LINE アイコン

LINEのオープンチャットにも広告が出てくるようになってきました。これまではLINEのオープンチャットでは広告が表示されていなくて快適で使いやすかったのですが、最近になって広告が表示されてくるようになりました。

具体的には以下のような感じに表示されます。

オープンチャット 広告

一瞬何がなんだかわからなくて、誰かが宣伝用に何かのリンクを貼ったのかと思いました。たくさんの人が参加しているオープンチャットだとたまに変なリンクを載せる人が現れますよね。しかし、よくよく見たら「AD」と書いていたので広告だとわかったのです。

今回は、オープンチャットの広告を非表示にすることはできないのかについて色々と調べてみましたので、それらをまとめていきます。

記事は下に続きます。



LINE 未読スルー
LINE恋愛テク
LINE 誤送信
LINE通報
LINEブロック
オプチャ 利用規制
LINE浮気
ツイッター マウント



LINEのオープンチャットを非表示にするには

LINEのオープンチャットに広告を完全に非表示にすることはできないようです。

ただし、以下のようにすることで、該当する広告主の広告を非表示することができて、それが積み重なっていけば、非現実的ですがすべての広告主の広告が表示されなくなっていくようにできます。

現実的にはたくさんの広告主がいますし、すべてを非表示にはできないのですが、やり方を具体的に解説します。

「この広告主のすべての広告を非表示」

手順1:メニューを開く

オープンチャット 広告

まずは広告の右上にある「︙」をタップします。

手順2:広告を非表示

オープンチャット 広告

そして「この広告主のすべての広告を非表示」をタップします。

以上で該当する広告主の広告が表示されないように設定できます。

該当する広告を消すだけならば

該当する広告だけを消したいのであれば、以下のようにしてください。

手順1:メニューを開く

オープンチャット 広告

先程と同様に広告の右上にある「︙」をタップします。

手順2:広告を非表示

オープンチャット 広告 そして「この広告を非表示」をタップしてください。

ただし、このやり方では、同様の広告主の広告がまた表示されてしまうので、最初に説明したように「この広告主のすべての広告を非表示」を選択したほうが良いです。

完全に非表示はできない

最初にもお伝えしましたが、広告主はたくさんいるので、完全に広告を非表示にすることはできません。LINEオープンチャットは無料で使っているのであり、そういった意味で広告収入を得て運営しているものだともいえます。ですから、広告は仕方ないと諦めるしかないでしょう。


非表示にした広告主の広告を復活させるには

あまり需要はないと思いますが、間違って広告を非表示にしてしまった場合に、もう一度復活させることはできないのかについて調べてみました。

しかし、現状では復活させることはできないようです。

アカウントのプライバシー管理などの広告設定なども調べてみたのですが、そのような部分から広告主を非表示にした履歴なども残っておらず、一度非表示にしたら復活はできないと考えましょう。


まとめ

LINEオープンチャットで表示される広告が邪魔だというのであれば、該当する広告主や、その広告だけであれば非表示にすることができます。

しかし、残念ながら、完全にLINEオープンチャットの広告を排除することはできません。こういったアプリを無料で使っている以上、ある程度の広告は仕方ないと考えましょう。

また、基本的にどの部分に広告が表示されるのかというと、「ここから未読メッセージ」の後に表示されていることが多いです。その点さえ気をつければ、広告と別のメッセージを間違うことはありません。

今のところは、普通のLINEトークではこういった画面内に紛れる広告がないのは嬉しいものです。LINEトークにすら広告が入ってきたら、かなり改悪といえますね。