Twitter画像

Twitterで新しくアカウントを作成する場合、メールアドレスで登録する方法と電話番号で登録する方法があります。とりあえず、この際にメールアドレスで登録をするならば、登録するメールアドレスに認証コードが送られてくることにあります。

しかし、 認証コードを送るように要求をしても、なかなか認証コードが届かなくてイライラした経験はないでしょうか?実際に私も先日新しいアカウントを作成しようとしてメールアドレス認証をしたのですが、かなり時間がかかってしまいました。

状況にもよりますが、メールアドレスで認証コード要求をしてから送られてくるまでにその時には5分ほどかかりました。その場ですぐにアカウントを作りたいのに、そんなに待っていられない方も多いハズです。

今回は様々な観点からメールアドレスに認証コードが届かない原因を探ってみます。

記事は下に続きます。




LINE 未読スルー
LINE恋愛テク
LINE 誤送信
LINE通報
LINEブロック
オプチャ 利用規制
LINE浮気
ツイッター マウント

認証コード確認で届くメール

iPhone 画像

まず最初にどういったメールが届くのかをお伝えします。

==============

件名:Twitterの認証コードはXXXXXXXです

本文:メールアドレスを確認してください

Twitterアカウントの作成に必要なステップとして、このメールアドレスが正しいことを確認しましょう。新しいアカウントにこのアドレスを使うことを確認してください。

Twitterを使い始めるには、以下の認証コードを入力してください。

認証コードの有効期間は2時間です。

よろしくお願いします。

==============

上のようなメールが届くので、そちらから確認をするようにしてください。


メールアドレスに認証コードが届くのに時間がかかる

時間

最初に知っておいてもらいたいのは、特に異常がなかったとしてもメールアドレスに認証コードが届くまでに時間がかかることが多いということです。

実際に最近試しましたが、3分から5分くらいかかってしまうことも多いです。

そのため、基本的にはすぐに届かないということは想定しておいてください。とはいえ、5分とか10分とか待っても届かないというのであれば、何か別の原因があり届かないと言う可能性があります。

それらに関して、以下でまとめていきます。


認証コードがメールに届かない原因

iPhone 画像

考えられることとしては以下の様なことです。

原因1:登録メールアドレスが間違っていた

一番多いのは登録したメールアドレスが間違っていた場合です。メールアドレスが間違っているのであれば、再度設定画面からメールアドレスを入力するか、新しくアカウントを作成し直しましょう。

アカウント作成時に先程まで開いていた画面から「戻る」ことで再度メールアドレスを入力してみるなど試してください。

原因2:迷惑メールフォルダにはいっている

場合によっては迷惑メールフォルダに入ってしまっている可能性があります。

迷惑メールフォルダに入った場合には、各メールアカウントによっても調べる箇所が異なりますが、迷惑メールの部分から迷惑メールに認証コードが届いてないかを確認してみてください

原因3:認証コードを要求までの間に通信が途切れた

認証コードを要求するようにボタンをタップしたはずなのに、その際に通信が途切れるなど不安定な状態のためにTwitter側に認証コード送信要求が伝わってないという可能性もあります。

この場合にはもう一度先程まで開いていた画面に戻って要求をするか、新しくアカウントを作成し直してください。

原因4:Gmail「ソーシャルフォルダ」に入っている

Gmailを利用している場合、設定にもよりますが、Twitterからのメールは「ソーシャルフォルダ」に入ってしまっていることが多くあります。

ソーシャルフォルダの方に届いてないかを確認してみてください。

原因5:Twitter側の不具合エラー

届かないのがTwitter側の不具合エラーという可能性もあります。その際には、時間をおいてから再登録をするなどして対応をします。

原因6:ブラックリスト入りされたメールアドレス

状況によってはメールアドレス自体がブラックリスト入りされている可能性も否定できません。特にこれまでに何度も同じメールアドレスを利用している場合に起こりえます。

例えば、Gmailはちょっと変更するだけでたくさんメールアドレスが作れます。

XXXX-XXXX@gmail.comというメールアドレスを持っていたとして

XXXX-XXXX+twitter001@gmail.com

XXXX-XXXX+twitter002@gmail.com

XXXX-XXXX+twitter003@gmail.com

などのようにすれば、いくらでもメールアドレスとして使えるからです。

管理人の場合も、このような感じにして同一メールアドレスで何個か登録していたTwitterアカウントがあったのですが、途中からそのメールアドレスはどんなに「+」以降を変更しても登録ができなくなりました。

まとめ

まとめ画像

Twitterアカウントに登録しようとしてどうしてもメールアドレス宛てに認証コードが届かないというのであれば、上で説明した原因を確かめてみてください。

それでもダメなのであれば、時間をおいてからアカウント作成を試みてみるか、電話番号で登録をするようにしましょう。

■もっと詳しく調べる
Twitterの仕様・使い方まとめ