LINE アナウンスのメッセージが見つかりません

LINEのアナウンス機能はメガホン機能とも呼ばれ、そのトークルーム内でお知らせしたい内容や忘れてもらいたくない内容を設定することが多いです。

しかし、LINEのアナウンスをタップしてみたところ「アナウンスのメッセージが見つかりません」と表示されることがあります。

今回の記事では、「アナウンスのメッセージが見つかりません」と表示されてしまう原因と、その際の対処方法などをご紹介します。

記事は下に続きます。


LINE 未読スルー
LINE恋愛テク
LINE 誤送信
LINE通報
LINEブロック
オプチャ 利用規制
LINE浮気
ツイッター マウント

「アナウンスのメッセージが見つかりません」とは

アナウンスのメッセージが見つかりません

LINEのトークルームでは、特定のメッセージをアナウンスに設定することができます。そのアナウンス機能は他の人にも表示されるため、知っておいてもらいたいことなどをトークルームメンバーに知らせるのに役に立ちます。

通常、アナウンス部分に表示されているメッセージをタップすると、自動でアナウンス設定されたメッセージまで飛んでくれます。オープンチャットの場合には、設定されているアナウンスのメッセージが画面表示されます。

しかし、アナウンスが表示されているので確認しようとして、メッセージをタップし詳細表示しようとしても、「アナウンスのメッセージが見つかりません」と表示されてしまうエラー・バグが起こりことがあります。

アナウンスに特定のメッセージを設定したのにも関わらず、そのメッセージが削除されてしまっていたり、キャッシュを削除してしまった場合などに起こります。

詳しい原因は以下で紹介します。

「アナウンスのメッセージが見つかりません」の3つの原因

「アナウンスのメッセージが見つかりません」と表示される原因としては、以下のものがあります。

  1. メッセージ投稿者が「送信取消」をした
  2. 自分がアナウンス設定メッセージを「削除」した
  3. 自分がトークルームの「トーク履歴をすべて削除」した

これらすべての場合において、再度アナウンスを確認する方法はありません。

原因1 メッセージ投稿者が「送信取消」をした

メッセージ投稿者がメッセージの「送信取消」をしてしまった場合、端末によっては送信取消されたメッセージも見れてしまうことがありますが、通常はメッセージが見れなくなります。

この状況においては、アナウンスに設定されたメッセージがないので「アナウンスのメッセージが見つかりません」と表示されてしまいます。

送信取消を詳しく⇒LINEの誤送信を削除・送信取消してもバレる?事前対策や失敗時の対応も

これが原因の場合、解決策はありません。

送信者が削除してしまったので、自分側でできることはないからです。

原因2 自分がアナウンス設定されたメッセージを「削除」した

アナウンス設定されたメッセージを自分が「削除」してしまった場合、そのメッセージを見ることができなくなります。

削除に関しては、特定のメッセージを削除する方法と、トーク履歴をすべて削除がありますが、どちらの場合でも「アナウンスのメッセージが見つかりません」と表示されます。

自分でメッセージを削除した場合も、解決策はありません。

原因3 自分がトークルームの「トーク履歴をすべて削除」した

トークルームの「トーク履歴をすべて削除」してしまった場合も、上に紹介したメッセージの削除と同様の効果が出てしまいます。

つまり、この場合も解決策はありません。

解決策

自分だけで解決する方法はありませんが、そのトークルームに参加しているメンバーがいるのであれば、その方に聞くことでアナウンスの内容を知ることはできます。

しかし、この場合でも、相手がアナウンスを「今後は表示しない」と選択してしまっている場合、アナウンスを確認することができないです。

ですから、基本的にはアナウンスしたい内容に関しては、トークルーム内のノートに保存するなどして対処するべきです。