Twitter アイコン

TwiDropperというWebサービスを活用すれば、TwitterのDMに送られてきた動画や、非公開アカウント(相手をフォローし、相手のツイートが見れること前提)の動画を保存することができます。

今回の記事では、TwiDropperを活用してDM動画の動画を保存する方法を詳しく解説します。

利用する上で安全性がわからないから使うのをためらう…というのであれば、一時的に利用した後は、ログアウト&連携アプリ認証を解除してしまえばOKです。そのやり方も解説しています。

記事は下に続きます。


LINE 未読スルー
LINE恋愛テク
LINE 誤送信
LINE通報
LINEブロック
オプチャ 利用規制
LINE浮気
ツイッター マウント

TwiDropperでDM動画を保存する方法

スマホから動画を保存する

TwiDropper公式サイト」にアクセスしてください。そして、「DM」のタブをタップします。その後、「ログインをする」をタップしてください。

TwiDropper DM動画保存

 

アカウントへのアクセスを許可するため「ログイン情報」を入力して、ログインを済ませてください。ログインが完了したら、画質を選択します。HD/SD/LDから選べます。高画質がHD、中画質がSD、低画質がLDとなっています。

TwiDropperでDM動画を保存する方法

 

画質選択後、「ダウンロード」をタップしてください。そうするとダウンロード確認画面が表示されるので「ダウンロード」をタップ。

TwiDropper DM動画保存

 

ダウンロードが完了すると、アドレスバーのところの左に「ダウンロードアイコン」が表示されているので、そこをタップします。そうするとメニューが表示されるので「ダウンロード」をタップ。

ダウンロードされた動画の詳細が表示されるので、「ファイル名」をタップしてください。

TwiDropper DM動画保存

 

動画ファイルが開かれたら、左下にある「共有アイコン」をタップして、表示されるメニューから「ビデオを保存」を選択します。そうすると、端末の動画保存フォルダに保存されるので、そちらを確認してください。

TwiDropper DM動画保存

パソコンから動画を保存する

TwiDropper公式サイト」にアクセスしてください。そして、「DM」のタブをクリックします。

TwiDropperでDMの動画を保存する

 

「ログインする」をタップして、Twitterにログインしていきます。

TwiDropperでDMの動画を保存する

 

Twitterにログインすると「取得できる全てのDMを表示しました。」と表示されます。HD・SD・LDから画質を選択してください。

Twitter DM動画を保存

 

そして「ダウンロード」をクリックしてください。

Twitter DM動画を保存

ダウンロードされたファイルはmp4形式です。そちらを確認し、保管しておいてください。

TwiDropperの安全性が怖いなら

TwiDropperを利用するのが怖いというのであれば、一時的に利用した後はログアウト&連携アプリ認証を解除すれば問題はありません。

TwiDropperからログアウトする

TwiDropperを利用した後はログアウトしましょう。ログアウトのボタンをタップすれば、簡単にログアウト可能です。

TwiDropper ログアウト

TwiDropperと連携アプリ解除する

TwiDropperを利用し終えたら、認証解除をしてしまえば、問題はありません。

まずログインした時に利用したアカウントの「設定とプライバシー」>「セキュリティとアカウントアクセス」と順にタップしてください。

Twitter 連携アプリ解除

 

そして、「アプリとセッション」をタップすると、Twitterアカウントと連携しているアプリが出てきます。この中で「TwiDropper」関連の項目を解除していきます。

Twitter 連携アプリ解除

 

この画面が表示されたら、「Remove app permissions」をタップして、アプリへの許可を解除してください。アプリとセッションを再度確認してみて、TwiDropper関連の表示がなければOKです。

Twitter 連携アプリ解除

 

 

■もっと詳しく調べる
Twitterの仕様・使い方まとめ