストでしょう。

しかし、相手は調べればフォローリクエストを削除して拒否されたことがバレてしまいます。バレたくないのであれば、ずっと放置しておくっていうのも1つの手です。

また、フォローリクエストを削除した場合には、取り消しをすることができないので、その点にも注意をして操作を行ってください。

■もっと詳しく調べる
instagramの仕様・使い方まとめ